天皇賞・秋回顧

ラブリーデイが先に抜け出し、アンビシャス、イスラボニータが差して来る外からステファノスが突っ込んで来た当初は「ヨシッ、ステファノス3着なら高めの3連単まで総取りだッ!」と思っていたのも束の間、ステファノスが2着に上がってしまうという一番最悪な展開・・・天国から地獄へとはまさにこの事(´;ω;`)

充実ぶりは目を見張るものがあったが、このメンバー相手でも完勝と言える内容だったラブリーデイ。クラレントがハナを叩いてスローに落とす予想外の展開で前半は行きたがる素振りを見せたが、向こう正面で落ち着かせる事に成功。
4コーナーまで内でジッとして動かず、直線入り口で前2頭の外へ持ち出して坂下でゴーサイン。坂上で先頭に立つと鍔迫り合いを演じる2着馬達の追撃を最後まで寄せ付けず。
予想外に前半が緩くなったが、後半4Fで11秒台が続く持続力勝負は中山金杯以降に確立したこの馬得意の流れ。川田の騎乗停止でピンチヒッターを務めた浜中も途中から上手く修正してソツなく乗れたと思う。川田に戻るであろうジャパンCでも普通に勝ち負け出来る。

2着ステファノスは外枠からある程度の位置を確保しに出して行って中団の一角。スローペースでも上手く折り合いを付けていたが、3~4コーナーでアンビシャスに内から張り出されて外へ出されるロス。しかし、直線は外からしぶとく脚を伸ばし、ゴール前で体一つ抜け出して単独2着を確保。
控えて不発に終わった前走の反省を踏まえてか、位置を取りに行ったのが好走の要因に繋がったし、休み明けを叩いて良化気配だったのも確か。しかし・・・毎日王冠でもう少し見どころがあれば大穴候補として押さえられたのに。見限るのが早すぎた(´・ω・`)

3着イスラボニータは2コーナーでラストインパクトの斜行に始まったゴチャつきで外へ振られる不利。すぐに集団に取り付いて折り合いを付ける事に専念し、4コーナーでジワッと馬群の中から進出。直線は外から良く伸びて来たが、坂上で少し甘くなって2着馬に競り負け。
序盤の不利から良く立て直して来たが、やはりこの条件での外枠は力が抜けているか余程うまく乗らないと勝ち切るのは難しい。もう少し内枠であれば好位からソツなく運べたであろう。昨年同様に外枠に祟られたレースだった。

ショウナンパンドラも外枠に泣かされたクチ。位置を取りに行ったが、先に2着馬に入られて2コーナーのゴチャつきの煽りを受ける不利。4コーナーでは外からダービーフィズに被せられて前を上手く捌けず追い出しが遅れるロス。最後は2着争いに加わっただけに勿体ない競馬。
序盤のポジション争いで2着馬の位置に入っていれば2度の不利も受けなかった筈だし、着差も入れ替わっていた可能性が高い。イスラボニータもそうだが、枠順さえ違っていれば勝ってたかもしれない。

アンビシャスはスタートはこの馬なりに出たが、予想外のスローペースに馬群の中でジェットスキー状態。3コーナーで抑え切れなくなって2着馬を外へ押し出す形で位置取りを上げ、直線は坂下まで追い出しを我慢したが、折り合いを欠いてた分、坂上で甘くなって脱落。
3、4着馬は外枠に泣かされたが、この馬はスローペースに泣かされた。あれだけ掛かっても一旦は2着はあろうかという見せ場を作ってたのだから、折り合っていればもっと際どい勝負になったであろう。

クラレントは東京巧者とはいえ、いくら田辺が騎乗したとしても2000mは長いとノーマークだったが、スタートから出して行ってエイシンヒカリのハナを叩く奇策に出るとは予想外。4コーナーで先頭に並ばれたが、Bコース使用の馬場を味方に付け、二の脚を使って残り100mまで踏ん張った。昨日のアルテミスSもそうだが、こうした思い切りの良さが田辺の良い意味での怖さであり武器でもある。

ディサイファは好スタートを切って好位を取ろうとしたが、1~2コーナーで勝ち馬に前をカットされる不利。ただ、その後はすぐに立て直してインでスムーズに流れに乗れたが、直線はここ数戦で見せた脚を使えずに流れ込む程度。イスラボニータやショウナンパンドラが外枠を引き、こちらは最内を引いたので対抗にしてみたが、不利があったとはいえ、やはりGⅠの壁は厚かったか。

エイシンヒカリはクラレントにハナを叩かれるまさかの展開。2番手で前に馬を見る形に戸惑ったか、何処かリズムを欠いた感じの追走で直線もクラレントより先に失速と見せ場すら作れない力負け。武豊とのコンビでサイレンススズカの幻影を背負わされたが、蓋を開ければトウケイヘイローの再現だった。自分の型に持ち込めないと脆すぎる。

スピルバーグは直線は最内を突いてこの馬なりに伸びては来たが、まだ昨年の出来に戻ってない印象。ただ、毎日王冠よりも良化しており、ジャパンCでは少し面白くなってるかも。

サトノクラウンは好位に付けたが、道中は少し折り合いを欠いてたし、休み明けでまだ本調子になかった分、直線で敢え無く逆噴射。変わり身が見込めるならマイルCSでは穴で一考だが。


秋華賞に続き、取ろうと思えば取れたかもしれない3連単を取れずGⅠ4連敗。JBCシリーズは休日出勤が入ってるし、一旦お休みして仕切り直し。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR