フィリーズレビュー回顧

リアルタイムでクードラパンが早々と何らかの不利を受けて下がったように見えた段階で「ああ、終わった」と諦めたが、後からパトロールを見ると3コーナーまでに隣のダイアナバローズと何度も接触。
これでお互いにテンションが上がってしまい、集中力が切れた感じとなって直線は何の見せ場もなかったわけだが・・・後日触れる中山牝馬Sもそうだが、消化不良感が半端ないレースで凄いモヤっとした気分。両レースとも勝ち馬を買ってなかったのでどちらにしろ外れというのが救いだったが。

ソルヴェイグはスタートを決めてスッと前に出ると人気のキャンディバローズを見ながらの3、4番手。経済コースを通って脚を溜め、4コーナーのコーナリングで2番手。直線でもしっかり脚を伸ばして逃げ込みを図ったキャンディバローズをキッチリと差し切った。
ここ2戦は渋った馬場に泣かされた形だが、今回は良馬場。更に内枠を引いてロスなく立ち回れた事で最高の結果を出す事が出来た。ただ、1400mを3戦連続使っており、俺のスタンスでは桜花賞はどう頑張っても買えない。

2着アットザシーサイドはスタートは五分に出たが、その後の流れに乗り損ねた感じで中団からの競馬。4コーナーでもモタつき気味だったが、直線で6枠2頭の間を割ってからは一気に伸びてゴール寸前で2着に浮上。
2歳時は1400mで2戦2勝だったが、今回は追走に忙しい感じに終始して幾分短くなってる印象。母は短距離にシフトしたが、血統的には中距離までこなせる下地がある。勝ち馬よりも桜花賞では好走する可能性が高そう。

3着キャンディバローズは出脚の速さから各馬の出方を窺いつつハナへ。初の逃げる競馬となったが、折り合いはスムーズで中盤にペースを緩めて一息付けた。直線もしぶとく粘っていたが、残り数十mで勝ち馬に交わされ、ゴール寸前で2着馬にも差し込まれた。
持ち前のレースセンスの高さで逃げる競馬をソツなくこなしたが、目一杯上手く乗っても3着。元々、距離適性に関しては1400mまでが上限タイプなので、桜花賞でこれ以上のパフォーマンスは難しいだろう。

ダイアナヘイローはスタートが甘く、更に隣の馬と接触して後方から。挽回しようと追っ付けたら頭を上げかけて行きたがり、直線は外へ持ち出すのに手間取り、出した後は右鞭連打で外ラチに向かって追え状態。
ゴール寸前にチラッと映って4着に押し上げたのは理解出来ただけに、これでもかと言わんばかりの糞騎乗のオンパレードで桜花賞の優先出走権を取れなかったのは非常に勿体ない。

ソルティングインクは中団からソツなくレースを進めたが、キャリア1戦の若さもあって直線は伸び切れず。メイショウスイヅキは何とか中団で我慢させていたが、大外枠からでは流石にキツかった。

ウインミレーユは3コーナーで外へ振られ、4コーナーで口向きの悪さを見せてる内に集中力が切れて殿負け。逆ワンツーは何度かあれど、逆ワンツースリーは記憶にない(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
95位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR