JBCレディスクラシック、JBCスプリント回顧

レディスクラシックは昨年は世代交代を告げたホワイトフーガが女王健在を示す連覇達成。今年は牡馬混合戦では結果を出せず、前走は斤量も背負っていたが、地方馬との2着争いで辛うじて同着とややトーンダウンしてたが、この大舞台でしっかり力を発揮。

各馬横並びの状況からブルーチッパーが意を決してハナを切ったのを見計らってジワッと出して3、4番手のインを追走。少し頭を上げかけたが、ブルーチッパーを前に置いて宥めて折り合いを付けた。3~4コーナーで外へ出して先頭に並び掛け、直線で食い下がる2着馬を捻じ伏せて抜け出した。
前走は不覚を取ったが、今回はそこを叩かれての叩き2戦目で2戦2勝と得意の川崎。折り合いさえ付けば順当勝ちといったところか。ただ、喉の状態を言及しており、早ければ来春で繁殖入りしそうな気がする。

2着レッツゴードンキは大外枠からのスタートで滑るように出てしまったが、スピードの性能にモノを言わせて外から前に取り付くと2番手の外目。3~4コーナーで先頭に立ち、外から並び掛けた勝ち馬にも暫く抵抗したが、最後は地力の差が出た。
とはいえ、久々の先行策でもこの馬なりに折り合いは付いていたし、外枠で砂を被らなかったのもあるが初のダート戦でも適性能力は見せた。ローテに選択肢が広がる収穫の多い1戦だったと思う。

3着トーセンセラヴィは最内から出して行ったが、他馬よりも行き脚が鈍くて中団のインから。そのまま内を通って前との差を詰めに掛かり、4コーナーのコーナリングで外へ。1、2着馬には千切られたが、他の中央勢に先着と健闘。
森泰斗とのコンビで8連勝してた上がり馬だったが、ダート実績がまるでないディープ産駒でこの舞台は家賃が高いだろうとノーマークだったが、交流重賞6勝の母の血が騒いだか。

前走でホワイトフーガを破ったタマノブリュネットはスタートで伸び上がる様に出てしまって後方からの競馬。向こう正面から外を通って好位集団に取り付いたが、流石に外を回って脚を使ってただけに、直線では離れた3着争いで精一杯。マイルという距離もこの馬には1F短かったか。

昨年の3着馬トロワボヌールは中団からレースを進めたが、各馬が動き出した勝負所で反応が今一つ。直線も3着争いから最初に脱落。休み明けを叩かれての変わり身を期待されたが、まだ良い頃の出来に戻ってなかったか。

3歳馬タイニーダンサーは前半は好位に付けられたが、向こう正面から徐々に置かれてしまって特に見せ場らしい見せ場もないまま。関東オークス以降は世代の壁にぶち当たってる。アムールブリエは1800mから更に距離短縮のマイル戦では追走に手一杯。2000m以上が主戦場だけにあまりにも畑違いな条件だったか。


スプリントはこの路線を牽引して来たダノンレジェンド、1400~マイル路線で地方馬の雄となったソルテ、昨年のこのレースでダノンレジェンド相手に逃げ切ったコーリンベリーと逃げ馬が3頭揃って何がハナを切るか注目だったが、ダノンレジェンドが逃げ争いを制してそのまま逃げ切り悲願達成。

明暗を分けたのは枠順の差だった。テンのダッシュはソルテが速くてそのままハナを切るかに見えたが、内から主張して譲る構えを見せず。最内からコーナリングを利して単騎先頭に立つと、持ち前のスピードを活かして後続に2~3馬身のリード。
一息入れた3~4コーナーで差を詰められたが、直線に入って再びリードを広げるとおいでおいでの完封劇。
前走の5着敗戦と1400mという距離が嫌われて1番人気はベストウォーリアに譲ったが、ハナを取り切ってスピードの持続力を活かすスプリンターのレースをして相手を自分の土俵で戦わせた感じ。来年は海外遠征も視野に入るらしく、自分のスタイルでどこまで通用するか興味がある。

2着ベストウォーリアはスタートはマズマズだったが、スプリント戦さながらに前の争いが激しくなって予定よりも一列後ろの位置取り。それでも内目を通って4コーナーでは2番手に浮上。そのまま前を追ったが、最後まで勝ち馬の影を踏めないまま。
得意の左回りでソツのない立ち回りは出来たが、スプリント向きの持続力ではどうしても勝ち馬に見劣ってしまう。距離適性と展開面で優位かと思われたが、主導権を取り切った勝ち馬の術中にハマってしまった感。

3着コーリンベリーは結果論になるが、大外枠が堪えた。ダッシュは付いたが、そこから内に入った時点で勝ち馬やソルテに先を越され、1コーナーのコーナリングで3番手が確定。だが、前に馬を見る形になっても折り合いは付き、直線もしぶとく踏ん張って内のサトノタイガー等と差し返して3着。
逃げてハマった時の強さと逃げられなかった時の脆さが同居してる典型的逃げ馬だが、今回は最後まで集中力を維持して味のある競馬をした。

レーザーバレットはスタートは五分だったが、テンからペースが流れたのもあって道中は後方4番手。向こう正面過ぎから追っ付けて追い上げを図ったが、前が止まらずに3着争いに加わるのがやっと。

ソルテは出脚は勝ち馬よりも速かったが、枠の差で勝ち馬に主導権を取られての番手。久々に前に馬を見る競馬に戸惑ったか、直線は3番手から踏ん張れずに脱落。久々に自分の型にハマらなかった時の脆さが出た。

1000m戦でマイルのレースをして勝ったシンボリルドルフではないが、1400mやマイルで1200m向きのスピードの持続力勝負に持ち込んだスプリンターがそのまま勝ってしまう事がたまにある。今回はその典型的なレースだったと思う。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
50位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR