凱旋門賞

いよいよ、日本でも海外のレースの馬券が買えるようになり、その記念すべき最初のレースとなった凱旋門賞。乗せられてるのは承知だが、それでも初物は試してみたいのが悲しい性とでも言うべきか(意味不明)、スプリンターズS用の資金を割いて買う事にする。

さて、これまでの海外レース関係は馬券を買わない(買えない)立場から自分なりの見解や回顧をしていたので競馬雑感というカテゴリーで扱って来たが、今後は予想をして馬券が買えるようになったのでGⅠ予想とGⅠ回顧で扱う事にする。要は地方の交流GⅠと同じ扱い。まぁ自分なりに扱うカテゴリーの線引きなので大して気になさらずに。

◎ファウンド
○ポストポンド
▲ハーザンド
△ニューベイ
△シルバーウェーヴ
△レフトハンド

予想は付いたが、ポストポンドを差し置いて1番人気になってしまうマカヒキは買いづらい。ニエル賞はあまりにも微妙で評価が難しいが、個人的にはキズナやオルフェーヴルのような【これなら本番でも期待出来るぞ】とは思わなかった。勝ったら日本競馬史上初の快挙だけに目出度い話ではあるが、馬券とは切り離す事にする。

突き抜けるかどうかは難しいが、安定感ならメンバー随一のファウンドを本命視する。唯一の大敗を喫した昨年の凱旋門賞は直線は内で詰まってスムーズさを欠いた。セブンスヘヴンが回避して主戦のムーアを確保出来たのも大きい。場所や馬場を問わずに堅実な走りが出来るセールスポイントを買う。

ポストポンドは呼吸器系の疾患でキングジョージを回避し、インターナショナルSからの直行ローテと4歳以上牡馬に課せられる59.5キロが気になって対抗までとしたが、ドゥラメンテを一蹴したドバイシーマクラシックを含め、昨年のキングジョージから6連勝中の実力は中心視して然るべき存在。

ハーザンドは愛チャンピオンSでは他馬と接触して8着に敗れて評価を落としたが、距離が2400mに延長となるここなら巻き返す余地がある。ラクレッソニエール、セブンスヘヴン、アルマンゾルといった3歳の有力馬が軒並み回避したのは好都合だろう。

ニューベイは昨年の凱旋門賞3着。イスパーン賞は休み明けで馬場に脚を取られて大敗したが、続くレースはキッチリと勝ち上がり、愛チャンピオンSでは後方組が上位を占める中で前に行った組で唯一残ったのがこの馬。ポストポンドと同様に斤量は背負ってるが、日本では過小評価されすぎてる。

シルバーウェーヴはニューベイとの対戦成績は分が悪いが、今年は休み明け初戦以外は3着以内に好走。サンクルー大賞とフォワ賞で負かしたのがイラプトとイトウというのが微妙ではあるが、2400mで連勝してるのは好感が持てる。主戦のギュイヨンがレフトハンドに騎乗するのが痛いが、スミヨンなら不足なし。

レフトハンドは相性の良いヴェルメイユ賞の勝ち馬というだけで過剰人気してて正直買いづらいが、マカヒキよりかは買える。メンバー中唯一の3歳牝馬で54.5という斤量の恩恵を受けられるのはやはり有利(来年からは牡馬との斤量差が少なくなるそうだが)。あとはマカヒキより外枠という点がどうか。

馬券はファウンド軸の馬連と3連複という基本の買い方で。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR