ステイヤーズS・金鯱賞

ステイヤーズS
◎アルバート
○カムフィー
▲モンドインテロ
△ジャングルクルーズ
△ファタモルガーナ

アルバートは昨年のこのレースで5馬身差の圧勝。一線級相手の有馬記念と天皇賞は着外に終わったが、休み明けの前走では太目残りでスムーズさを欠きながらもシュヴァルグランの2着。今回は叩き2戦目で相手も底が割れてる面子だらけ。鞍上も昨年と同じムーアとくれば、無理に逆らう必要もあるまい。

カムフィーは昨年のこのレースの2着馬。条件戦では2000mでもそこそこ走れるが、基本的には長ければ長い方が良いステイヤー。ダイヤモンドSでも3着があるように冬場に強いタイプで明らかに距離不足の天皇賞を叩いての2戦目。テン乗りだが、中山では5割増しで怖い田辺も魅力。

モンドインテロは重賞は3戦して6、5、4着と善戦の域を出ていないが、3戦は全て東京。左回りは全くダメというわけではないが、3戦3勝の右回りで一変する可能性はある。休み明けの前走は坂を上がって止まったが、今回は最後まで脚を使えるだろう。

ジャングルクルーズは昨年4着と健闘し、今年も登録してたジャパンCを見送っての出走。春2戦は振るわなかったが、札幌のOP特別で連続3着と復調。3000m超のレースは初だが、スタミナ豊富でこなせるのではないだろうか。あとは休み明けで息が持つかどうか。

ファタモルガーナは4年前と一昨年のこのレースの2着馬。3年前から休み休みの出走になるが、ダイヤモンドSや目黒記念でも好走歴があり、今年の天皇賞でも7着と健闘。休み明けの前走は直線で伸び負けて絞られる不利。叩き2戦目のここで変わり身があるかも。

馬券はアルバート・カムフィーの馬連とワイド。3連複も2頭軸で流す。アルバートは抜けてるが、中山の田辺に期待したい。


金鯱賞
◎ヴォルシェーブ
○レコンダイト
▲シュンドルボン
△サトノノブレス
△ムスカテール

ほぼ一本被りとなってるが、ヴォルシェーブで仕方ないだろう。前走は休み明けで終始外を回った分、坂上で甘くなってしまったが、途中まではシュヴァルグランを差し切ってしまいそうな勢い。中間も依然として順調で前走に引き続いての左回り。普通に走れば勝ち負け。

レコンダイトはアテにしづらい面はあるが、武豊とは比較的相性が良い。1勝しかしてないが、左回りの方がスムーズに走れるタイプで適度に時計が掛かる中京も中日新聞杯3着の実績がある。叩き良化タイプだけに、叩き3戦目のここは走り頃か。

シュンドルボンはここ2戦は前残りにスローペースと全くの展開不向き。ここはスズカデヴィアスが先手を取り、ヤマカツエースとリアファルが先行と行く馬が決まっており、ある程度流れてくれるだろう。距離は1800mがベストだが、流れさえ噛み合えば2000mでも。

サトノノブレスはGⅠでは頭打ちだが、GⅡGⅢでは安定株だし、56キロで出走出来るのも好材料。中京は今年の中日新聞杯を勝ち、ここ2年の金鯱賞は2、3着と相性が良い。あとはシュミノーが一体どの程度日本競馬に適応して来るか。

ムスカテールは前走は外枠から抑えが利かなくなって先行して末を無くしたが、今回は最内。夏の新潟記念でも7着と変わり身を見せてるように、叩き2戦目で得意の左回りなら折り合い一つで上位に来れても良い。

リアファルやデニムアンドルビーやブランクが長い。トーホウジャッカルはアテにならないし、ヤマカツエースは左回りの実績が乏しい。サトノノブレスは兎も角として、ここはヒモ荒れに期待してヴォルシェーブ1頭軸の馬連と3連複流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR