マイルCS回顧(改めて現行の降着制度は糞だとつくづく)

直線半ばで逃げたミッキーアイルが外へ斜行。ネオリアリズム、ダノンシャーク、サトノアラジン、ディサイファの4頭が妨害される不利(特にディサイファの豊は落馬寸前)を受けながらも失格・降着はなくミッキーアイル1着で確定。
被害馬は被害がなければ加害馬に先着したと判断されない限りは着順変更はないというルール上から降着なしはやむを得ないのだろうが、その一方で浜中は実質4週間の騎乗停止。
流石に途中で修正はしたが、斜行しても暫くは修正義務を怠ったのと被害馬が上位入線してたので単独での走行妨害としては最長クラスの制裁を受けたわけだが、刑事裁判では無罪でも民事では有罪という事件みたいな後味の悪さしか残らなかった。JRAの説明で「GⅠだったから」とか完全に余計な一言だろ。

AJCCのベリーとか(昨年の)皐月賞のデムーロとか悪質な斜行で後味が悪くなったレース回顧の度に触れているが、現行の降着制度は加害馬側の制裁を強化しない限り、やったもん勝ちがまかり通る理不尽な悪法でしかない。国際基準()に沿ったルールに変更する代わり、騎手のペナルティを強化して抑止力にするというのがJRAの建前だが、現状は全く抑止力になってない。
騎乗停止経験がある外国人騎手は次回の短期免許取得時に期間を短縮されるように変更されたが、この程度ではまだまだ甘い。以前にも書いた記憶があるが、加害馬側はこれくらいのペナルティがあって然るべきだ。

・騎手、調教師、馬主といった関係者への賞金は出走手当も含めて全て剥奪。トロフィーやレイといった記念品も剥奪。
・騎手は騎乗停止の長さに応じて騎乗停止明け後の騎乗数の制限。
・加害馬は30日の出走停止後に再審査を行わなくてはならない。
・騎乗停止期間の長期化。馬の方に問題があった場合は調教師に程度に応じた過怠金を課せる。

身も蓋もないが、金絡みの厳罰化が最も効果的ではないかと思う。騎手にしたって、騎乗停止にはなっても賞金は貰える。今のやったもん勝ちの風潮は加害馬側の懐が全く痛まないのが助長してるのではないだろうか?不正を働いて辞職しても退職金は貰えるゲス議員のようなものだ。
厳罰化する事で却って騎手が委縮したり、敢闘精神が欠落する可能性もあるが、それでイモ引いてしまうようならそれまでだし、調教助手にでも転向した方が良い。今の世の中、目に見える形で割に合わない事を思い知らせないと、どんな制度でも単なる絵空事にしかならない。


ぶっちゃけ、こうした後味の悪いレースはその事象に対して毒を吐く事に集中して各馬の寸評を書くまでにモチベーションが尽きてしまう。今回もそんな状態ではあるが、何とか氣を振り絞って触れる事にするw

3歳まではマイル路線を歩んでたとはいえ、今は完全にスプリンター仕様になったと思ってたミッキーアイル。ペースに拘らず、自分のスピードを活かしたスタイルに持ち込むと滅法強いタイプだが、それは久々のマイルでも変わらなかった。
自身の二の脚が速かったのと、テイエムタイホーやウインプリメーラといった本来追い掛ける組が早々と諦めた事で前半46.1‐後半47.0とマイペースの逃げ。良馬場に回復したとはいえ、切れが要求されない馬場とまだ内が伸びるトラックバイアスを活かし切った逃げ切り。これで斜行がなければ、馬券は外しても納得出来たが。

2着イスラボニータはスタートを五分に出て、二の脚を利かせてスッと好位。ペースも程良く流れたし、前に壁を作って折り合いもスムーズ。4コーナーで馬群の外へ持ち出し、直線は内へモタれながらもグイグイ伸びて勝ち馬に急追。
叩き良化タイプらしく、パドックの気配も良かったし、道中も掛かる素振りを見せないスムーズな立ち回りで久々にこの馬本来の機動力の巧さが出たレースだった。ただ、あと一歩で勝ち運に見放された。

3着ネオリアリズムは集団の外を回らされるのを嫌ったか、二の脚を利かせてミッキーアイルの番手を取りに行く積極策。4コーナーで勝ち馬がペースアップした際に置かれかけたが、直線でジリジリと盛り返して叩き合いに持ち込んだ。
最後は勝ち馬の斜行もあって踏ん張り切れなかったが、初のマイル戦でも対応して見せたし、モーリスを破ったのはやはりフロックではなかった。継続して折り合わせる騎手を確保するのが一番と思うが、番手で折り合わせるムーアは流石とも思う。

ダノンシャークはスタートはそれ程良くなかったが、無理に行く事もなく集団後方のインで末脚温存。4コーナーで一回バランスを崩して躓いたが、直線は馬群を割って脚を伸ばし、不利を受けた後も立て直してしぶとく追い上げた。
適度に時計が掛かる馬場で浮上出来たのもあるが、2年前の勝ち馬らしく得意の京都で見せ場十分の競馬。流石に手は回らなかったが、何だかんだで買い目に入れたくなる馬で息長く走った渋い馬だった。お疲れ様m(__)m

サトノアラジンは二の脚はそれ程出なかったが、内目からジワッと挽回して道中は中団のイン。一貫して内を立ち回り、直線は前2頭の外目へ出して脚を伸ばそうとしたが、エンジンが掛かりかけたところで痛恨の不利。
今回は2番枠を引いたし、まだ内目が伸びる馬場だった事もあって、内を立ち回って直線でバラけたところで脚を伸ばす作戦が裏目。押し出された人気と内枠を嫌って軽視したが、この不利は同情を禁じ得ない。

フィエロは今回はスタートを五分に出て道中は中団の一角。折り合いもスムーズで流れに乗れたが、4コーナーでは反応が鈍く、直線も2着馬の外へ出すまでに時間を要すロス。前が開いてからジリジリと脚を伸ばして来たが、良い頃の伸び脚ではなかった。巻き返しを期待したが、年齢から来るズブさが出た感じ。もうGⅠで勝ち負けするのは厳しいか。

ガリバルディはスタートからすぐに後方に下げて末脚に懸ける競馬。直線は大外へ持ち出して上がり最速の脚で追い上げたが、大勢をひっくり返すほどの破壊力はなかった。この馬のペースは出来たが、内が伸びるトラックバイアスではこの辺りが限界だったか。

マジックタイムとヤングマンパワーは道中の位置取りを見た時点で「やっぱりこいつらはヘッポコだった」と諦めた。特にバルザローナはシュタルケよりマシと思ってたが、シュタルケよりもヘッポコだったね。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます(*^o^*)

マイルCS、私はデイサイファの単勝少額でしたし、不利受けて負ける方が多いですが、希に勝つ事もあるので「これも競馬」と思いますが、あの裁定は酷すぎます。武豊騎手が怪我・負傷なかったのは幸いでしたが、デイサイファが心身無事な事祈ってます。
こういう事が今後ないようにルールの明確化、罰則を厳しくして騎手だけでなく調教師、馬主にも適用しないと駄目なのではないかと思います。

Re: おはようございます(*^o^*)

昔もトールポピーのオークスとか釈然としない裁定はあったけど、今の基準になってからは「そりゃねーだろ」と文句言いたくなる裁定が増えた気がしますね。
人間の判断なので誰も納得出来る裁定などなかなかないだろうけど、一昨日のアレは改めて現行ルールについて考えさせられました。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR