中山金杯回顧

「中山の田辺は5割増で怖い」と事ある毎に書いておきながら、同条件の前走で負けておいての斤量増と2000mという距離が不安要素と迷った挙句に切ってしまった田辺のクラリティスカイを買ってなくて1着3着とか、年明け早々何を間抜けな事をやってるんだと後悔しても遅し。

前走は失敗したスタートを決め、1コーナーのコーナリングで2、3番手に浮上。そのまま逃げ馬を壁にして内々で脚を溜め、直線で馬群を割って抜け出しを図り、勝ち馬に差されはしたものの、NHKマイルC以来の連対。
繰り返しになるが、中山の芝中距離戦で内枠の田辺とか買える要素満載だったのに何故買わなかったのだ?と激しく後悔。2000mでは甘くなってたとはいえ、それ程負けてなかったし、ハンデ頭もこのレースでは結構重いハンデ馬が好走するというデータもある。レートを下げてたので金銭的には大した負けではないが、精神的には5倍堪える外し方だった。

調教後の馬体重の10キロ増が不安で対抗までとしたツクバアズマオー。ややアオったスタートだったが、この馬としては出た方で道中は後方3番手。勝負所で外目から動いて中団に取り付き、直線は先に抜け出した2着馬目掛けて脚を伸ばし、坂上でケリを付けた。
太目残りが気掛かりだったが、結局は前走から増減なしなら許容範囲。上がりが掛かる展開で流れが向いたのも確かだが、オールカマーで好走してたように、ここでは力が一枚上だった。

3着シャイニープリンスはあまり急がせずに中団に控えて脚を溜める競馬。勝負所で外へ出そうという動きはあったが、スペースがなかったので内へ。直線は2着馬の後を追う形で狭いところを割って来たが、1、2着馬とは差がある3着。
直線で窮屈な競馬を強いられたが、それでもしぶとく脚を伸ばして最低限の格好は付けた。この馬は春先にかけて調子を上げて来るタイプなので、その時期ならもう少しパフォーマンスを上げられる。あとは内枠を引けるかどうか。

3連勝中だったストロングタイタンはスタートはそれ程良くなかったが、二の脚が付いて好位5番手から。ただ、勝負所の手応えは幾分追っ付け気味だったし、4コーナーでドレッドノータスに被せられて外へ出せず。直線は馬群の中で完全に詰まってしまって脚を余す形。手応えもあまり良くはなかったが、下手くそに乗られたのは否めない。

ドレッドノータスは中団の前目で流れに乗り、4コーナーでは外から動いて来た勝ち馬に合わせる形で捲り気味に進出を開始。直線入り口では好位の外目まで取り付いたが、そこから甘くなって流れ込む程度。この条件で期待してみたが、坂はあまり合ってなさそう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR