日本馬の韓国遠征で思うこと

以前、JRA所属馬として初の試みとなったエスメラルディーナの韓国競馬遠征について取り上げた事がある。
JRAのOPでは頭打ちだったエスメラルディーナが、韓国で人気に応えて勝利し、決して安くない賞金(2400万くらいだったか?)を手にした事を受けて「条件さえ合えば第二、第三のエスメラルディーナが出て来ても不思議ではない」と書いたが、それは現実のものとなり、今後は日本のダート馬の海外遠征に韓国という選択肢の定着が現実味を帯びてきそうだ。

今年1月、韓国がパート2国に昇格する事を見越して(7月に昇格)創設が発表され、来月11日に施行される国際競走コリアカップ(ダート1800m)とコリアスプリント(ダート1200m)。カップにはクリソライトとクリノスターオー、スプリントにはグレープブランデーとミリオンヴォルツがそれぞれ選出されて受諾。鞍上はクリソライトとミリオンヴォルツは韓国で騎乗してる藤井勘一郎、グレープブランデーはペプシこと吉原寛人、クリノスターオーは主戦の幸英明を予定。
なお、日本以外にもアメリカ、シンガポール、香港、アイルランドからも招待を受託した馬が何頭かおり、日本に馴染みがある馬としては昨年日本にも遠征して来た香港のリッチタペストリーとガンピットが受託。
ガンピットはチャンピオンズCやドバイWCでの結果を見る限り、クリソライトやクリノスターオーの敵ではなさそうだが、リッチタペストリーはドバイ以来の休み明けとはいえ、実績的にはコリアスプリントの目玉的な存在で日本馬の強敵となるだろう。

1着賞金はカップが約5000万でスプリントが約3500万。日本馬にしてみればGⅠより少ないとはいえ、GⅡGⅢ相当の賞金。ましてや、韓国はパート2国に昇格したばかりでレーティング的には格下も良いところ。芝主体のヨーロッパは兎も角、アメリカの一流どころも当面は来なさそうな状況(招致する事すら憚られるだろう)。
流石に日本馬でも本当の意味でのトップクラスが来る事は当分ないだろうが、グレープブランデーやクリソライトみたいにトップクラスから落ちて来た高齢馬、ミリオンヴォルツみたいにOP入りして間もないレベルの馬にしてみれば、レーティング的にほぼ互角の香港馬さえ負かせばエスメラルディーナの様に確実に賞金を稼げるレースと言える。

逆にパート2国に昇格した韓国としては、これまでの国内GⅠよりも多い総賞金の国際招待レースを設立し、国際重賞の基準を満たす為にパート1国でありレーティング的にも基準を満たしてくれる近隣の日本や香港の馬を招致してレースレートを高めたい。暫くは草刈り場となるであろうが、やがては日本や香港に追い付き追い越せという確固たる目標が出来る。
ジャパンC創成期もこんな感じだったのだろうかと想像してしまうが、果たして韓国競馬と日本競馬の繋がりはどうなっていくのか?少なからず注目して行こうかと思うが、個人的にはJRAは高みの見物を決め込んでる暇はないと思う。創設時の目標を果たしたは良いが、香港国際競走の成功と共に形骸化して欧米からは見向きもされなくなったジャパンCみたいな前例があるのだから。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

私も同じ意見です。JRAはもっと危機感じて何らかの対策しなければいけない時期だと考えてます。

Re: タイトルなし

少々飛躍しすぎた考えという認識はありますが、20年前は認知度が低かった香港競馬の発展をみれば、韓国競馬もこれに続くんじゃないかという可能性はあると思うんで。その内、日本競馬に韓国の馬が遠征して来る可能性はあるでしょう。
まぁダート主体なんで最初は南関辺りかと思いますが。エスメラルディーナより先に南関所属馬が韓国競馬に参戦してて南関と韓国は交流を持ってるし。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR