愛知杯

◎レイヌドネージュ
○アースライズ
▲マキシマムドパリ
△シュンドルボン
△タガノエトワール
△オツウ

レイヌドネージュは脚質を差し追い込みに定めてから確実に速い上がりをマークし、ここ4戦連続は最速。中京は1戦して6着という成績だが、左回りは新潟で2勝してるし、中山や函館で勝ち鞍があるように非力なタイプでもない。前が止まらない可能性もあるが、ハマれば面白い存在。

アースライズは牝馬3冠でオール二桁人気ながら8、4、5着と健闘。更に前走は馬群の狭いところを割って抜け出すという先行粘り込みの戦法を取ってた春とは違う一面を見せて本格化の兆し。ただ、今回は暮れに使った事もあってか、月曜に本追い切りを済ませる変則調整がどうか。

マキシマムドパリは格上挑戦という形式でハンデは見込まれた形だが、先行馬総崩れの中で唯一踏ん張って3着に健闘した秋華賞を鑑みれば妥当か。これもアースライズと同様に秋華賞後のレースをキッチリ勝ち上がって地力強化が窺える。しかし、440キロ台に減りそうな馬体と良く判らん外国人騎手が懸念材料。

シュンドルボンは初の重賞挑戦だったエリザベス女王杯で一旦は勝ち負けに加わろうかという見せ場を作って7着。1Fの距離短縮と8戦3勝着外1回という相性の良い左回りは条件が好転すると言える。あとはレース間隔がやや空いてるので太目が残ってないか気掛かり。

タガノエトワールはエリザベス女王杯では距離と馬場に泣かされて惨敗したが、続くチャレンジCでは久々に差す競馬を試みて牡馬のOP倍相手に5着。2000mはベストとは言えないが、一昨年の秋華賞では差す競馬で3着に健闘しており、溜める競馬なら克服可能だろう。

オツウは久々の2000mと脚質的に有利に働くとは言えないコース形態に不安は残るが、前走も不利と思われた中山マイルの外枠を克服して3着。それに追い切りは併せた相手を煽る動きで出来自体は良い。単騎マイペースで行けそうな感じだし、大穴ならこれか。


馬券はレイヌドネージュの馬連とワイド流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
64位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR