菊花賞回顧

秋華賞の間の悪い外し方で負のループに突入してる認識を抱き、流れを変えないとズルズル行ってしまう危機感はあったが・・・当たるイメージが湧いて来ない天皇賞、馬券的妙味に乏しいJBCシリーズ、かと言って勝負レースにするのは何か違う気がするGⅡ戦。
必然的に菊花賞で勝負せざるを得ない状況ではあったが、菊花賞はGⅠの中でも馬券的相性が良く、元々それなりに色気を持ってたのもあって年間の負けを帳消しにするつもりで勝負に出たが・・・
結果はぐうの音も出ない完敗。ディープ産駒が長距離GⅠを勝ち、内枠を引いたステイヤーっぽいタイプではなくて外目の枠に入った距離適性に懐疑的だった馬が2、3着。リアルシャダイにダンスインザダーク、異系血統を探す楽しみがあった菊花賞はもう存在しないんだね(遠い目)

春はあと一歩のところで無冠に終わったサトノダイヤモンド。好スタートを切って労せずに好位。前に壁を作れたのと先手を主張したミライヘノツバサに競り掛けてペースを上げたラビット役のサトノエトワールが役目を果たした事で折り合いもスムーズ。
最初のスタンド前から徐々に外へと持ち出した事でペースが上がった坂の下りからの加速もスムーズ。4角で鞭が入ったディーマジェスティとの手応えの差は歴然。直線で満を持して先頭に立つと2着争いを尻目に悠々とゴール。
最初は速かったが、中盤にペースが緩んでの上がり勝負はこの馬が最も得意とする展開。末脚の持続性が問われる展開になればスタミナの裏付けがない母系のスピード力が逆に活きて来る。勝つべくして勝ったと言えよう。PO馬の半妹リナーテもこれくらい走ってほしいところ。

2着レインボーラインはスタートのでは良くなかったが、さしたる不利にはならず集団の後方に控えて折り合いに専念。最初の坂の下りやスタンド前では行きたがったが、ペースが落ちた中盤までに宥めて脚を溜め、2周目の坂の下りでジワッと進出。直線は大外から脚を伸ばしてゴール寸前で内の3着馬を捕らえた。
2000mまではこなせても3000mは流石に長いと軽視したが、ダービーではレッドエルディストと同タイムの上がりを使って先着。マイル戦線の実績に対する先入観があって拾えなかったが、母系のレインボーアンバーは菊花賞2着・・・探せばいるじゃねぇか異系血統が。

3着エアスピネルは外枠から内へ入れるべく出して行ったが、その過程で最初の坂の下りから行きたがってしまって折り合いを付けるのに四苦八苦。何とか内目で宥めようとしたが、向こう正面まで掛かり通し。だが、直線は内から脚を伸ばして一旦は2番手に上がる健闘。
最後の最後で差されはしたが、春先から距離適性に壁を感じさせながらも3冠皆勤で4、4、3着。どことなくキングヘイローやダンツフレームを彷彿とさせるが、能力の確かさは見せた。後は運に恵まれるかどうか(現時点では致命的にないのだが)

ディーマジェスティはスタートは出たが、二の脚が付かずに当初の作戦であった勝ち馬の横に付けられず中団からの競馬。勝ち馬の後ろに付けようにも向こう正面ではレッドエルディストにその位置を取られ、外を通って位置取りを上げざるを得ない状況。
後ろに付けたものの、ペースが上がった坂の下りで楽な手応えのまま加速出来た勝ち馬に対し、こちらは手応え劣勢。直線ではアッサリとケリを付けられ、その後の2着争いでも後れを取った。
元々、前哨戦でのパフォーマンスから勝ち馬より上に見る事は出来なかったが、それを差し引いても前半から行きっぷりが今一つ良くなかった。先週のビッシュと同様、初の関西圏の輸送が堪えたと見るべきか。

ミッキーロケットはスタートを上手く出て勝ち馬をマーク出来る位置を取れたが、最初のスタンド前に入ったところで内へとモタれ出してそれを直すに一苦労。勝負所での加速で更に離されてしまい、直線はそれなりに脚を使ったが大勢を脅かす脚ではなかった。この馬も距離が長いと軽視したクチだが、それなりに纏めており、上がり馬としては格好を付けたと言える。

シュペルミエールはスタートの出は一息で序盤は集団の後方。しかし、ペースが落ち付いた向こう正面で空いた内のスペースを突いて位置取りを上げて好位に進出。しかし、勝負所でサトノエトワールが早々とバテてしまい、これをやり過ごすのに位置取りを下げるロス。上がり勝負になったのもこの馬に向かなかった。

カフジプリンスは中団馬群の中からレースを進めたが、坂の下りからのペースアップでまたしてもギアの切り替えが遅れて後手後手に回る形。直線もエンジンが掛かったところで詰まってしまい脚を余す形の負け方。弱点を露呈して負けたわけだが、結果的に失敗だったがシュペルミエールの競馬をしてほしかった。デルタブルースで菊花賞を制した岩田は何処へ?

本命レッドエルディストはまずまずのスタートから前走同様中団からの競馬。道中はディーマジェスティに取りたい位置を取らせず、勝ち馬を見ながらレースを進める絶好の展開に思えたが、ペースが上がった坂の下りからスムーズに加速出来ず、直線も末脚不発。
青葉賞からステイヤーの差し馬として注目してた存在でこの条件は絶対合うと一発逆転を期待したのだが、結果的には力負け。カフジプリンスの3番人気は過剰人気だったが、この馬への期待も過剰だった。

プロディガルサンは外枠から内へ入れるのにゲートをゆっくり出て集団から離れた後方3番手。しかし、前に壁を作れず、内へ入れたところでコスモジャーベと接触してハミを噛んで行きたがった時点で終了。ウムブルフは好位馬群の中で我慢させていたが、内からシュペルミエールが進出したところで抑えが利かなくなってしまった。

流れを変えたかったが、敢え無く撃沈して依然として負のループから抜け出せず。9月まで回収率90パーをキープしていたのだが、そこから一気に右肩下がりで今の回収率を見るのが恐ろしい(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR