根岸S回顧

1番人気の戸崎()などと寝ぼけた理由で対抗にするべきではなかったと後悔しても後の祭り。モーニンが1番人気に応えて重賞初勝利と同時にフェブラリーSの優先出走権を獲得した。マイル路線の既成勢力を一気に塗り替える予感。

スタートダッシュは付かなかったが、二の脚を利かせて先団に取り付き、道中は3番手の外目で当面の相手であるタガノトネールを見ながらの競馬。直線も余力十分の手応えで、残り1F手前で満を持して抜け出すと余裕を持って2着馬の追い込みを完封。
半馬身差まで詰められはしたが、詰められても追えば追うだけ伸びた感じで着差以上の完勝だろう。スタートの悪さは気掛かりだが、それを補える二の脚の速さと高いレースセンスを有してる。走破時計も優秀で現時点ではスタート以外は特に欠点は見当たらない。

2着タールタンは先行集団からやや離れた好位6番手に付け、勝ち馬を見ながらの競馬。4コーナーでジワッと差を詰めに掛かり、直線は勝ち馬の外へ出して末脚を伸ばし、最後は半馬身差まで詰めて来た。
勝ち馬とは着差以上の力量差はあるが、この馬も得意の距離で自分の持ち味をしっかり出した。8歳だが、年齢の割に使い込まれておらず、晩成傾向なのかゆっくりと力を付けて来た。今回は相手が悪すぎたが、機会があれば重賞を勝てるチャンスは来るだろう。

3着グレープブランデーは内枠からスタートが決まった事もあって無理なく前へ取り付いて4、5番手。やや掛かり気味ではあったが、前に壁を作ってこの馬なりに折り合い、直線もしぶとく脚を伸ばして末が甘くなったタガノに先着。
3年前のフェブラリーSを制し、東京コースの適性が高いのは承知してたが、新興勢力に期待して印を回せなかった。距離が短いスプリント戦でもそこそこ、小回りコースでもそこそこ走る掴みどころのない馬で今後も取捨が面倒くさそうw

タガノトネールはハナを主張したシゲルカガを先の行かせての2番手と此方が予想してた通りの位置取り。直線で先頭に立っても追い出しを待てる余力を残してたが、勝ち馬に交わされた後は甘くなって2、3着馬に交わされた。
休み明けでも仕上がっていたし、この馬にとってのセオリー通りの競馬は出来たが、田辺への乗り替わりと昨年秋2戦のパフォーマンスで実力を少々過信しすぎた。とはいえ、こうしたタイプはマークが甘くなると怖い。これで見限るのは早計だろう。

アンズチャンはやや躓き気味のスタートだったし、最初から行く気もなくてポツンと最後方からの競馬。溜めるだけ溜めて直線は大外から34.4という1頭だけ桁が違う脚で追い込んだが、前が止まらない展開では掲示板が精一杯。流石に重賞クラスとなると極端な後方一気は展開の助け待ちになるようだ。

プロトコルはスタート一息で道中は気合を付けながら中団前目。直線は内からマルカフリートに張られたし、その後もジリジリとした感じで流れ込む程度。重賞クラスとなると1400mは忙しい感じだし、現時点ではあまり時計が速くなると入着級までという印象。

サクラエールはスタートで出遅れて道中は後方4番手から。ただ、直線ではキッチリと脚を伸ばして来る馬が今回はどうした事か伸びないまま後方での入線。芝路線を走ってた3歳春も2戦着外だったし、輸送が絡むと良くないのかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR