チャンピオンズC回顧

ダート転向6連勝中の実績から、内で詰まらない限りは崩れないと踏んで本命にしたアウォーディー。負けるとすれば、先行馬を掃除したところで外から追い込み勢の強襲に遭う展開と想定してたが、まさにその通りの展開となって2着惜敗。今までは乗り切って来たが、抜け出したところでソラを使う悪癖が肝心なところで出てしまった。

怒涛の鬼脚炸裂で中央GⅠ初勝利を挙げたサウンドトゥルー。地方では中団に付けられるが、今回は二の脚が全く付かずに1コーナーで離れた後方2番手という、ある意味で指定席からの追走。
しかし、ある程度締まると思ってたペースが中盤で11秒台が2つ続く予想外のハイペースになった事で展開待ちのこの馬にとっては願ってもない展開。4コーナーまでじっくり内で脚を溜め、直線もスムーズに外へ持ち出し、手前を替えたところで一気の伸び脚。ソラを使って止まった2着馬を並ぶ間もなく差し切った。
前掛かりの消耗戦となって展開が向いたのは確かだが、それでもメンバー唯一の上がり35秒台をマークしたように体調が上がる冬場は末脚の破壊力が増す。暮れの東京大賞典でも堅実に脚を伸ばして来るだろう。

2着アウォーディーは先行勢を先に行かせて好位のインから。内で包まれて詰まるのが嫌だったが、向こう正面半ば過ぎで集団の外目へ。4コーナーでゴールドドリームの外へ被せに掛かって先団を射程内に。残り1Fでは「勝ったな」という脚色だったが、先頭に立ったところでソラを使って急減速し、狙い澄ましたような勝ち馬の末脚に屈した。
10キロ増でも太目感はなかったが、パドックからテンションが高かったし、途中でハミを掛け直して前を促しても反抗する仕草を見せる等、気性の難しさが終始出てた。ポケ産駒らしいこうした頭のネジの飛び具合はダイワファルコンで散々見て来たのでどこか懐かしさも感じたりw
とはいえ、普通なら追い込み馬の餌食になってる展開でソラさえ使わなければ勝っていたであろう持久力の高さは特筆すべきレベル。引退したホッコータルマエに代わり、来年以降のダート路線を牽引していくだろう。

3着アスカノロマンはスタートから気合いを付けてハナを切ろうかという勢い。逃げ先行勢にとってかなり厳しい展開だったが、一貫して内々を立ち回り、番手からしぶとく踏ん張って3着を死守。
行き切るか控えるか迷った1コーナーの入りが上手く行かなかったらしいが、太目残りからキッチリ10キロ絞って変わり身一変。キツい展開だったのは確かだが、持続力よりも持久力に優れたスタミナタイプで持ち味は出せた。以前ほど表舞台に出なくなったが、先行馬に乗らせると巧い和田の面目躍如。

カフジテイクは今回もスタートで出遅れて道中は勝ち馬と並んで最後方とこれも指定席からの競馬。直線は大外から末脚を繰り出し、ゴール前での伸びは勝ち馬よりも際立つ勢いで僅差の4着に健闘。
4コーナーで内を選択した勝ち馬に対し、こちらは外を少し膨れ気味に回ったコーナリングの巧拙の差が最後の着差で明暗を分ける事になった。ただ、今後のレースの選択肢にも幅が出る収穫の多い内容だった。

アポロケンタッキーはスタートから気合を付けて中団の一角。しかし、予想外にペースが速くて道中は置かれないように追っ付けながらの追走。それでも勝負所で置かれてしまい、直線入り口は最後方近くだったが、坂が上がって前が止まったところからグイグイ伸びて掲示板。持ち味と弱点の双方が出たと言える。

ノンコノユメはこの馬なりにスタートを出て序盤は中団の後方から。ただ、この馬も淀みない流れに追走するだけで手一杯という感じで勝負所の反応も今一つ。直線はそれなりに伸びて来たが、昨年の破壊力はなかった。プラス8キロで大分戻しては来たが、まだ復調途上というところか。

モーニンは大外からジワッと出して好位の外目。2コーナーまではスムーズに行けたが、向こう正面で掛かり気味に位置を上げたゴールドドリームに被せられ、3コーナー手前でスペースを潰されて位置取りを下げる不利。勝負所で更に置かれてしまって圏外へ去ったかに見えたが、そこから盛り返して一応の格好は付けた。

一瞬ヤラれた!と思ったのがロワジャルダン。道中は中団後方で脚を温存し、一貫して立ち沿いを立ち回るロスのない立ち回り。直線も内からスルスル脚を伸ばして2、3着はあろうかという場面。3着馬が予想以上に頑張って内が開かなかったのとスタミナ寄りの流れで最後は苦しくなったが、ノリらしい立ち回りで見せ場十分。

ラニは相変わらずモサモサした出脚で後方から。集団の外目へ出してジワッと位置取りを上げようとしたが、中盤のペースアップで思うように上げられず。直線は外から勢いが付きかけたところで先に勢いが付いたカフジテイクに前に入られ、内のアポロケンタッキーと接触して戦意喪失。流れに乗り損ねたまま終わってしまった感。

ゴールドドリームはスタートで出遅れ、挽回していったら掛かり気味となって集団の外を回らされる形。全く息を入れてない状況でペースが上がった前を追い掛ける形で位置取りを上げてしまえば、そりゃスタミナ切れになって逆噴射するのもやむなし。土日続けてデムーロ劇場は惨憺たる有り様。

コパノリッキーはスタートの一完歩目でまたしてもつんのめる様に出て失敗。ジワッと出して行って挽回したが、1コーナー手前までモーニンに外から被せられ、更には前2頭のオーバーペースに巻き込まれる形でスタミナを消耗。直線はゴールドドリームと共に成す術なく失速。完全に中京は鬼門となってしまった。

馬券は馬連、3連複、3連単と総取り。しかも、印を打った馬で一番の人気薄だったアスカノロマンが3着に粘った事でアウォーディー絡みでも結構な高めの配当。久々のプラス10万オーバーで年間の負けをチャラにしてお釣りが来た。メシウマにも程があるwww

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR