桜花賞回顧

断然人気のプレッシャーに押し潰されたのか?メジャーエンブレムの持ち味を殺した消極策の騎乗しか出来なかったルメールには心底ガッカリ。自分でレースを作れる馬なのに「展開が向きませんでした」とかお前は何を言ってるのだと。一番やってはいけないレースに付き合ってどうする。

序盤のポジション争いで事実上の終戦だった。確かにスタートはそれまでに比べて速くはなかった。しかし、この時点ではまだ主導権を取ろうと思えば取れた。しかし、日和ってソルヴェイグを先に行かせた結果、細かい不利を受けて好位のインに押し込められて揉まれるという、全く経験のないレースを強いられた。
このまま3コーナーまで動くに動けず、4コーナーで外へ出して直線での進路を確保しようとしたが、ラベンダーヴァレイがブロックして思うように馬群を割れず。何とか前をこじ開けて脚を伸ばして来たが、チューリップ賞の1、2着馬相手に瞬発力勝負で勝ち目などあろう筈もない。
内枠から先手を取り、淀みなく引っ張って持続力と持久力が要求されるペースを作り、後続の決め手を封じるというのが持ち味だった筈だし、恐らく大多数の人がそう乗るだろうと思ってた筈だ。
それを安全策で行こうとしたのか判らんが、中途半端な競馬が結果として悪手となり、そこから後手後手に回って持ち味を殺すという日本人騎手であれば即クビの糞騎乗としか言い様がない。積極策を取らない限り、オークスで巻き返す可能性は低いだろう。

ダイワスカーレット、マルセリーナ、ジェンティルドンナと継承して来たシンザン記念との関連性を無事に繋げたジュエラー。スタートはそれ程速くなく、道中は後方2番手で末脚を温存するという、これまでと同じスタイル。
折り合いもスムーズで3コーナーまで溜めに溜め、4コーナーから外を回ってジワッと進出。直線は大外から持ち前の末脚でグングン伸び、先に抜け出した2着馬をゴール寸前の首の上げ下げで競り落としてチューリップ賞の借りを返した。
半姉ワンカラットは明らかに距離に限界があったが、この馬は折り合いが付くようになったし、今日のような瞬発力勝負になるのであればオークスは大丈夫かもしれない。しかしまぁ、これで親子3代GⅠ制覇となったが、その3代全てに騎乗したデムーロは【持っている】としか言い様がない。

2着シンハライトはここ2戦に比べてゲートは出た方。そこから意識的に出して行って位置を取りに行き、中団外目に付けると当面の相手であるメジャーエンブレムを内に見ながらという絶好位。勝負所で蓋をする形で先に仕掛け、スムーズな形で一旦は先頭に躍り出たが、最後の最後で勝ち馬の強襲に屈した。
メジャーエンブレム1頭を相手に定め、マーク屋に徹しつつも尚且つ勝ちに行く池添の良さが出た騎乗であったが、それが故に先頭に立つのが気持ち早くなった。しかし、操縦性に関しては末一手のジュエラーより上。オークスでは安定性を求めて軸にするなら最適かも。

3着アットザシーサイドは出たなりの競馬で中団の一角。ペースが想定よりも遅かったのもあって途中からマークする相手を目の前の2着馬に定め、4コーナーで動いた2着馬に合わせて進出。直線で一旦は並び掛けようとしたが、そこからの切れ味が鈍って逆に離された。
序盤にもう少し前を取る意思を見せていれば2着馬の位置は取れたかもだが、マークする相手を切り替えてからの決め打ちは良かったと思う。この一族にしては距離の融通性はあるが、今回10キロ減って幾分巻き上がり気味にも見えた。オークスは馬体の回復が鍵。

アドマイヤリードは17番枠もあってか、最初から行く意思を見せる事なく後ろに下がって集団からやや離れた最後方で死んだふり。そのまま4コーナーまで動かず、直線は大外から脚を伸ばして勝ち馬に次ぐ上がりをマーク。極端な決め打ちであったが、チューリップ賞殿負けから良く巻き返したものだ。ガサがないのでトライアル→オークスで余力が残るか微妙だが、今後に一定の目処は付いた。

ラベンダーヴァレイは外枠からスタートを決めるとジワッと出て好位の外目。そのまま流れに乗ってレースを進め、4コーナーからは外へ進路を確保しようとしたメジャーエンブレムをブロック。こじ開けられた後も暫く食い下がったが、最後は切れ負け。
見せ場は作ったが、オークスの権利は取れず。トライアル、オークスの連戦となると輸送が絡むので出来れば無理せず自己条件から仕切り直すのも手だろう。もう少し成長を待ちたい。
何やら直線でメジャーエンブレムをブロックした戸崎が非難されてるようだが、逆にスンナリ進路を譲っていれば「戸崎は今すぐにでも調教助手になった方が良い」とこき下ろしてたし、むしろ逆にあのブロックで戸崎を見直したわ。
人気馬だからこそ簡単に勝たせないよう最善を尽くすのが騎手として勝負師として正しい選択肢であり、戸崎は至極当たり前の騎乗をしたまで。そもそも、勝負所から被せれる競馬を強いられた元凶は一体誰にあるのだ?と。中途半端な消極策に出て後手に回ったルメールではないのか?と。

レッドアヴァンセはいつも通りというか、勝ち馬と同様にスタートの出は良くなく後方からの競馬。メイショウスイヅキがフラついて幾分スムーズさを欠いたが、4コーナーで勝ち馬より先に動いて末脚を伸ばしたが、残り1F手前で脚が上がった。回復したと思われた馬体が2キロしか戻らなかったし、現状では軽い馬場専用機という感じ。秋以降の成長待ちというところか。

デンコウアンジュはこれもスタートの出が良くなく後方から。道中は内でジッとしてて直線でも内を狙ったが、見事に進路がなくて右往左往してる内に終わり。ソルヴェイグはメジャーエンブレムのハナを叩いたまでは良かったが、直線では外の馬が内に来た事でスペースを潰されてクシャクシャにされて終わり。

取る選択肢がなかったのもあるが自分の型を崩さなかったデムーロ、マーク屋に徹しつつも勝ちに行った池添、柔軟な対応を見せた福永に簡単に人気馬を勝たせまいとする戸崎と見応えのある騎乗が見られた良いレースだったが、本来ならばその中心でレースを動かして行く筈のルメールが全てをぶち壊したのが残念。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は

お互い残念でしたね。菱田騎手に関しては期待はしてないし、する方が間違いだと思ってますので別に構わないですが、
ルメール騎手のコメント「展開がむかなかった」じゃないでしょう。
明らかな騎乗ミスです。戸崎騎手は全然悪くないです。一番人気馬をマークするのは当然であり、ブロックされないように積極的に前に出して行かなきゃいけなかった。
それでハイペースになって負けたなら仕方ないですが、
あの消極的な騎乗は酷すぎました。

もし阪神競馬場にいたなら「ルメール、何考えているんだ!」って罵声あびせてたと思います。
逆にデムーロ騎手は腹くくって後方からの差しに徹して好騎乗だったと思います。重賞レースではデムーロ騎手は信用してもルメール騎手は割引しないと駄目ですね。

Re: 今晩は

ルメールは上手い時は上手いのですが、あからさまなポカも目立つんですよね。
例えば、アルビアーノのオーシャンSとかダノンシャークの阪神Cとか。
デムーロも下手打つ時はあるけど、神懸かった時の爆発力が凄まじいから帳消しに出来るけど、ルメールにはそれがない。
そこら辺がデムーロとルメールの差ですかね。
プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
95位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR