ダイヤモンドS・京都牝馬S

ダイヤモンドS
◎トゥインクル
○カムフィー
▲タンタアレグリア
△モンドインテロ

トゥインクルは全4勝を2400m以上の距離でマーク。格上挑戦の身で挑んだステイヤーズSでも3着に健闘したように長距離適性は高い。前走は軽ハンデの先行馬有利の流れで差し損ねたが、多少馬場が渋っても確実に差して来れる末脚は安定感がある。ハンデも前走より1キロ減っての距離延長で狙い目。

カムフィーは昨年のこのレースで3着に健闘。その後は自己条件で勝ち切れないレースが続いたが、前走のステイヤーズSでは再び末脚を伸ばして2着。詰めが甘いとはいえ、長距離適性の高さは疑いようがない。54キロとハンデも手頃。前半で上手く我慢させれば昨年以上のパフォーマンスがあっても。

タンタアレグリアの菊花賞は坂越えの前に動く羽目になったし、直線は内外の差が出て勝負に絡めなかったが、折り合いに不安がない点とダラッとした脚を長く使える点は以前から感じてたステイヤーの資質を垣間見せる一戦だった。今回は久々が鍵だが、追い切りの動きから不安はなさそう。

モンドインテロは2400mに距離を延ばして2連勝。東京では3走前に1番人気を裏切る4着と相性は微妙だが、新潟で勝ち鞍があって左回りが駄目というイメージはない。有力所に差し追い込みが多い中で先行出来る脚質は魅力。ハンデはやや見込まれたが、今の出来の良さから通用しても。

馬券はトゥインクルからの馬連とワイド、抑えでカムフィー・タンタアレグリアの馬連。


京都牝馬S
◎スナッチマインド
○ウキヨノカゼ
▲リーサルウェポン
△クイーンズリング
△ペルフィカ

スナッチマインドは専ら1400mを中心に使われて着外は僅か1回(4着)のみと堅実。癖があるタイプだけに主戦浜中の負傷離脱は痛いが、菱田なら2回乗って特徴は掴めているだろう。1週前に坂路で50秒台を叩き出し、最終追い切りは軽めとはいえ引っ張り切りの手応えで出来も良さそう。53キロなら一発があっても。

ウキヨノカゼは昨年夏の北海道で突然復活し、余勢を駆って出走したスプリンターズSでも3着。長期休養があってまだキャリア10戦と若く、まだまだ上積みは見込める筈。今回は久々の1400mが鍵となるが、3歳時にはマイル戦のクイーンCを勝っており、あまり気にする必要はないだろう。折り合えば末脚が決まる。

リーサルウェポンは距離が長いと思われた愛知杯では50キロの軽ハンデと淀みない流れ前が止まる展開もあって2着。今回は一気に距離短縮されたが、これまでの実績から愛知杯よりもレースはし易いだろう。追い切りでは悪い馬場にノメるところはあったが、それなりにしっかり動けてた。今の出来の良さなら。

クイーンズリングは秋華賞2着があるとはいえ、フィリーズレビューを勝ち、桜花賞4着の実績からもマイル前後がベスト条件と言える。エリ女以来の休み明けが鍵だが、1週前に長めから追われ、最終追い切りでも重い馬場でラスト1F12秒フラットで纏めて動ける態勢。あとは56キロの斤量だけだろう。

ペルフィカはフィリーズレビューでクイーンズリングの2着。それ以降のクラシックでは歯が立たなかったが、1400mに戻した2走前では51キロの軽ハンデを活かして4着に健闘し、ターコイズSでも5着と復調気配。今回はベストとも言える1400mに距離短縮。坂路で51秒台をマークして出来は良い。

馬券はスナッチマインドの馬連と3連複流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR