かしわ記念回顧

フェブラリーSで既成勢力を一蹴したモーニンと敗れたとはいえ末脚の破壊力を示したノンコノユメ、距離不足の印象はあるが遅れてきた中距離路線の新興勢力サウンドトゥルーの3頭初顔合わせで差し比べになるんじゃないかと思っていたら、前残り馬場とコーナー4つのコース形態に祟られて3頭全て末脚不発と馬券を買ってなくて助かった結果に。

ここ3戦が自分の型に持ち込めず精彩を欠いてたコパノリッキー。最内枠からのスタートが甘かった時点で終了かに思えたが、揉まれない外目へ持ち出す事に成功。宥めつつ逃げたソルテの番手に付け、4コーナーで並び掛けると直線半ばであっさり先頭に立ち、あとは離す一方の快勝。
出負けしても慌てず、ベストウォーリアに締められないように小脚を使って外目を取り切り、馬のリズムを損なわない様に折り合いを付けた豊は流石である。馬の方も自分のリズムで行ければ簡単に止まらない事を証明出来た復活の勝利と言える。まぁ今回はホッコータルマエがいなかった事も幸いだったが。

2着ソルテはスタートを決めると迷う事なく前に行ってコパノの前に入ってハナへ。そのままマイペースに持ち込んだが、誤算だったのが封じた筈のコパノが4角で被せに来た事。直線で競り落とされると抵抗出来なかったが、それでも他の中央勢の追撃を凌いで2着に粘った。
交流戦には目もくれず南関重賞で連勝してたので半信半疑な部分はあったが、ホッコータルマエがいればベストメンバーという中央馬相手にフリオーソ以来の連対を果たしたのは立派。絡まれなかったのもあるが、絶妙なペース配分だったペプシも流石の好騎乗。

3着ベストウォーリアはコパノを封じ込める事には失敗したが、単独の3番手に付ける積極策。4コーナーで前を捕まえに掛かり、直線入り口では並び掛ける手前まで詰めたが、そこから突き放されて最後は2着馬と脚色が同じになった。
1コーナーに入るまでに戸崎もコパノを封じようとしたが、あれ以上序盤で脚を使えば最後まで持たなかっただろう。左回りの1400~マイルでの安定感は流石だが、トップレベル相手にこれ以上のパフォーマンスは望めないかもしれない。

ノンコノユメはスタートで伸び上がる様に出て立ち遅れたが、そこから挽回して道中は中団後方の外目。勝負所でズブさを出して先に動いたサウンドトゥルーからも離され、直線は大外から脚を伸ばしたがエンジンが掛かった時には大勢が決してしまっていた。
それなりに格好は付けたが、小回りの地方だとマイルは脚が溜まり切らず切れが鈍るみたいなのでもう少し距離があった方が良いだろう。帝王賞でならまだ巻き返しが利きそうだが。

サウンドトゥルーはスタートを五分に出れたし、この馬なりに出して行った事もあって置かれる事もなく中団後方のインをキープ。勝負所ではノンコノユメに先んじて先団に迫ったが、そこからの伸びを欠いてノンコノユメにも先着を許す結果に。
久々のマイル戦で脚が溜まらなかったのもあるが、休み明けで11キロ減ってたように本調子になかった印象。前に行った組が上位を独占するペースも向かなかった。

まさかの走りだったのはノンコノユメと共に抜けた人気になってたモーニン。スタートで後手を踏んで好位を取る事が出来ず、道中もおっつけ気味の追走。それなりに格好を付けたノンコノユメやサウンドトゥルーと対照的に何の見せ場もないままの惨敗。
コーナー4つの小回りに戸惑った面もあるだろうが、この馬も休み明けで12キロ減。サウンドトゥルーも本調子になかった感じだが、それ以上に本調子になかった印象。2頭共、明らかに調整失敗だったのではないだろうか?

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR