平安S回顧

出走していれば不動の本命になったであろうアウォーディーの回避で目の上のたん瘤がいなくなったアスカノロマンが後続に5馬身差を付ける大楽勝。ブービーに沈んだ昨年から著しい地力強化を証明する一戦だった。

押してもハナへ行けないショウナンアポロン、包まれない事を優先したクリソライトの出方を見て外枠から迷う事なくハナへ。前半をゆっくり入り、3~4コーナーでペースを上げて後続に脚を使わせ、直線は2着争いを尻目に悠々自適の一人旅。
2番手以下のプレッシャーもそれ程キツくなかったマイペースとはいえ、なかなか強い勝ちっぷり。今回は先手を奪ったが、ハナや番手に拘らない自在性の利く先行脚質は帝王賞でも面白い存在になりそう。

2着クリノスターオーは勝ち馬の二の脚の速さもあって、無理に競り掛けずに2番手の外目をキープ。勝負所でいつものズブさを出して勝ち馬に引き離されはしたが、直線は馬群に沈みそうで沈まない粘り腰を駆使して辛うじて2着を死守。
勝ち馬のペースアップについて行けなかったが、前走から斤量・コース・鞍上と条件が好転した事で粘りが増した。時計の掛かる平坦コースで幸が騎乗という条件さえ揃えば実にしぶとい。

3着クリソライトは最初から先行策を取らず、包まれない様に内から外へ持ち出して好位集団の外目から。勝ち馬のペースアップにも対応して外目からジワジワ動いたが、元々切れる脚を持ってないので2着馬を交わせそうで交わせないまま。
もう一つ前の位置を取れていれば2着はあっただろうが、中央ではスピード力が不足しつつあるだけに動きたい時に動ける外目の確保に出た川田の判断は良かったと思う。帝王賞でなら勝ち馬との差は詰められるかもしれない。

サンマルデュークはスタートもあまり良くなかったのもあって道中は離れた最後方で死んだふり。4コーナーでもまだ最後方にいたが、直線は大外からただ1頭上がり35秒台の末脚を駆使して2着争いに急接近。
勝ち馬が勝負所でペースアップした事で脚を使わされた好位集団の脚色が止まりかけたのもあったが、3度目の重賞で持ち味を出せた。展開待ちの脚質ではあるが、ハマれば一発の激走があっても。

トラキチシャチョウは相変わらずもっさりした二の脚で道中は集団からやや離れた後方2番手を追走。4コーナーのコーナリングで漸く集団の後方に取り付き、直線は大外から良い伸び脚を見せたが、最後は少し甘くなって惜しくも掲示板を逃した。
危惧してた通り、ややゆっくりだった前半のペースにすら全くついて行けなかったが、それでも勝負所から追っ付けて上がって行くいつものスタイルで見せ場は作った。出来る事なら、ここらで一息入れて秋に備えてほしいところだが・・・

ロワジャルダンは無理する事なくスッと好位ののインをキープ。折り合いもスムーズで流れに乗れてるかに見えたが、勝負所で砂を被ってから嫌気を出したか頭が高くなりかけ、残り1F辺りでパタッと止まってしまった。この距離は微妙に長かったというか、昨年秋からの連戦で疲れが溜まってたのかもしれない。

ドコフクカゼは一団の最後方で末脚を溜める競馬だったが、直線は全く伸びる気配がないままで良く判らない惨敗。ショウナンアポロンは出鞭を入れて前へ行こうとしても行きっぷりが悪くて何も出来ず。10キロ減で本調子になかった感じ。

勝ち馬が予想以上に強かったのとロワジャルダンとドコフクカゼの不甲斐なさが誤算だったが、本命馬はほぼ読み通りの競馬でしぶとく連対を果たしてくれて馬連の本線は取れたのでヨシとする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
50位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR