秋華賞回顧(坊や哲クラスのツキが欲しい今日この頃)

それなりに長く馬券を買っていると、何を買っても裏目に出る負のループに突入してる時期が何となく判るようになった。しかも、そのループは結構長く続く。そして、今の俺は秋のGⅠシーズンに突入したこの大事な時期に負のループに突入したようだ。
何処かで取り返さなければという心理から買う予定のなかったレースに手を出し、傷口を更に広げてしまうのが俺の負のループのデフォだが、今日も信越SとアイルランドTに手を出し、前者はハナ差の1着3着(ミスター1400m・トウショウドラフタの単勝が正解だった)、後者はパドックでイレ込んでたマイネルハニーを切って予想段階では当たってた馬連を取り損ねるミス。

もうお分かりだが、秋華賞も当然外れ。紫苑Sでは本命にしたヴィブロスを信用し切れずに評価を下げ、3頭出走してた元PO馬で唯一買ってないカイザーバルが最先着の3着とか、あらゆる予想の取捨が悉く裏目に出てて非常に宜しくない状況。菊花賞で当てないと、今回のループは今年一杯続きそうな気がする(悪い予感程当たってしまうのだが)。


追い切りが微妙に見えた事で評価を下げたヴィブロス。スタートを決めて先行馬を先に行かせると労せずして中団をキープ。緩急の差が大きい不安定なペースでやや行きたがるのを宥めて脚を溜め、4コーナー過ぎからゴーサイン。直線は外からグイグイ伸びて内を掬ったジュエラー、先に抜け出した2、3着馬との追い比べを制した。
最大の勝因はスタートを決めて取りたい位置を取れた事だろう。直線入り口でレッドアヴァンセにブロックされたジュエラーやスタートが甘くてやや後ろの位置取りになったビッシュとは対照的に一貫してスムーズな立ち回りが出来た。スプリンターズSではこれ以上ないくらいやらかした福永だが、今回は好騎乗だったと素直に思う。しかし、やらかした後で結果を出す間の悪さはどうも好きになれんw

2着パールコードは勝ち馬以上に好スタートを決めて好位集団の後ろから。スタンド前でウインファビュラスに寄られたり、途中で3着馬が掛かったりした時もつられる事なく折り合いを付け、4コーナーから3着馬の仕掛けに合わせてスパート。直線半ばでこれを交わしたが、勝ち馬の決め手には抗し切れず。
早い段階で集団の外へ出せたし、道中の立ち回りは勝ち馬よりもスムーズではあったが、この馬は一度も上がり最速をマークしてない。上がり勝負となったのが勝ち馬との明暗を分けた。とはいえ、スムーズに立ち回れば世代上位の存在というのは証明。

3着カイザーバルは後ろに下げて壁を作ろうとしたが、それが上手く行かずに引っ掛かってしまい、2コーナー過ぎでは3、4番手まで進出。何とかダイワドレッサーの後ろに入れて落ち着かせた後はスムーズで上位馬ではいち早く動いて押し切りを図ったが、最後の最後で踏ん張り切れず。
掛かりやすいタイプだけに外枠の2000mは合わないと思って手が回らなかったが、あれだけ前半掛かって3着に粘るとは予想外の大健闘。重賞では3着続きでまだ1000万クラスだが、すぐにでもOP入りできるだろう。

ジュエラーは出して行くかと思ったが、結局は控えて脚を溜める競馬。折り合いもスムーズで流れに乗れたが、不運だったのがずっとレッドアヴァンセに張り付かれて勝負所で外へ出せなかった事。直線は内を掬ったが、春程の切れ味を発揮出来ず。
内枠からどう乗るかが一つの焦点だったが、この馬は位置を取りに行くよりも受け流して溜めるスタイルの方が良いと思ってたので控えたのは問題なかったと思う。ただ、すぐ側にレッドアヴァンセがいて徹底マークをされたのが誤算だった。

レッドアヴァンセはこの馬としては珍しくスタートが決まったのもあって、そのまま中団を追走。道中は前にいたジュエラーを徹底マークし、3コーナーから外へと被せて動きを封じて直線に向いたが、手応えの割に伸び切れず。
良馬場で平坦の京都でパフォーマンスを上げては来たが、後ろで溜めた割に手応えほど伸びなかったのは2000mという距離だろう。軽い馬場のマイル前後という特化した条件で狙う事にする。

パーシーズベストはスタートの出が甘く、ポジション争いでも挽回出来ずに道中は最後方。3コーナーでは早々とズブさを出して追走に手一杯という状況だったが、勝ち馬と同じく最速の上がりを使って直線だけで挽回しての7着。
序盤で後手を踏んだ時点でノーチャンスだったが、それでも能力の一端は見せた。外回りで距離を延ばせば台頭して来る筈。これはデンコウアンジュに言える。予想通り内回りは適性外だったが、エリ女に出て来るなら大穴中の大穴としてツバ付けてるのでこの凡走は全く気にしない。

不可解だったのが全く見せ場のないまま10着に崩れたビッシュ。スタートがやや甘かった事もあって後方からの競馬になったが、向こう正面で外へ出して勝ち馬の後ろに付けてこれをマーク。勝ち馬が動いた4コーナーでは一緒に上がって行くかに思ったが、そこから全く弾けないまま。
輸送を経ても2キロ減にとどまって上手く乗り切ったかに見えたが、初の関西圏のレースで何かメンタルに影響があったのか、どこか故障したのかというくらいの凡走。確かにこれは敗因が判らないとしか言い様がない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR