ローズS回顧

午後から雨が上がったとはいえ、終日重馬場と予想以上に悪化した馬場の影響か、シンハライトとジュエラーの明暗くっきり。かと思えば、道悪は合わない筈のカイザーバルが3着に粘ってるし、2強対決を予想してた当方としては予測しにくい結果となった。

人気に応えたシンハライト。課題のスタートも五分に出ると、ゆっくりと下げて道中は中団の一角で折り合いに専念。しかし、3コーナー手前で位置取りを上げようとしたところでレッドアヴァンセにブロックされて位置を取れず。直線でも残り1F手前までエンジンが掛からなかったが、坂上からグイグイ伸びて逃げ込みを図った2着馬を捕まえた。
厳しい競馬を強いられたが、追い込みが利き辛い馬場でも自分の競馬に徹してメンバー唯一の上がり33秒台をマーク。道悪適性も姉リラヴァティ以上で全く苦にしなかった。14キロ増も殆ど回復分。不安材料がないのが逆に不安だったが、反動さえなければ秋華賞はこの馬で決まりだろう。

2着クロコスミアはクィーンズベストの出遅れもあって意を決したようにハナへ。2番手以下も競り掛けて来なかったので平均ペースに持ち込み、隊列が詰まったところで11.7‐10.9とペースアップ。2番手以下を振り切って金星かと思われたところで勝ち馬の強襲に屈した。
走法から道悪巧者っぽいのを2強の相手にチョイスしてたが、ステゴ×ボストンハーバーという道悪鬼血統のこの馬は完全に盲点だった。母デヴェロッペは早熟、自身も2歳暮れから精彩を欠いていれば、そりゃノーマークにしてしまうわ。

3着カイザーバルはスタートを決めてそのまま好位集団から。道中の折り合いもスムーズで流れに乗り、4コーナーでは抑え切れない手応え。直線でアットザシーサイドの外へ出して前を追ったが、交わすまでの勢いはなく、逆に外から勝ち馬に一気に交わされた。
道悪は決して上手くないが、2勝してる阪神のコース適性と道中は内でコースロスなく脚を溜められた事、他の有力馬と違って一回使われた上積みの大きさが上手く噛み合った。ただ、今までの感じでは2000mは少し長い気がする。

デンコウアンジュは道中は中団の一角から。4コーナーでレッドアヴァンセに被せられて先に行かれたが、直線で勝ち馬を外へ押しやって進路を確保して前を追ったが、最後まで手前を替えなかったのもあって前を捕まえる勢いはなかった。
追い切りで幾分太目に見えたのとチューリップ賞の内容から休み明けはそれ程動かないと思って軽視したが、緩さが残る馬体でも格好を付けられたと言える走り。内回りの京都は適性から外れてる印象だが、外回りのエリ女では大穴中の大穴として狙えるかも。

アットザシーサイドはスタートからスッと行き脚が付いて内の2着馬を先に行かせて労せず2番手。道中はそのまま流れに乗り、勝負所からジワッと先頭に並び掛けたが、直線でスパートした2着馬に振り切られると残り1Fで脚が上がった。道悪は苦にしてなかったが、最後に止まったのはやはり距離だろう。ギリギリこなせるかと思ったが、ベストはマイル以下っぽい。

アドマイヤリードはプラス20キロもほぼ成長分。五分のスタートからジワッと後方に下げて道中は勝ち馬を見ながら折り合いに専念。そのまま勝ち馬の仕掛けに併せて動いたが、勝ち馬のエンジンが掛かるとあっという間に振り切られてしまった。最後はそれなりに伸びては来たが、当面は自己条件で出直しだろう。

レッドアヴァンセもプラス18キロと馬体を回復。スタートから徐々に馬場の良い外へ出して中団から。3コーナー手前で位置取りを上げようとした勝ち馬をブロックし、4コーナーでデンコウアンジュの外へ被せる等、要所要所で豊の巧さが出ていたが、直線は手応えの割に止まるのが早かった。やはり軽い馬場向きで道悪だと切れ味半減。

ジュエラーはプラス10キロも、シンザン記念と同じ馬体重で回復した感じ。スタートから意識的に前を取りに行って好位に付けて折り合いもスムーズ。直線は馬場の真ん中から伸びて来るかに見えたが、レッドアヴァンセと同じようなところで脚が上がって失速。
正直、この馬の道悪適性を考慮するのを忘れてたが、こういう時に限って道悪適性は全くなかったりする。それと、道悪下手であっても止まるのが早かった辺り、前半を受け流して溜めるスタイルの方が良い印象。昨年のクイーンズリングと同じ負け方で本番で差しに回るなら巻き返す可能性が高いと思う。

紫苑Sは消化不良な競馬で連闘策。逃げ馬不在のここなら単騎逃げでしぶとさを発揮出来ると思ってたクィーンズベストだが、スタートで出遅れて僅か1秒で詰んだ。藤岡兄弟は兄も兄なら弟も弟か。だから、ビッグアーサーで重賞を勝てずに降ろされるんだよ。

ラベンダーヴァレイはスタートからかなり外へ持ち出されて落ち着かせてから集団に取り付く作戦だったようだが、前走で1200m戦を使った事で気性が短距離馬のそれになってしまってた。馬場も合わなかったが、今後は短距離路線を歩ませるしかない。

馬券は2強が普通に来るだろうという買い方だったので当然外れ。まぁジュエラーが早々と失速した時点で諦めは付いた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

シンハライトは着差以上に強い勝ちでした。セントウルSのアースソニック、ローズSのクロコスミアの騎乗見た感じでは、岩田騎手は大分乗れてきたのではないかと考えてます。今まではノーマークでも良かったですが、注意しないと駄目ですね。

Re: タイトルなし

レース回顧でも書いたようにシンハライトは余程の事がない限りは崩れないでしょうね。
岩田はまだ復調途上という感じだけど、逆に穴狙いで買うには丁度良いかもですね。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR