金鯱賞回顧

昨日の段階で予想はあらかた固まり、あとは見解を書くだけだったが、マサラッキの訃報を知ってそちらの記事を書くのに氣を使い果たし、朝一で書こうと思ったら、朝っぱらから緊急の出勤要請が掛かって印と買い目だけブログに書いたが・・・
無理くり書かずに購入も見送るべきだったと後悔なタテ目決着。程よい配当だったフミノスナイパーとトラキチシャチョウの単複をついでに買ったお陰で損害は軽減出来たが(順番は逆だが、こう書いた方がショックが薄れるので)、エア予想出来ない自分がつくづく嫌になる(´・ω・`)

昨年の福島記念以降、中距離重賞路線で堅実に走り続けたミトラ。外枠で前に壁を作れなかったが、好位5番手の外目でスムーズに折り合いを付けて流れに乗り、直線半ばで満を持して抜け出すと2着争いを尻目にタイレコードで快勝。
元々は1400~マイルで優秀な持ち時計があり、開幕週で時計が出やすい良馬場だったのもこの馬に味方したと言える。やや人気を下げていたが、勝ち切れないまでもGⅠ馬とそれなりに勝負出来てた馬。今後もこの路線では注目すべき存在だろう。

2着ディサイファは最内からスッと前に出して3、4番手のイン。流れに乗れてるように見えたが、4コーナーでやや手応えが怪しくなりだし、直線も追い通しでスパッとした脚は見られなかったが、ジワジワと脚を伸ばしてゴール寸前で2着に浮上。
内枠で脚を溜めるのがこの馬の好走パターンだが、今回は終始パッションダンスにプレッシャーを掛けられる厳しい競馬を強いられた。それでもしぶとく2着を確保したのは地力の高さだろう。

3着サトノノブレスはスッとした勢いは付かなかったが、この馬なりに出して行って中団から勝ち馬を見る形。4コーナーで馬群の外へ出し、直線は2着馬を併せる形でジリジリと脚を伸ばして最後に伸び負けたが、久々に馬券圏内の好走。
絞れなかったのが誤算だったし、勝ち馬とは瞬発力の差がそのまま出た形になったが、前走より斤量が減っての叩き3走目。今年は順調に使えなかったが、昨年2着したこのレースで復調をアピール。来年に望みを繋ぐ一戦だった。

マイネルフロストはゲート内で立ち上がりかけて出遅れ、集団からやや離れた後方4、5番手を追走。ただ、その位置取りでも折り合いは付き、直線は外から脚を伸ばして一時は2、3着馬に迫ろうかという脚色だった。
シンガポール帰りのオールカマーはパッとしなかったが、前走、そして今回と徐々に良くなってきてる。中山金杯辺りではもっと動けるようになって良い。

ベルーフはスタート直後にオーシャンブルーと接触したが、さしたる不利にはならずインに潜り込んでマイネルフロストと並ぶように追走。ただ、直線は前が開かず、外へ出そうとしたが、そこでもスムーズさを欠いて漸くスペースが出来た時には大勢が決した後。脚を余したのは明らかで次以降は巻き返して良い存在。

レーヴミストラルはスタートで出遅れて道中はバラけた隊列の後方2番手。3~4コーナーで漸く集団に追い付いたが、そこでのコーナリングがスムーズさを欠いたまま外へ。勢いが付き切らないままダラッとした伸びで流れ込む程度。この距離は短かったようだが、川田が乗れてなさすぎ。春はそこそこ乗れていたが、夏以降はちょっと精彩を欠いてしまってる。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR