府中牝馬S回顧

馬券で負のループに入った時は何をやっても裏目に出るが、ある特定の騎手を軸で買った時は来ず、ぶった切ってるレースに限って来る事も特徴の一つだ。そう、秋華賞のジュエラーは軸で飛んだが、このレースでは切り捨てたクイーンズリングを勝たせたデムーロが今回のまさにそれだ。

大外だったが出脚が良くてスッと3、4番手。ペースが遅くて行きたがったが、ある程度行かせてから抑えるやり方で折り合いを付け、外へ持ち出した後の坂下からゴーサイン。抜け出してからも追い縋る2着馬をジリジリと突き放す危なげない勝ちっぷり。
東京で実績がなかったのと距離不安から養分と思ってたが、ペースが上がらない状況の中、好位で上手く脚を溜められたのが幸いしてこなす事が出来た。とはいえ、2200mのエリ女は流石に距離が長いので出て来ても買わないだろう。

2着マジックタイムは8キロ増と前走で減った馬体を回復。スタートが良かったのもあって最内からジワッと出しての3、4番手といつもより前目の位置。直線では内から勝ち馬に迫る場面もあったが、坂上からジリジリと離されて3着馬にも迫られた。
1Fの距離延長がカギだったが、道中は距離損のない好位の内目を立ち回れた事でカバー。ただ、同じ距離不安でも一応秋華賞2着の実績と非根幹距離に強い下地があった勝ち馬に対し、典型的なマイル専用機という差が最後に出たと思う。

3着スマートレイアーは先手を取るかと思いきや、最初から行く構えを見せずに好位に控える競馬。勝ち馬を壁にして上手く折り合い、直線も勝ち馬と同じく追い出しを待つ余裕があったが、いざ追い出されるとスパッと切れず。
久々の控える競馬でも上手く折り合い、収穫があったと言えるが、手応えの割に伸びなかったのは休み明けか距離か。この後は香港マイルに登録するようだが、明らかに距離が長いエリ女よりは好走のチャンスがあるかも。

アスカビレンは中団馬群の中に入り、前の3着馬を見ながら脚を溜める形。直線は横のハピネスダンサーに被せられて捌くのに手間取ったが、スペースが空いてからはシュンドルボンを追い比べで競り落として3着馬に迫った。展開が向かなかった中で格上相手に遜色ない走り。重賞戦線で十分に目処が立つ内容。

シュンドルボンはスタートからすぐに後ろに下げて末脚温存。直線は一旦は進路がない状態だったが、外へ持ち出してアスカビレンを併せる形。しかし、ここから伸びようかというところで切れ味が鈍り、アスカビレンに競り落とされた。休み明けで展開が向かなかったにしろ、少々物足りなさが残った。これで変わってくれば良いが。

カフェブリリアントはスタートが幾分甘かったが、内目から挽回して道中は中団のイン。ただ、緩いペースでも折り合いは問題なく、直線も勝ち馬の後ろで追い出しを待つ余裕。しかし、追い出されてからの坂上で勢いが鈍って後続にも交わされてしまった。昨年は3着だったとはいえ、やはりこの距離は長い。

シャルールは内から好スタートを切ったシングウィズジョイの機先を制してハナを主張。やや離したとはいえ、道中は12秒台のラップを4つ並べてのマイペースに思えたが、直線は呆気なく失速しての二桁着順。逃げる競馬が合わなかったのか判らんが、ここまで崩れるとは予想外。

スプリンターズS(正確にはシリウスS)からサッパリ当たらなくなって連敗街道まっしぐら。良かった事はトップガン産駒のテイエムテツジンとブエナビスタの初仔にしてPO馬のコロナシオンが勝った事くらいか。序盤から流れに乗れなくとも、直線でそれを帳消しにするかのような末脚は母譲り。まだ本格的に仕上げて来てない状況でこれだけのパフォーマンスが出来た事で先々が楽しみになった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR