皐月賞

◎マカヒキ
○リオンディーズ
▲サトノダイヤモンド
△エアスピネル
△マウントロブソン
△ディーマジェスティ
△ナムラシングン

マカヒキは3強対決となった弥生賞で他の2頭を正味2Fだけで粉砕。特に11.3‐11.3と最後までしっかり伸びてたリオンディーズを差し切った決め手は圧巻。勝負所からスッと動ける反応の速さは後手に回る公算が高いスタートの甘さを帳消しに出来る。1週前に猛時計を叩き出し、最終追い切りは坂路で流す程度だったが、馬場を考慮すればそれでも速い。後はテン乗りの川田が上手く乗ってくれれば。

リオンディーズは弥生賞では折り合いの難しさを露呈して目標にされた節はあるが、地力の高さを示す2着である意味では負けて強しと取れる。今回は中盤に極端にペースが緩むとは思えないし、折り合いに重点を置いた追い切りの様子から、休み明けを叩いてガス抜きがしっかり出来たとみる。折り合えるようならマカヒキを逆転する可能性は大いにある。

サトノダイヤモンドはマカヒキ、リオンディーズと初対決、初の関東圏の輸送に加え、小回りの中山に対応出来るか未知数な部分はあるが、操縦性に優れたタイプでこれまで殆ど鞭を使わずに勝ってるスケール感の大きいパフォーマンスは本物。しかし、ハクタイセイ以来勝ち馬が出てないローテ、タニノムーティエ以来勝ち馬が出てない馬番、そして大殺界とも思えるルメールの勝負運のなさがどうしても引っ掛かる。

エアスピネルは朝日杯と弥生賞でリオンディーズとは大きく水を空けられた印象だが、それでも後続は大きく引き離しており、同世代間でトップレベルの位置にいるのは疑いようがない。序盤にやや不安を残すが、立ち回りの巧さを活かして早めに動いて行けるようなら3強の一角を崩す可能性は大いにある。

マウントロブソンはレースレベルでは弥生賞より数段落ちてたとはいえ、中山向きの機動力を有し、しぶとさを活かして勝ち切ったスプリングSはある程度評価する必要がある。切れ味勝負になると分が悪いのは明白だが、多少降ると思われる雨を味方に付けられれば面白い存在になるかも。

ディーマジェスティはコースロスなく立ち回りたいタイプだけに大外枠は確かにマイナス材料だが、3走前の東京2000m戦では14番枠を引いてマウントロブソンに勝利。マークがすっかり緩くなってしまった共同通信杯組とはいえ、デビューしてからいずれも上がり最速。これも多少なりも馬場が渋った方が良いタイプ。

3着以下を8馬身千切った若葉S組からは勝ち馬のアドマイヤダイオウがゲート再審査で変則調整を強いられたので京成杯でも狙ったナムラシングンを再度狙ってみたい。京成杯では出遅れた上にペースも緩くなって流れに乗り損ねたが、力任せに追い上げて上がり最速。スタートを五分に出れば。

馬券は三つ巴馬券で手堅く当てに行くのが基本線。それにマカヒキ中心とした3連複流し。あと、3連単は◎→○▲→△△△△と◎→△△△△→○▲という3強でスンナリ決まらなかった2パターンで買ってみる。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

今日は(*^o^*)

◎14ロードクエスト
〇03マカヒキ
▲16リオンディーズ
△11サトノダイヤモンド
◎単勝複勝。
3強にはかなわないと思いますが、ロードクエストの応援馬券のみ。

Re: 今日は(*^o^*)

池添は着狙いよりも勝ちに拘りましたね。坂で止まったけど、狙いとしては面白かったイン突きだった。
NHKマイルCで改めてというところでしょうか。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR