阪神大賞典回顧

良馬場に回復したとはいえ、逃げ先行馬が残ってる馬場の時点で末脚一手のカムフィー軸は失敗と思って馬券を買うのを止めようかとも思ったが、結局は初志貫徹で買って敢え無く討死(´・ω・`)道中は勝ち馬をマークしてたが、勝負所で離されて付いて行けなくなって何の見せ場もなし。適性以前に力が足りていなかった。

長距離適性が読めなかったので軸に出来なかったシュヴァルグラン。スタートは五分に出たが、前半は控えて中団後方。前がバラけて縦長の隊列になったが、スムーズに折り合って前の2着馬を見ながら。3~4コーナーで捲り気味に動き、直線半ばで堂々と先頭。最後まで楽な手応えのまま2馬身半突き放す完勝。
阪神コースの相性の良さもあったが、勝負所から早めに動いて勝ち切った辺り、予想以上に長距離適性が高かったと言える。あと1F距離が延びても問題ないだろう。

2着タンタアレグリアは前走もある程度仕上がっていたが、今回は更に気配良化。道中は中団6番手に付けてじっくりと脚を溜める競馬。勝負所から動いた勝ち馬に対して手応えは劣勢だったが付いて行き、直線もこの馬らしい長く良い脚を使って2着を確保。
もう少し軽い馬場がベストだろうが、馬場にノメった前走と違ってこの馬の持ち味を活かし切って本賞金の加算に成功。ペースが上がったところでスッと加速出来ない弱点はあるが、長丁場では簡単に崩れないだろう。

3着アドマイヤデウスは最初の3~4コーナーでやや行きたがったが、すぐに折り合って道中は3、4番手を追走。そのまま4コーナーまでスムーズに立ち回ったが、直線で最内を突こうとして逃げてたカレンミロティックに前を潰されて外へ出すロスが生じ、1、2着馬から離されての3着。
岩田は4コーナーで外へ出せるか確認したが、トーホウジャッカルがいた事でそのまま内を突く作戦を取ったが、スパッと切れるタイプでないので抜け出すのに失敗。昨年の秋からどうも岩田の調子が上がって来ないのは気掛かり。

タマモベストプレイは序盤から気合を付けて番手に付ける積極策。3~4コーナーで先頭に並び掛け、直線は外から上がって来てた1、2着馬にあっさり交わされたが、ジリジリと脚を伸ばして3着争いを演じた。瞬発力勝負にならなかった事でしぶとさを活かす善戦に繋がった。

トーホウジャッカルはガレ気味だった札幌記念とは逆に18キロ増とプラス体重。最初の3~4コーナーで行きたがる素振りを見せ、一旦は好位で落ち着かせたが、向こう正面で少し行きたがる感じ。3~4コーナーでは早々と手が動き出して、1、2着馬に捲られた時点で余力は残ってなかった。如何にも休み明けという感じで本番は変わり身待ちというとこだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR