函館2歳S回顧

中京記念は本命対抗ズバリだったが、函館2歳Sは函館記念でクソミソにこき下ろした三浦に勝たれ、穴で狙ったフクノクオリアは出遅れて流れに乗れず他馬に迷惑を掛けただけという、なかなか酷い予想に。これだからこの時期の2歳戦は難しい(すっとぼけ)

パドックで「これで鞍上が三浦でなければなぁ」という気配の良さだったレヴァンテライオン。好スタートから内の馬の出方を窺って3番手。4コーナーでは抑え切れない手応えで先頭に並び掛け、直線は外へヨレながらも2着馬の追撃を退けてのレコード勝ち。
外へヨレたのは兎も角、デビュー戦から8キロ絞れて締まって見えた様に一度叩かれての上積みも大きかった。早熟という感じでもなさそうだし、距離の融通性もありそう。秋デビュー組との対決でも見劣りはしないように思える。

2着モンドキャンノは序盤のポジション争いで内外からスペースを狭められた事で少し力みながらの追走。勝負所では少し包まれる形となったが、直線で外へ持ち出し、勝ち馬がヨレて出来た内のスペースに突っ込んだが、あと半馬身差から追い付くまでには至らず。
スムーズに立ち回れた勝ち馬とは対照的に前半で厳しい競馬を強いられたが、それでも最後はしっかり脚を使って伸びて来て最低限の格好は付けられた。典型的な短距離血統なだけに、これ以上距離が延びてどうか。

3着タイムトリップはスタートが甘くてデビュー戦の様に逃げられず。しかし、二の脚で好位にまで挽回して内目のポケットでロスのない立ち回り。直線も内を突いてあわやの場面を演出。好位から競馬が出来たのは収穫だが、その割には追ってあまり味がないようにも感じた。経済コースを立ち回れた恩恵も大きく、過信するのは禁物か。

メローブリーズはこれもスタートで出遅れたクチだが、行きっぷりが良くて中団まで挽回して2、3着馬を見ながらの競馬。直線では上手く馬群を捌いて内目から脚を伸ばして来た。序盤の位置取りの差が出た形だが、競馬が上手なタイプで脚もしっかり使えてる。3着馬よりも走って来そうなイメージはあった。

ドゥモワゼルは14番枠が祟って終始外を回らされる形。4コーナーでもかなり外を回って追い上げざるを得ない形で直線はジリジリとした脚しか使えずじまい。馬格がないので12キロ増は良い傾向だったと思うが、差し馬にはキツい展開と枠に泣かされた形。

バリンジャーは後方からの大外ブン回しで良く追い上げたが、スタートで大きく出遅れた時点で勝負あった。ロイヤルメジャーやガーシュウィンはテンに行けなかったり外枠で壁を作れなかったりとキャリアの浅さがモロに出た形。

2、3着辺りに差し込んでくれないかと期待したフクノクオリアはスタートで出遅れてしまい、後は追走に手一杯。4コーナーで斜行して他馬に不利を与える後味の悪い結果になった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR