川崎記念回顧

帝王賞でリーチ掛けてから3戦足踏み状態だったが、ホッコータルマエが川崎記念3連覇を飾って遂に日本競馬史上初のGⅠ10勝馬に。交流重賞にどれだけの価値を置くかによって評価は違ってくると思うが、約4年の長きに亘って日本のダート路線を牽引して来た偉業の証明と素直に評価したい。

外枠から好スタートを切って前半はレースを引っ張る前3頭からやや離れた好位4番手。向こう正面過ぎでサウンドトゥルーが内から早めに動いたところで同時に動いて4コーナーで前2頭に接近。直線はサウンドトゥルーとの一騎打ちとなったが、最後まで抜かせずに踏ん張った。
コパノリッキーが不在で2着馬の動きのみに注意を払う組み合わせだったとはいえ、前半は縦長のハイペース、中盤は極端に緩み、後半は乱高下と緩急の激しい展開を地力勝負で勝ち切った底力は流石。衰えつつある印象だが、それでも限られた相手以外には負けない地力は有してる。

2着サウンドトゥルーは前走に続いてメンバーの落差の大きさもあって道中は中団を追走。向こう正面過ぎで早めに動き、内から勝ち馬に並び掛けに行ったが、バテたパッションダンスをやり過ごす過程で2馬身程離され、直線でジリジリと迫ったが頭差交わし切れず。
最内から一貫してインに張り付き、相手を勝ち馬1頭に絞った作戦通りの競馬だったと思うが、勝負所で生じた一瞬の差が勝ち馬との明暗を分けた。コーナーがキツい川崎のコース形態も末脚を活かしたいこの馬にとって些か難があった。

3着アムールブリエは道中は5番手に付けて勝ち馬をマークする競馬。勝ち馬が動いたところで負けじと追い掛けたが、3~4コーナーのコーナリングで離されて1、2着馬とは事実上の勝負あり。しかし、最後までこの馬なりに伸びて粘り込みを図ったマイネルバイカはゴール寸前で捕らえた。スピードの持続力に欠けるが、長距離適性は高いこの馬の特徴が出たと言える。

マイネルバイカはサミットストーンを先に行かせての2番手に付けたが、誤算だったのはパッションダンスが予想以上に突っついて淀みないペースに付き合わされてしまった事。4コーナーで早めにサミットストーンを交わしに掛かって粘り込みを図ったが、直後に迫ってた1、2着馬に一気に交わされ、最後の最後で3着馬にも交わされた。

カゼノコはスタート一息で道中は中団後方。ペースが上がった勝負所で動こうとはしたが、思うように位置取りを上げられず。直線も逆手前のままでバテたサミットストーンと内を回ったケイアイレオーネの地方馬を交わすのがやっとという不甲斐ない競馬。

パッションダンスは前半から積極的な競馬に出たが、3~4コーナーで早々と逆噴射。ペースがキツかったのもあるが、この止まり方はダート適性が皆無だったとしか言い様がない。

地方馬は逃げたサミットストーン以外は特に見せ場なし。裏街道を連勝して地方馬の人気最上位だったグルームアイランドは全くお呼びでなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR