フェアリーS回顧

騎手時代は逃げの代名詞的な存在だった中舘英二が調教師としての重賞初勝利も逃げ切り勝ち。何の因果か、鞍上の石橋脩もビートブラックでアッと言わせた天皇賞以来の重賞勝ち。軸にした時は全く意識してなかったが、決まってみればなかなか面白い取り合わせだった。

好スタートから予想通りハナを切って主導権を握ると中盤に一息入れてのマイペースに持ち込むビービーバーレル。直線での瞬発力勝負にならないように3~4コーナーでペースアップし、坂下までにセーフティリードを取って後続を完封。
出来の良さに加え、メンバーの低調さと単騎のマイペースで行けた恩恵はあるが、最後の1Fも11.9で纏めて上がり35秒を切ってきた。桜花賞でどうこう言えるレベルではないが、同じくこのレースを逃げ切ったノットフォーマルやクラウンロゼよりは上と見做して良いかも。

2着ダイワドレッサーは2コーナーでゴチャ付いた際に不利を受けたが、上手く宥めて道中は中団馬群の中で脚を溜める競馬。3~4コーナーのコーナリングで好位に上がり、直線でスムーズに外へ出すとグイグイ伸びて2着を確保。
スムーズなら面白いかもと穴で入れたが、流れに乗れたとはいえ期待通りの走りだった。距離短縮は向くと思ってたが、マイルよりも長い距離が良いというのはご愛敬wトライアルくらいならもう1回出番があっても。

3着ダイワダッチェスはスタートは勝ち馬よりも速かったが、ハナに立つのを嫌って好位で控える競馬。その過程で行きたがるの宥め、インで脚を溜めて直線は内から脚を伸ばすと、2着馬には交わされたが脚が鈍ったクードラパンを競り落として3着は確保。
1400mを連続して使われた影響か、一本調子で走ってる感じが見受けられたが、そうした面を考慮して控えたのだろう(逃げる競馬もしてないし)。もう少し抜ける走りが出来れば上積みはありそうだが。

クードラパンはスタートが良かったので外枠からでも前に取り付き2番手からの競馬。スローペースで上手く脚を溜めると、直線で逃げ込みを図る勝ち馬を捕まえに行ったが、坂で逆に脚が上がって踏ん張り切れずの4着。
外枠から小脚を使って前に行った分、最後の踏ん張りが利かなかったが、スローペースを見越して前を取りに行った田辺は流石と思う。馬の方は現時点ではややパワー不足か。

コパノマリーンは好スタートを切ったまでは良かったが、そこから半ば無理くり控えて中団からの競馬。直線は外へ出そうとしたら、その拍子にモタれ出して制御できないまま外の数頭を弾き飛ばすご乱心。
当然ながら騎乗してた勝春は騎乗停止。まあなんつーか、下世話なバラエティー番組に出た直後というタイミングも相俟って全方位から叩かれまくってるお約束の展開になってるので、ここで色々書くのは控えとく。そもそも、技術はあれど勝負師しての心を持ち合わせてないこの男を10数年前から騎手として評価してないし。

コパノに一掃された感じの差し馬勢に関しては今回は参考外なので特に取り立てて書く必要はないだろう。ただ、後方2番手から4角大外ぶん回しの武士沢レシーブと右回りに全く対応出来てないコントラバス、おめーらは駄目だ。

大勢に関係のないところで後味の悪い事が起きたが、欲かいて3連複に手を出さずに馬連オンリーにして大正解wチマチマ買ってるので大儲けとはいかないが、金杯の嫌な流れは断てて良かった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR