福島記念回顧

後の皐月賞馬キャプテントゥーレを完封して逃げ切った朝日杯FS以降、12戦中9戦が二桁着順という凄まじいヘタれっぷりからネタ馬化したゴス犬ことゴスホークケン。早熟一本槍のゴス犬から古馬になって中距離重賞を勝つ産駒が出るのだから競馬は面白い。

父だけでなく、母マルターズヒートも早熟のスプリンターだったマルターズアポジー。同型馬との兼ね合いが鍵だったが、内から好スタートを切ると労せずに単騎逃げ。向こう正面までスローに落とし、そこから徐々にペースを釣り上げて後続の脚を削り取り、最後は12.8掛かったが、余裕を持って逃げ切った。
東京でも勝ち鞍はあるが、現状は小回りの中距離が一番合ってる。単騎でスンナリ行けたのもあるが、絶妙なペース配分で逃げ切った武士沢の作戦勝ちだろう。

2着ゼーヴィントは外枠から出たなりの競馬で道中は中団から。前に馬を置いて折り合いを付け、3コーナー手前から徐々に仕掛けて4コーナーでは4番手。直線も脚を伸ばして来たが、セーフティリードを取ってた勝ち馬には届かず。
距離適性を考慮して菊花賞を回避して出走して来たが、それでも一杯一杯の印象だったセントライト記念の疲れを取る為に緩めた事で幾分反応が鈍かったように思う。

3着ダイワドレッサーは最内枠もあって道中は中団のイン。ペースが上がった勝負所では手応えの怪しくなったマイネルラクリマが横に入って動くに動けず。直線で馬群の外へ出して脚を伸ばし、ゴール寸前で3着に浮上。秋華賞は条件が厳しくて大敗したが、実績のあるコースで内目を立ち回ればこれくらいは走れる。

マイネルハニーはその気になればハナを切れそうなスタートを切ったが、内の勝ち馬を先に行かせての番手を選択。道中は勝ち馬にプレッシャーを掛けるわけでもなく、逆に勝負所から勝ち馬のタイミングでペースを釣り上げられて脚を削り取られ、直線半ばで2番手も踏ん張れず。共倒れを避けた感じだが、消極的すぎたように思う。

シャイニープリンスはスタートから全く行く構えを見せずに離れた最後方ポツン。4コーナーでも依然として最後方のままで直線は馬群を縫うように脚を伸ばしたが・・・北村友は小回りの福島で殿一気が決まると本気で思ってたのか?ゴール前で斜行したマーティンボロの中谷よりも酷い騎乗。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
89位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR