My Favorite Horse Vol.27 ハクサンムーン

5年前の朝日杯FS。直線半ばで一杯になり、馬群に沈んでの殿負けに終わりながら、二の脚の速さでスタートの出負けを帳消しにしてハナを取り切ったスピード能力の高さに「上手く育てればスプリンターとして化ける」と当ブログで評価した。それが旋回癖を持つ個性的なスプリンター・ハクサンムーンとの出会いだった。

逃げ一手の脚質ながらスタートは上手くなく、むしろ若い頃はいつも出負け気味。しかし、注目する切っ掛けとなったケタ外れに速い二の脚の加速力でハナを取り切るという従来の同型馬とは違うタイプだったのも琴線に触れる要因だったのかもしれない。

だが、陣営には3歳春の時点では距離適性を伸ばす意図があったのか、1400mで控える競馬を試みられた事もあった。しかし、その試みはいずれも失敗に終わり、デビュー7戦目で後の盟友となる酒井学とのコンビで逃げ切ると、逃げ一手のスプリンターとしての道を歩む事になる。

とはいえ、類い希なるスピード能力の高さを随所に見せつつも、逃げ一手という脚質故に自分のリズムを崩されると脆かったのもあって、気になる存在でありつつも馬券で軸にしたのは試行錯誤してた条件馬時代と4歳のアイビスSD、6歳のセントウルSしかない。
展開面や馬場を考慮して予想では無印にしたレースも何度かあった。逃げ潰れる事もあったが、予想に反して逃げ粘って好走すると「やっぱり、この馬は自分のリズムで行き切らせると怖いなぁ」とケレン味のないスピードを再確認して、次走はまた注目するという繰り返しだった。

キャリアを振り返ると一番強かったのは4歳だったと言える。この年は初戦のオーシャンSで9着と逃げ潰れた以外は全て3着以内に好走してる。
特にスピード能力の高さが直千競馬にリンクしてたアイビスSDと休み明けで8分の出来とはいえ絶頂期だったロードカナロアを完封したセントウルS、前半3F32.9で入りながらもロードカナロアの2着に粘ったスプリンターズSは完成期に差し掛かった印象を与え【ロードカナロア引退後はこの馬の時代になる】とさえ思ったが・・・
まさか、セントウルS以降は2着に粘る事はあっても1勝も挙げられないとは夢にも思わなかった。GⅠを勝てる能力を持ちながらピーク時がロードカナロアと被るという、生まれた時代が悪かった的なポジに収まるとは・・・競馬に限らず、勝負の世界の残酷さを感じずにはいられない。

5歳の高松宮記念は出遅れが祟って5着、スプリンターズSは玉砕覚悟で競り掛けられて本来の逃げを打てずに大敗。6歳の高松宮記念は番手からでもリズムを守れた走りで押し切れるかと思わせたところで世界トップクラスのスプリンターエアロヴェロシティの鬼脚に屈し、スプリンターズSではリズムを欠いた逃げで失速。結果的に引退レースとなった今年の高松宮記念は逃げ争いで共倒れとGⅠでは悉くツキに見放された感じだった。

秋のGⅠ戦線に備えて帰厩したが、条件面が上がって来なかったのと7歳という年齢を考慮されて引退する事が急転直下で決まった。今後はアドマイヤムーンの後継種牡馬として優れたスピードを産駒に伝えてほしい。お疲れ様でしたm(__)m

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR