ローズS

◎ミッキークイーン
○タッチングスピーチ
▲アンドリエッテ
△トーセンビクトリー
△クイーンズリング
△レッツゴードンキ
△サンクボヌール

距離はもう少しあった方が良いと思うが、オークス馬ミッキークイーンを最上位に見る。正攻法で押し切りを図ったルージュバックを差し切った持続力の高い末脚は世代屈指。体重維持に苦労した春と違い、ひと夏越した今は回復分も含めて馬体は大幅に増やしてくるだろう。仕上がりも良さそうだし、最低でも勝ち負けだろう。

タッチングスピーチは元PO馬の贔屓目もあるが、大外一気の強襲で差し切った札幌での勝ちっぷりの良さは「秋は怖い存在になるな」と印象付けるに十分な内容で追い切りでの動きの良さからもそれが窺える。春は完成度で見劣ったが、その差はひと夏越してだいぶ詰めたと思われる。流れが向けば逆転まで。

アンドリエッテは桜花賞は展開に泣かされ、オークスはゲートで待たされて集中力を欠いて消化不良に終わったが、末脚の切れはクイーンCやチューリップ賞で実証済み。終い一手の脚質だけに、もう一つ前の位置を取らないと頭は難しいタイプだが、確実に上位には来れる。川田からノリに替わるのも合ってる印象。

トーセンビクトリーは骨折でクラシックに間に合わなかったが、夏に連勝して上がり馬と目される存在になった。特に前走は10キロ増だったが、それ全部が成長分という感じでレースでは古馬を一蹴。トゥザグローリー、トゥザワールドの全妹で血統的にはまだまだ成長が見込める。既成勢力相手でも引けは取らない。

クイーンズリングはオークスでは距離の融通性のなさから9着に敗れただけに、中距離に短縮されるこの条件は好転と言える。この馬もミッキークイーンと同様に春は馬体重に苦労したが、ひと夏越してその心配は解消されたと言える。仕上がりも良さそうだし、フィリーズレビューで見せた末脚を見直せる。

桜花賞馬レッツゴードンキは折り合いに不安が残るタイプで春同様に抑えが利かなくなりそうだったら、敢えて逃げの手に出る可能性もある。ただ。マイルまでの地力は確かなものがあり、1800mのここも許容範囲内だろう。先行勢にも強力な存在が不在のここは岩田の腕で残しても良い。

大穴ならサンクボヌールを挙げたい。同じ平場の500万戦上がりでも血統的に早い段階から期待されたタッチングスピーチに影に隠れたとはいえ、走破時計は同日同条件のトーセンビクトリーより速い。ハービンジャー産駒は軽い馬場なら分が悪いが、阪神ならディープ産駒相手でも勝負出来る。

普通ならミッキークイーン1頭軸で良いと思うが、金額の上限に縛りを設けてる今回はタッチングスピーチとの3連複2頭軸で行きたい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR