ジャパンC回顧

4コーナー、正確には残り3F目で一気にペースを釣り上げて後続のスタミナを削り取る武豊@キタサンブラックの必勝パターンが炸裂。後述するゴールドアクターの出方だけが気掛かりだったが、予想段階でこうあってほしいと思ってた通りの展開となっての完勝だった。
溜め逃げして持ち味を殺したエイシンヒカリ@天皇賞では毒づいたが、今回は馬の実力を信じ切った強気の騎乗。直線も内目で伸びるギリギリのラインを選択。何だかんだで大舞台での豊は頼りになるとつくづく(手の平返し)

キタサンを軸とした場合、有力所ではキタサンの後ろでレースを運ぶであろうゴールドアクターが早い段階でプレッシャーを掛けて潰しに掛かるのが最悪な展開だったが、ゴールドアクターが好位に控えた事でその展開は避けられた。そもそも、吉田隼人に豊に喧嘩を吹っ掛ける度胸はないし。
宝塚記念では番手から突っ掛けたワンアンドオンリーの@田辺のプレッシャーも今回は緩く(だから宝塚よりも着順を上げたわけで)、極端に落としはしなかったが1F12秒台中盤前後で纏めるマイペースの逃げ。そして、4コーナーから直線入り口で11.9‐11.2と一気にペースを釣り上げて好位組を潰し、差し馬との差を一気に広げるロングスパート。残り2Fも11.4‐12.1で上がられてはいくら外差し馬場でも届かない。
テンションギリギリのピークの仕上げで終始主導権を握り続けて自分の型にハメさえすれば、2馬身半差という決定的な差を付けての完勝にもなる。有馬は反動が出て崩れるかもだが、過小評価し続けて痛い目に遭った昨年の反省を踏まえて「飛ぶまでは軸で買う」と思ってるので(天皇賞では浮気したが)、今のところは有馬でも本命予定。

2着サウンズオブアースは太目残りの前走から8キロ絞って万全の状態。スタートも決まって前に行き、昨年はゴチャ付いた1コーナーを上手く乗り切って折り合うと、一旦控えて中団の外目。4コーナーから外目を通ってスパートを開始し、直線も良く伸びて来たが、勝ち馬の必勝パターンの前に2着確保が精一杯。
直線で外へ膨れたリアルスティールに張られはしたが、それ以外は昨年と違って実にスムーズな立ち回り。ただ、常に何か1頭前にいるキャラクター性は変わらず。この2着でミスタートウジンを抜いて重賞未勝利馬の賞金王になってしまった。京都新聞杯での走りから気に掛けてきた存在だけに、何処かで勝ってくれないものかと思ってるんだが・・・

3着シュヴァルグランは大外枠から出たなりの競馬でジワッと集団に取り付いて道中は中団後方の外目。ペースが落ち着いた2コーナーでやや力んだが、前の2着馬を見ながら折り合いを付けての追走。勝ち馬が一気にペースを釣り上げた勝負所で置かれたが、直線は2着馬の外からグイグイ脚を伸ばしてこれにクビ差まで迫った。
レース前からの小雨で外差し馬場に拍車が掛かった適度に時計が掛かる馬場はこの馬にとっては都合が良かったと言える。勝ち馬のペースアップに付いて行けなかった分届かなかったが、逆に言えばそこで脚を削られなかった事で終いの伸びに繋がったとも取れる。

ゴールドアクターは勝ちに拘るなら、枠も近い事だし序盤だけでも突っ掛けるなり番手からプレッシャーを掛けるなりの積極策を取る選択肢があったが、特に何か仕掛けるでもなく3番手のインという無難なポジションに終始。直線は勝ち馬の後を追うように脚を伸ばしたが、差を詰めるどころか逆に突き放されて2番手も踏ん張れず。
中間は乗り込んでいたが、今にして思えば速い時計をそれ程出してなかった。落ち着いてはいたが、テンションが上がらないように調整されたのが8キロ増と裏目に出たか。まぁ太目残りがあったとしても、吉田隼人の騎乗も積極性を欠いたのは否めない。尤も、キタサン軸で行けたのは「吉田隼人なら無理に突っつかないだろう」と見切れたお陰なんだが。

リアルスティールは外枠から前を取りに行く積極策で道中は3、4番手。出して行った分、1コーナーで少し行きたがったが、後ろの位置を確認しつつワンアンドオンリーの後ろに入れて折り合いを付けての追走。直線では2、3着に粘れるかに見えたが、苦しくなって外へヨレたように上位馬とは距離適性の差が出て踏ん張れず。
馬券的には助かったが、外枠を引いても勝ちに拘ったムーアの騎乗は流石と思った。前をカットされて控えたとはいえ、天皇賞のデムーロも外枠から位置を取りに行ってたように、馬の脚質は考慮すべきだが外枠から勝ちに行く見本の騎乗(若しくは後方に控えて末脚を温存という手もあるが)。ただ、瞬発力が活きるペースでも馬場でもなかったし、本質的に2400mはやや長い。

レインボーラインは最終追いは軽めだったが、6キロ減って幾分細い体付き。道中は中団後方に控えて折り合いに専念。直線はメンバー最速の上がりで伸びては来たが、直線入り口でディーマジェスティに外をブロックされ、坂上ではリアルスティールとサウンズオブアースにスペースを潰されてとスムーズさを欠いた。少々勿体ない競馬。

ルージュバックは4キロ増と天皇賞から更に馬体を戻して出来自体は良かったし、道中も中団のインで脚を溜められたが、外が伸びる馬場なのに直線で内に入れたのが失敗。あと、ワンターンのコース形態の中距離戦(毎日王冠は最適だった)なら互角以上に戦えるが、牡馬相手に2400mで戦えるだけの持久力とスタミナはこの馬にない。

ディーマジェスティは追い切りから劇的に良くなったという印象は持たなかったが、何だかんだで変わって来るだろうと期待してみれば菊花賞から増減なし。レースでも序盤から前へ行こうとする推進力がなくて全くの空気。皐月賞の勝ちっぷりから力の要る馬場は合う筈だし、シュヴァルグランのように中団から脚を伸ばすイメージを持ってたが、春2冠の反動が予想以上に残ってるのか・・・

ビッシュは内枠を引いたし、あわよくばのイメージを持ってたが、これも見せ場らしい見せ場もなく終了。牡馬と戦える力はなかったようだ。外国馬は重馬場適性から穴で取りざたされたようだが、根本的に日本の馬場に合ってないわけであって・・・

馬券はゴールドアクターが3着に残ってくれれば3連単も当たって総取りのメシウマだったが(そういう意味では「福永余計な事しやがって」だが)軸が勝っての4着まで独占という大勝利。やっと秋GⅠが当たってホッとしたし、今月の負けは回収できたのヨシとするw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

今日は(*^o^*)

ジャパンC馬連、京阪杯複勝的中おめでとうございました。
展開、馬場、武豊騎手の好騎乗とはまっただけでなく、

底力がこのメンバーで一枚も二枚も上だったのが勝因と考えています。

デニムアンドルビーとの底力勝負見てみたいです。

キタサンブラックは東京では逃げ切れず、例年通り切れ味勝負になると考えていたので私は完敗です♪

Re: 今日は(*^o^*)

ありがとうございますm(__)m
キタサンは馬主がアレなのと脚質が脚質だけに勝っても勝っても人気が出づらいタイプですが、相当に強いですね。
予想や回顧でも触れましたが、武豊が残り3F目でラップを釣り上げて地力勝負に持ち込むスタイルは相当に馬の能力に自信を持ってるが故に出来る戦法なんですよね。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR