2016年度新種牡馬~輸入種牡馬編Part5~

タートルボウル(産駒数79)
父ダイヒムダイヤモンド
母クララボウ
母父トップヴィル
主な戦績・・・ジャンプラ賞、ジョンシェール賞、イスパーン賞2着


2歳9月にデビュー。リステッドレース等3勝を挙げ、仏2000ギニーに出走したがシャマーダルの8着。しかし、主戦ペリエとのコンビでジョンシェール賞で重賞初勝利を飾ると、返す刀でジャンプラ賞も勝ってGⅠ初勝利。
その後、2度の休養で4歳時の大半を棒に振るが、5歳に復帰。マイル~中距離のGⅠ戦線に挑んだが、マンデュロ(GⅠ3連勝を含む重賞5連勝)、ラモンティ(3ヶ国でGⅠ5勝)、ダルジナ(女傑ゴルディコヴァ3歳秋の好敵手)といったトップクラスには歯が立たなかった。

引退後はフランスで種牡馬入り。初年度産駒から2頭のGⅠ馬を輩出し、これに目を付けた社台が2012年秋に購入。同年に急死したチチカステナンゴに代わる種牡馬として白羽の矢が立ったというとこか。
種付け料もチチカスと同じ250万で設定。初年度から116頭とまずまずの頭数を集めたが、錚々たる社台供用種牡馬のラインナップの中でネームヴァリュー不足は否めず、2年目からは89→86と100頭割れ。

父ダイヒムダイヤモンドはノーザンダンサー系でも日本に馴染みが薄いナイトシフト直仔。現役時代は二流馬だったが、スペインでリーディングサイアーになった異色の種牡馬。シーキングザパールが勝ったモーリス・ド・ギース賞に出走(4着)と日本競馬とは意外な接点も持ってるw
母父トップヴィルは母系に入ると優秀だが、父系は欧州でも衰退してるダンテ系種牡馬。ダンテ系は日本競馬では90年代にトロットサンダー、母父としてツクバシンフォニー、ダイワカーリアンといった活躍馬がいたが、近年はめぼしい活躍馬はいない。

交配相手で重賞馬はジェルミナル、グランパドドゥ、ヤマニンメルベイユ、ショウナンタレント、マルカコマチ、アルーリングアクト。他の注目産駒はアヴェンチュラの姪、ヴィルシーナの近親、ダイワスカーレットの孫、プロヴィナージュの半妹、タガノエトワールの半妹、グリッターウイングの半妹、ハイアーゲームの姪か。

ゼダーン、ヴェンチア、ヴィミーとレトロな血が見られ、サンデーだけでなくミスプロも持ってない。ノーザンダンサーにしても濃いクロスにはならない。
近年、社台はサンデー系繁殖牝馬に適した新たな血を欧州から導入してるが、ハービンジャーやワークフォースみたく大レースの勝ち馬を即購入するか、チチカステナンゴみたく現役時代は一流半でも即GⅠ馬を輩出した若い種牡馬を購入するかの2パターンを併用してる。
この馬は後者だが、先駆けであるチチカスは3世代しか残せなかったとはいえ、未だ重賞馬を出してない。チチカスも今の日本競馬には馴染みが薄い血統だったが、この馬はチチカス以上の異系血統。果たして、この馬はどちらに出るか?

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR