ジェンティルドンナ、顕彰馬に選出。橋口弘次郎元調教師、顕彰者に選出。

レース回顧やリーディングサイアーといったいつものコーナーに加え、日本馬の海外遠征とかが重なってそちらを優先した結果、書く時期を逸したのは否めないが(今週は色んな事がありすぎた)、今年度の顕彰馬と顕彰者の選定について触れておく。

顕彰馬の方はジェンティルドンナが一発ツモで史上32頭目の顕彰馬に選定。史上4頭目の牝馬3冠、オルフェーヴルとの一騎打ちを制したジャパンC、苦しい位置取りから鬼脚炸裂したシーマクラシック、引退レースで有終の美を飾った有馬記念・・・ブエナビスタに比べて競走生活後半は安定性を欠いてはいたが、ここぞという場面で勝ち切れた勝負強さは歴代の名牝と比べても最上位と言える存在だろう。
元PO馬とあってクラシックから引退するまでずっと応援し続けて馬券でも良い思いをさせてもらったが、また一つ喜びをもたらしてくれた。あとは産まれて来る子供から活躍馬が出てこの血統が更なる発展を遂げてくれたらいいなと思う。

ロードカナロアはまたしても基準値に届かず2年連続の次点。来年はゴールドシップが選考馬の対象となるので3年連続次点に甘んじそうな気がするが、遅くとも再来年には選出されるだろう。その次がブエナビスタとスペシャルウィーク親子か。


顕彰者はこれまではJRA創立50周年、60周年の記念事業の一環として合わせて16人の騎手や調教師が選出されてたが、昨年度から記念事業の一環としてではなく、基準を満たした者を対象者として選定手続きを実施する事に変わったらしい。
その第1号としてJRA通算1000勝の基準を満たしてないが(991勝)、国内外でGⅠ11勝、優秀調教師賞を11度受賞し、今年2月末で引退した橋口弘次郎元調教師が選出された。
弟子の高橋亮が干され出した時にもう少し何とかならなかったものかという思いはあるが、90年代から毎年の様に重賞戦線に活躍馬を送り続けた名伯楽の一人だった。
ダンスインザダーク、ハーツクライ、スリープレスナイト、ザッツザプレンティ、ツルマルボーイ、ワンアンドオンリーといったGⅠ馬、ロゼカラーから始まりローズキングダムで一族悲願のGⅠ勝利を成し遂げたバラ一族、リディル、クラレント、レッドアリオンのエリモピクシー3兄弟、ダイタクリーヴァやダイタクバートラムといったダイタク軍団、未完の大器リーチザクラウン、スプリント戦線を賑わせたテンシノキセキとカノヤザクラ・・・重賞馬を挙げればキリがない。改めて顕彰者選出おめでとうございますm(__)m


さて、競走馬の方は条件が緩和されて選出されやすくなったが、騎手や調教師は結構条件がキツい。通算勝利数が騎手は2000勝、調教師は1000勝。GⅠ勝利数が騎手は10勝、調教師は5勝。リーディング1位等の顕著な実績とこれら全ての条件を満たす事が条件らしい。
騎手の2000勝はレース数の増加やリーディング上位の騎手に騎乗馬が集まりやすい現状から可能な条件だが、調教師の1000勝はかなりキツい。現役では藤沢和雄一人しかおらず、次の到達者は数年先まで出ないだろう。

既に引退した騎手や調教師でもこの条件を満たしているのは限られている。昨年の段階では条件が緩和されてはいたが、それでも数人程度だ。ただ、橋口元調教師みたいに1000勝に到達してなくても選出されたように、通算勝利数は目安程度に考えた方が良いかもしれない。
毎年誰かが選出されるわけではないが、選出されそうな人、されてもいい人を挙げてみる・・・田原成貴と藤田伸二はまず無理だろうw

騎手
増沢末夫(JRA史上初の2000勝騎手。ハイセイコーの主戦)
加賀武見(通算1352勝。リーディング1位7度獲得。旧8大競走は皐月賞以外全て勝利)
南井克己(通算1527勝。タマモクロス、オグリキャップ、ナリタブライアンの主戦)
的場均(通算1440勝。GⅠ13勝。ライスシャワー、グラスワンダーの主戦)
安藤勝己(通算1111勝。GⅠ22勝。元地方競馬所属騎手として初の1000勝到達)
武邦彦(通算1163勝。旧8大競走10勝。引退時は関西所属騎手で最多勝)
調教師
伊藤修司(通算1223勝。管理馬にスーパークリーク、グランドマーチス、ハギノトップレディ)
大久保房松(管理馬にカブトヤマ、トキツカゼの顕彰馬2頭。弟子に郷原洋行、的場均)
池江泰郎(通算845勝。管理馬にメジロマックイーン、ステイゴールド、ディープインパクト)
瀬戸口勉(通算864勝。管理馬にオグリキャップ、ネオユニヴァース、メイショウサムソン)
松田博資(通算800勝。管理馬にブエナビスタ、ベガ、アドマイヤドン)
小林稔(通算899勝。管理馬にフサイチコンコルド、アドラーブル、タケノベルベット)
白井寿昭(通算775勝。管理馬にスペシャルウィーク、ダンスパートナー、アグネスデジタル)

殆どの人が勝利数は足りてないが、実績面を鑑みれば選出されても不思議ではないと思う。そもそも、競走馬の方は1984年から顕彰制度が始まって毎年投票が行われるのに対して、関係者に対する顕彰はJRA創立50周年、60周年の記念行事の一環としてしか選出されなかった。JRAはもっと関係者に対するリスペクトをしてほしいと思うのだが。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR