新潟2歳S回顧

ロゴタイプ以降、なかなか重賞に手が届きそうな産駒が出なかったローエングリンにヴゼットジョリーという二の矢が誕生。昨年辺りからロゴ効果が切れかけてるローエンの種付け生活への援護射撃となってくれたら良いが。

スローペースとなった前半は行きたがる素振りを見せ、馬群の中で宥めるのに一苦労。3コーナー辺りから折り合いが付いて脚を溜め、直線に向いてから徐々に仕掛けつつ外へ。残り1Fで先頭に立ち、2着争いを尻目に最後は手綱を抑える余裕の完勝。
序盤は行きたがってたし、ベルルミエールの半妹という血統だけにこれ以上距離が延びてどうかという不安はあるが、少なくともマイルまでなら溜めてしっかりと脚を使えるのが判った。ロゴタイプもそうだが、スピードの持続力で勝負する印象。

2着オーバースペックはゲートの出があまり良くなく、道中は最後方の外目で折り合いを付ける事に専念。直線はジワッと大外へ持ち出して残り2Fを切った辺りでスパート。ただ1頭上がり32秒台をマークし、ゴールまで単独2着を確保。
ペースが落ち着いたのが誤算だったが、デビュー2戦と同様に終いに徹するスタイルで持ち味の切れを引き出せた。位置を取りに行くと掛かるらしく、ゲートの出も良くないので必然的に展開に左右される脚質になるのは仕方ない。

3着イブキは好スタートからスンナリと好位へ。ハナを主張した5枠2頭を先に行かせて壁を作って折り合いを付け、直線はその2頭の内から脚を伸ばして一旦は先頭。しかし、残り1Fで勝ち馬に一気に交わされ、ゴール前で2着馬にも差し込まれた。
ソツのない立ち回りは出来たが、最後は切れ負けした感じで持続力と持久力が活きる流れの方が良さげ。距離も1800m以上の方が良い感じに思える。大崩れはなさそうだが、詰めが甘い印象。

アピールバイオはスタートから気合を付けてハナへ。道中はスローペースに落として十分に息を入れ、直線は内ラチ沿いを嫌って馬場の真ん中へ。4頭並んだところでは最も劣勢だったが、そこからしぶとく踏ん張ってゴール前で差し返しに行った。スローに落とし過ぎたきらいはあるが、なかなか味のある競馬。

1番人気モーヴサファイアはプラス12キロと幾分太目残り。ダッシュは鈍く、二の脚で挽回を図ろうとしたが、他の馬に比べて行き脚が鈍くて結局は後方からの競馬。直線は他馬が避けた内を突いて脚を伸ばそうとしたが思うような脚は使えずに流れ込む程度。ハービンジャー産駒だけに新潟の上がり勝負は向かなかった印象。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR