ホープフルS・阪神C回顧

両方とも勝ち馬は無印だわ、軸馬は消化不良な競馬で大外れ。それに加えてレースから結構日が経ってるのでモチベーションは全く上がらないが、回顧しないままスルーするのは後ろめたいので何とか集中力を振り絞って回顧する(´・ω・`)

ホープフルSは人気3頭が順当に上位を占めて無風な決着。とはいえ、勝ったのは2戦負けなしのロードクエストやバティスティーニではなく、新馬勝ちからのキャリア1戦馬ハートレー。

スタートはあまり良くなく、道中は後方で脚を溜める競馬。4コーナーで後方から動いたロードクエストに合わせて動き、被されかけたとことで逆に弾き返し、直線での追い比べでも優位を保ったまま突き抜けた。
デビュー戦に続いてスタートの甘さを露呈したが、勝負所でスッと上がって行けたとこやゴーサインに対しての反応の速さは特筆出来る。前評判の高いメンバーで通常なら前有利の流れを外を回って差し切るのだから、能力に関しては相当に高い。ムーア、ボウマンと短期免許の外国人が騎乗したが、来年は継続して乗れる主戦を確保してほしいとこだが。

2着ロードクエストは出遅れに加えて最初から行く気もなくてやや離れた最後方から折り合いに専念。向こう正面中ほどからジワッと位置取りを上げ、4コーナーで勝ち馬を被せようとしたが、逆に弾かれて先に行かれて最後まで差を詰め切れず。
悠長に構えすぎたきらいはあるが、小回りと距離延長を問題にせずメンバー最速の上がりだし、4角に勝ち馬にぶつけられて手前を替えた際に先に行かれた点を考慮すれば勝ち馬に引けを取ってない競馬。それ程評価を下げるべきではない。

3着バティスティーニは前走よりは幾分マシなスタートで道中は1、2着馬より前の位置取り。勝負所で1、2着馬の動きに応戦してコーナリングでは被されない様に内をキープしたが、追い比べでは瞬発力の差が出て伸び負け。
道中の立ち回りは1、2着馬より良かったが、逆にそれが瞬発力勝負で決定的な差を付けられた力量差を際立たせている。更に悪い事にレース後に骨折が判明して春のクラシックからは脱落。

ブラックスピネルは大外から出して行って番手から。ペースが遅かったのと3番手のオンザロックスに突かれて道中は時折少し行きたがる素振り。勝負所で並び掛けられたが、直線で振り切って押し切ろうとしたが、上位馬の瞬発力が凄すぎた。執拗にプレッシャーを受けた事を鑑みれば良く踏ん張ってる。トライアルくらいなら通用しても。

アドマイヤエイカンは10キロ絞って気配良好。最内を利して中団のインを追走して脚を溜めたが、4コーナーでは外からスッと上がれた上位馬に比べてモタつき気味で直線もジリジリという感じ。分が悪い瞬発力勝負になってしまったし、勝負所での反応も今一つ。中山ならこのメンバーでも通用するかと思ったが、逆に差は広がってしまった。

プランスシャルマンは先行馬を先に行かせて好位から。ただ、道中は馬群の中で少し力みながらの追走で脚が溜まり切らなかったか、直線ではピリッとした脚を使えず。先を見据えて控えたのかもしれないが、これなら先行した方が良かったかも。

ブレイブスマッシュは後方に控えて宥めながら末脚勝負の作戦。向こう正面で内に入れて4コーナーまで動かずに脚を溜めてそれなりに脚を使ったが、大勢には影響せず。現状では2000mではトップクラスと明確な差があるようだ。


阪神Cは本命ダノンシャークの直線半ばでの酷いどん詰まりに卒倒。道中の手応えの良さから「前を捌ければ突き抜けるな」と思ってたけど、直線での密集具合に「こりゃ駄目だ」と諦めた。有馬ではリアファルが敢え無く失速したし、ルメールとの相性最悪な年末だったわい(´・ω・`)

ロサギガンティアはゲートを五分に出ると、好位の外目で引っ張り切りの手応え。4コーナーでジワッと先団を窺って直線半ばで先頭。一旦は外の2着馬に交わされかけたが、ゴール寸前で差し返してハナ差競り勝った。
これまでは重賞では人気になりながらスプリングS以外は悉く結果を出していなかったが、内の馬が結構ゴチャ付いた恩恵にも助けられた。ただ、1400mを3連続使っており、次走がマイルなら即切り予定。

2着ダンスディレクターはこの馬としてはゲートを出た方で中団後方からの競馬。行きたがるのを宥めつつ、抑え切れない手応えで徐々に位置取りを上げ、直線で大外から差し切れるかに見えたが、内から勝ち馬に差し返されてハナ差の2着。
休み明けで京都に比べて実績面で劣る阪神コースだったので軽視したが、久々でも仕上がっていたし、前走に続いてこの馬にしてはゲートを出て外目をスムーズに回れた事で好走。もう少し折り合いに進展があればマイルはこなせそうだが。

3着ビッグアーサーはスタートから出して逃げ馬を見ながらの好位。3コーナーで少し行きたがったが、何とか我慢させて直線半ばでアクティブミノルとテイエムタイホーの間を割って抜け出そうとしたが、残り100mで甘くなった。
3コーナー以外はソツなく乗れていたし、馬群を割って抜け出すタイミングも悪くなかったが、馬場が緩かったのもあるけど伸びを欠いた辺り、1400mはギリギリこなせる程度で微妙に長い。やはりスプリント路線で行くべきだろう。

サンライズメジャーは10キロ増もそれ程太く見せず。道中は仕掛けて好位のインをキープして脚を溜めたが、直線は完全にスペースを潰されてまともに追えたのは残り100m手前。そこから伸びては来たが、時既に遅しの状態。前さえ上手く開いていれば勝負に絡めたのではないか?

ウリウリは出たなりの競馬で道中は後方集団のイン。折り合いも付いてインペタで回っては来たが、馬群が密集してた事もあってこの馬も追い出しを待たされるロス。前が開いてからもビュッとした脚は使えず掲示板争いが精一杯。スムーズさを欠いたのもあるが、10キロ増で少し太目残りだったかも。

大穴で狙ったアルマワイオリは相変わらず道中は行きたがる素振りを見せて抑えが利かず、直線も2着馬の後ろから脚を伸ばしたが、掲示板争いに絡む程度。ハマれば来ると思うのだが、制御の利かなさはどうしようもないレベル。

アクティブミノルはポンと飛び出すとスンナリとハナへ。後続のプレッシャーもそれ程キツくなくてマイペースで逃げられはしたが、直線残り1Fで脚が上がって逆噴射。自分の形に持ち込んでこの止まり方、完全に1200m専用機と化したっぽい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
89位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR