ファンタジーS・京王杯2歳S回顧

ファンタジーSはPO馬ミスエルテが豪快な末脚を繰り出しての差し切り勝ち。即戦力よりも将来性重視のスタンスなのでPO馬の2歳重賞勝利は阪神JF(ブエナビスタ、ジョワドヴィーヴル)以外ではこれが初勝利だったりする。

スタートの出遅れも大物感を際立たせるスパイスに過ぎなかった。慌てる事無く集団の外目に出し、前に壁を作って道中は折り合いに専念。4コーナーで肩ムチを2、3発入れて気合を付けて外へ持ち出すと、直線はノーステッキで並ぶ間もなくごぼう抜きの完勝。
マイナス6キロで幾分細かったし、まだ能力だけで走ってる印象だが、それでもこのパフォーマンス。精神的に成長すれば、マイルまでなら相当な活躍が見込めるだろう。このメンバーなら何度走っても結果は変わらないと言い切れるくらい能力が違いすぎた。

しかし、今年のPO馬は現時点ではほぼ当たりを指名してる(トゥザクラウンは核地雷っぽいが)。特に牝馬は先々週のフローレスマジックに先週のミスエルテ。今週はデイリー杯にリナーテ、黄菊賞にコロナシオン(トリコロールブルーとの潰しあいになるが)が出走(未勝利戦にはアルミレーナ)。
ダメな年はサッパリダメなPOGだが、今年は現段階で怖いくらい順当に来てる。もしかして、ここでギャンブル運を使いすぎてんじゃないのか?

2着ショーウェイはスタートから気合いを付けてハナへ。内からモンローが競り掛けて来たが、譲る事なく行き切った後は絡まれる事なくマイペース。直線でスパートして逃げ込み態勢だったが、勝ち馬には並ぶ間もなく抜き去られた。
相手が悪すぎたが、それでも後続の追撃は完封してる。前走はスタート一息で逃げられなくて崩れただけに、現状ではハナを切ってしぶとさを発揮するタイプだろう。ただ、マイルまで持つか微妙な気がする。

3着ディアドラはスタートからすぐに控えて後方から。道中はすぐ前にいた勝ち馬をマークする形。直線でも勝ち馬の後を追う形で脚を伸ばし、ゴール寸前で2着馬に迫る勢い。初の右回りとあって直線はモタれていたが、それでも終いの脚は確実に使って今後に目処を付けた。しかし、1400mを連続して使ってる時点で阪神JFでは買わない(2着馬も同様)。

ブラックオニキスはダッシュは付いたが、二の脚が今一つ付かずに中団の外目。それでも道中は流れに乗れてるように見えたが、直線で追い出されると反応一息で流れ込む程度。使って力を付けたタイプだけに久々は良くないのか、それとも2歳牝馬にありがちな早熟タイプなのか・・・

ヤマカツグレースはデビュー3戦目で初めてまともにゲートを出て中団から。少し力んでいたが、許容範囲内の感じで4コーナーから前を捕まえに掛かろうとしたが、直線ではサッパリ伸びずの見せ場なし。

このレースで阪神JFでも好走が見込めるのは勝ち馬だけだろう。他は強いて言えば、前走マイル戦を勝ったゴールドケープとドロウアカードだが、現時点では瞬発力勝負だと太刀打ち出来そうにないので・・・


京王杯2歳Sは夏の実績馬と秋開催で頭角を現して来た新興勢力の対決という構図だったが、夏の実績馬が完成度にモノを言わせてのワンツー決着。ただ、距離に関しては1400mが上限という馬ばかりな気がしないでもない。

戸崎からルメールに乗り替わったモンドキャンノ。スタート一息で後方から。大外枠だった事もあってなかなか壁を作れずに行きたがる仕草を見せたが、レヴァンテライオンの後ろに入れた辺りで息を入れられた。直線坂下から追い出しに入り、先に抜け出した2着馬との叩き合いに持ち込んでこれを競り落とした。
行きたがるのは相変わらずだが、何処かで息を入れさえすれば終いは良い脚を使えるタイプで父の特徴を受け継いでると言える。とはいえ、脚が使えると評しても典型的な短距離馬の範疇を超える印象はない。いずれはシュウジと同様にスプリント路線に向かうだろう。

2着レーヌミノルは前走同様にダッシュ力は普通も、二の脚を利かせてジワッと番手へ。序盤は少し行きたがったが、落ち着いた後は概ねスムーズ。直線は坂まで追い出しを待ち、勝ち馬との併せ馬でも食らい付く場面があった。
追って味があるタイプではないが、小倉で見せたスピード能力の高さは中央開催でも十分に通用。マイルくらいまでなら持つだろう。ただ、瞬発力勝負では分が悪いので持続力を活かす展開に持ち込む必要はあるが。

3着ディバインコードはフワッとした感じでゲートを出てハナへは行かないように気を付けた感じ。前半は掛かり気味の追走だったが、何とか好位で我慢。直線は追い出されてからモタついてたが、後続に吸収されそうなところからしぶとかった。少しずつ相談役の教育が形になって来てる印象。

コウソクストレートはスタートで出遅れて後方から。それでも馬群の中で折り合いは付き、4コーナーで外へ。直線は追い出されてからモタついてる内に勝ち馬に置き去りにされたが、坂上から勢いが付いて差を詰めて来た。ここ2戦は好位からの競馬だったが、差す競馬でも一定の目処は付いた。

レヴァンテライオンは中団からの競馬となったが、向こう正面でややスムーズさを欠いたし、終始外を回る形。4コーナーでは先団の後ろに付けたが、直線では追われてサッパリ伸びずに失速。プラス16キロが堪えたか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR