セントライト記念回顧

ローズSは2強の一角が崩れてヒモ荒れとなったが、こちらは皐月賞馬ディーマジェスティが人気に応えて勝利し、3着まで人気通りという無風決着。とはいえ、菊花賞に直結するレースかと言えば、正直評価するのが難しいレースと言わざるを得ない。

スタート直後に寄られて挟まれ、道中は後方3、4番手。折り合い重視で中盤までじっくりと構え、動き出したのは外回りの3~4コーナー。外目を捲り気味に押し上げ、直線入り口では早々と先団の一角。ただ、追い出しを待った割に直線は今一つの伸びで僅かにクビ差先着。
パドックではイレ込み、スタートで不利を受けたとはいえ、勝負所から動いて捻じ伏せに掛かる自力勝負(馬の能力を信じての作戦だろうが)に出て直線でモタついたのはあまり良い印象ではない。春当時の力関係からすれば、もう少し離して勝てても良かった筈だ。有力候補ではあるが、菊花賞で軸にする事はないだろう。

2着ゼーヴィントはスタートからジワッと出して行って好位4番手。前に馬を置けなかったが、折り合いも付いて流れに乗り、4コーナーでノーブルマーズと勝ち馬が被せに来たところで一緒に進出。直線では勝ち馬にしぶとく食い下がって差し返そうとする場面も。
戸崎効果(これで10戦連続重賞連対)があったとはいえ、正攻法の立ち回りで折り合いも付き、直線でもしっかり脚を使えたように収穫の多い一戦だった。ただ、休み明けで上積みの伸びしろがある勝ち馬に対して此方は一杯一杯の印象。血統的にも菊花賞は微妙。

3着プロディガルサンは出たなりの競馬でリズム重視の構え。道中は後方からレースを進め、向こう正面で勝ち馬を先に行かせてマーク。勝負所で動いた勝ち馬に合わせて動き、直線で交わしに掛かったところで勝ち馬に寄せられて手前が替わってから伸び切れず。
予想してたのと違う位置取りになったが、今までと違う溜めるスタイルでこれだけ走れたのは収穫。これがあるから田辺の騎乗は見てて面白い。ただ、全兄リアルスティールは菊花賞2着とはいえ、菊花賞はOKと言いづらい血統。本番で過信するのは禁物だろう。

人気薄で健闘したのがネイチャーレット。スタートは良くなかったが、そのまま後方に控えて折り合いに専念。3~4コーナーで先に3着馬に動かれてスムーズに加速出来なかったが、直線は馬群を縫うようにして脚を伸ばした。夏の福島で未勝利脱出したばかりだが、予想以上に地力が付いてる。自己条件なら。

メートルダールはゲートを五分に出て道中は集団後方のイン。道中は行きたがるのを宥めつつの追走だったが、勝負所から器用に馬群を捌いて外目へ進出。直線は3着までありそうな脚色だったが、坂で手前が替わった3着馬に締められて追いづらくなった。
勝負所での捌きは北村宏らしい巧さで直線も途中までは良い伸び脚。馬込みの中で競馬が出来たのも成長が窺える。しかし、不利があったとはいえ、突き抜けるまでの脚はなかった辺り、良くも悪くも春と変わってない。

マウントロブソンは中間の調整が遅れてたのを実証するプラス18キロ。自身のスタートのでも今一つだったが、直後に外から寄られて隣の勝ち馬と接触。中団後方と本来の位置を取れなかったし、勝負所で各馬が動き出したところでも反応一息。如何にも休み明けという内容だったが、菊花賞が向くタイプでもない。

全く旨味のない配当ではあるが、それでもローズSの負け分を取り返してのプラス収支。せめて札幌記念くらいの旨味があればいいのだが、贅沢は言えない。銀行レースでも当てるのと当てないのでは積もり積もれば大分違う。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR