天皇賞・秋回顧

大方の予想通りハナを切ったはいいが、大外から出して行ったラブリーデイにつつかれて後続も付いて来てた時点で「これはいくら何でも遅い」と感じたが、前半1000m60.8と知ったところで「何で溜め逃げしてんだ!」と社用車の中で思わず叫んでしまったエイシンヒカリの逃げに心底ガッカリ。

パンパンの良馬場ではないが、瞬発力が活きる外差し馬場。尚更、淀みないペースを刻んでの持続力勝負に持ち込まないと勝ち目がない状況だったのだが・・・最初の2Fを13.3‐12.0と遅く入りすぎてしまい、そこから一気にペースを上げられなかったというところか。
本場場入場の前に地下馬道で暴れたらしいのでそこで精神的に切れてしまったのかもしれない。直線ではロクに抵抗らしい抵抗もなく止まった様は如何にもエイシンヒカリらしいモロさだった。ただ、この馬は落差の激しいタイプなので昨年同様に香港で巻き返す可能性はあると言える。

スローペースで流れた事で持ち味の切れと瞬発力を活かせる展開となれば、やはり今の日本で敵はいない事を証明したモーリス。ゲートを出るとスッと行き脚も付いて好位。外からラブリーデイやヤマカツエースも行った事で壁も作りやすくなって折り合いはスムーズ。
直線入り口でヤマカツの外へ持ち出すと、意図的に馬場のど真ん中へ持ち出して一気にゴーサイン。堂々と先頭へ躍り出ると、内に出来たスペースを突いて脚を伸ばした2着馬の追撃を寄せ付けずに突き抜けた。
最後は内へモタれてる辺り、本質的には中距離よりもマイラーという見解は変わらないが、前述の通りこの馬の持ち味が活きる展開になったのが幸いしたし、あまりにも根本的な能力が違いすぎた。この後は香港マイルかカップの両睨みっぽいが、どちらに向かうにしろ、逆らうのは無謀だろう。

2着リアルスティールは好位を取ろうとした2コーナー手前でヤマカツエースに前をカットされて折り合いを欠いた事で一旦控えての中団から。前に馬を置けなかったが、馬の気分を損なわせない独特の折り合いの付け方で我慢させて脚を溜め、直線は勝ち馬が馬場のど真ん中へ出して空いたスペースを狙って脚を伸ばして単独2着を確保。
状態が伴ってないことを理由に毎日王冠を回避したマイナスイメージもあったが、エイシンヒカリが淀みない流れを作ると思ってたのでこの馬には不向きな流れになると踏んで軽視したが、勝ち馬と同様に瞬発力勝負となった事で展開が向いた。折り合いを欠いても修正して折り合わせるデムーロも流石。

3着ステファノスは外を回る事を避ける為に後ろに控えた事で結果として後方待機で末脚温存。ペースが上がらなかった時点で後方2番手では届かないと半ば諦めたが、直線は外へ持ち出して脚を伸ばして3着争いから一歩抜け出した。
上がりは同タイムとはいえ、2着馬とは瞬発力の差が出て途中で離された分追い付けなかったが、展開的には不利な状況で良く追い上げて来た。満足な結果ではないが、最低限の仕事をした川田には納得してる。

アンビシャスは内で揉まれるのを嫌ったのもあるように思うが、ペースは速くなると踏んでの後方待機策。ペースが上がらなかったのは誤算だが、集団から離されずに追走。直線は外へ回す中で内に進路を取って出し抜けを食らわせようとしたが、外差し馬場では4着に押し上げるのが精一杯。ペースの読み違えが全てだった。

ロゴタイプは予想よりもペースは遅かったが、折り合いは付いて3、4番手のインで脚を溜める形。直線は坂下まで追い出しを待ってエイシンとラブリーデイの間を割って一旦は2番手に上がったが、最後は瞬発力の差が出る形で差し込まれた。
不向きな展開ながら先行勢で唯一掲示板に載ったが、個人的には序盤でエイシンのハナを叩けそうだった時に思い切ってハナを叩いても良かったような気がする。あの辺は田辺がちょっと空気読んだ感じで勿体ない印象。ただ、一瞬夢を見せてくれたのには感謝。

アドマイヤデウスは中団馬群の中で脚を溜める競馬。距離を見越して4コーナーから早めに仕掛けて行ったが、本質的に中長距離タイプのこの馬にとって今日のような瞬発力勝負は不向き。それでも最後は僅差の6着にまで追い上げており、距離が延びればパフォーマンスを上げて来そうな雰囲気はあった。

ルージュバックはスタートから控えて集団後方から脚を溜める競馬。しかし、外へ出そうとした3~4コーナーでリアルスティールにガッチリとブロックされて直線まで外へ出せずじまい。坂でやっと前が開いた時には時既に遅しの状況。
勝負所でデムーロにガッチリと動きを封じられたのもあるが、木曜よりは増えたとはいえ前走時よりも馬体を減らして少し細く見えた。2着馬を押しやって行くだけのパワーがなかったのかもしれない。

ラブリーデイはペースが遅かったのもあって大外から番手に取り付くことが出来てエイシンヒカリにプレッシャーを与える役回りを演じたが、自身も前に壁を作って脚を溜められず。直線坂上で脚が上がって脱落。大外が堪えたと言えるが、やはり能力の衰えが顕著になってる。GⅠではもう買う事はないだろう。

リアルスティールが来なければ馬連と3連複も当たって10月の負けを一気にひっくり返せたが・・・それでも複勝を買ってたお陰でトントンには持ち込めた。1ヶ月続いた負のループだが、最後の最後で底は打った感じ。ひとまずは流れを止めたのでヨシとする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR