シリウスS回顧

1度は重賞の壁にぶち当たったが捲土重来。マスクゾロが3連勝で重賞を掻っ攫ってダート戦線に名乗りを上げたのも束の間、その3日後に故障発症で戦線離脱。禍福は糾える何とかとは良く言ったものだ。

滑るようにゲートを出た瞬間「予想通り詰んだ」と思ったが、ダート部分に入って行き脚が付いてハナを取り切ったところで「これはマズい」と外れるのは半ば覚悟。最内枠が仇となって包まれる展開を想定してたが、結果的に芝を走る距離が短かった事が逆に幸い。
単騎で行き切った事で2番手集団も競り掛けなければ、中盤に一息入れてのマイペースとなるのは必定。勝負所からジワジワとペースを釣り上げて逃げ込みを図り、追い縋る2、3着馬の追撃も振り切った。ただ、直線半ばでヨレて2、3着馬に迷惑を掛けてしまい(ここで脚を痛めたか?)、【立つ鳥跡を濁す】といったイメージの悪さは残った。

2着ピオネロはスタンド前で行き脚が付いて内目に入れ、1コーナー手前で内ラチ沿いに付けて折り合いに専念。勝ち馬の後ろで我慢をさせつつもコースロスなく立ち回り、直線でも上手く外へ出せたが、半ば過ぎに寄られる不利。立て直して差を詰めたが、僅かにクビ差届かず。
アレで降着なしとか【一体何処に目を付けてるのだ?】と思いたくもなるが、プラスとは思えなかった右回りの距離延長で器用に立ち回って2着を確保した点では中身の濃い内容と思う。試金石で一定の目処は付いた。

3着アポロケンタッキーはスタートから押して前を取りに行って好位からの競馬。3コーナーから追っ付けて進出を開始し、直線入り口では2番手集団。一旦は内の1、2着馬に振り切られかけ、詰め寄ったところで不利を受けたが、最後までしぶとい伸び脚。
1、2着馬とは1.5キロのハンデ差が出た形だが、大型馬の割に仕上がりが早いタイプらしく、5ヶ月ぶりでも勝負所ではこの馬なりに付いて行く事が出来た。これで1800mにも対応出来れば、ローテの選択肢も楽になるところだが。

ミツバはスタートもそれ程良くなかったが、いつも通り後方に控えての待機策。3コーナーすぎからスパートを開始し、直線は大外から良く追い込んで来たが、人気馬が前に行って残る流れでは流石に追い付くのは無理。自分でレースを作れない弱点が出たが、それでも得意の阪神で一定の目処は付いた。もう少し前がやり合う面子ならチャンスはあるだろう。

カゼノコはこれもスタートの出は今一つだったが、無理する事なく最後方に控えて末脚を温存。外を回ったミツバとは対照的に内を回る作戦だったが、エンジンが掛かりかけたところでトーシンイーグルに寄られて躓く不利。それでも、内から差を詰めて来たが、58キロを背負ってたのもあって形勢をひっくり返す勢いはなかった。

キョウエイギアは11キロ増も太目感はなし。スタートからスッと行き脚が付いて2番手に付けたが、他の馬(メイショウイチオシとか)が思った程前に行かなかったのもあって壁を作れず、少し力みながらの追走。4コーナーでは2、3着馬と共に勝ち馬に迫ろうとしたが、直線で呆気なく失速。壁を作れなかったのも堪えたが、56キロを背負っててももう少し動いてほしかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR