真田丸について好き勝手に書かせてもらおうか(面白いと思った方は閲覧注意)

本当はフェアリーSの予想の前にちょろっと触れるつもりだったが、予想外に長々となってしまったのでフェアリーSの予想は別枠で書くことにするw
三谷幸喜が以前に手掛けた新撰組!が割と好きだったのと昨年は最初から回避したのもあって、今年の真田丸には期待するものがあったが・・・最初から観てない近年の女が主人公の大河を別にすれば、最短で観るのを止めようかというくらい詰まらない。

新撰組!や清須会議(これも詰まらなかった)もそうだったが、三谷脚本の軽さから時代劇っぽくない時代劇なのは予想通りだったが・・・なんつーか、それが悪い方に出てる。
15歳の信繁を演じるのにリーガルハイっぽくなってる堺は兎も角、脚本自体が軽いので他の俳優の演技も地に足が付いてないというか、コントを見せられてる気分。勝頼役の平が家を滅ぼした不肖の息子っぽくない勝頼だったのが唯一の救い。

あと、配役とか過去の大河のオマージュや歴史オタが喜びそうな小ネタを盛り込むのも三谷らしいが、これがまあ【安心してください、僕はちゃんと判ってますよ】的なあざとさが前面に出てて不快。
昌幸役の草刈正雄は真田太平記で幸村役だったし、勝頼役の平岳大の父は武田信玄で信虎役を演じた平幹二郎。ぬっくん小山田に裏切られるシーンは信虎追放シーンのオマージュ。真田太平記で信之役だった渡瀬恒彦をどっかで引っ張ってきたら(後藤又兵衛とか?)、それはそれで大したものだが。
エンケンの仏頂面も相俟って寡黙感全開の景勝、高嶋弟がダメ殿感を滲み出してる汁かけ2回で飯食ってる氏政、イライラすると爪を噛む内野家康(次回予告のシーンは「そりゃアンタが山本勘助だったから」というツッコミの前フリ?)とか、【さあ、ここは泣く場面だぞ】と言わんばかりの浅田次郎の小説並みにあざとい。

これからマシになれば良いのだが、このままだと阿部謙信が死んで地に足が付かなくなった感じの天地人を上回る速さで中途脱落しそう。新撰組!は局長の大根演技以外は従来の新撰組のイメージを良い意味で覆した群像劇っぽくて好きだったのになぁ・・・

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR