函館2歳S回顧

たまに不発に終わる事もあるが、岩田康誠は馬券を買う上で最も頼りに出来る騎手の一人と言える。とりわけ、庭とも言える今年の函館開催(おそらく札幌もだろう)での無双ぶりは2週連続重賞制覇を含めて圧巻の一言だった。

デビュー戦で見せた勝負根性も然る事ながら、岩田人気も幾ばくか加味しての1番人気であったであろうブランボヌール。前半は急がせずに中団の外目を追走し、ペースが落ちた3コーナーから進出を開始。直線半ばで先頭に躍り出ると、一気に後続を突き放す完勝。
稍重にしては速いペースで前が引っ張った展開も味方したが、終わってみれば頭一つ抜けていたと言える。ただ、母ルシュクルは明確な距離の壁があったので距離延長でも今回のパフォーマンスを見せられるか気掛かり。

2着メジャータイフーンはスタートから後方に下げての末脚温存。道中は荒れたインを通らないように外を回り、仕掛けて行ったのは4コーナーから。先に抜け出された勝ち馬には追い付けなかったが、力強く伸びてゴール寸前で2着に浮上。
好位抜け出しだったデビュー戦とは打って変わっての直線勝負だったが、問題なく対応出来たのは今後に向けて収穫だったと言える。血統的に距離の融通性はなさそうだが、溜める競馬ならマイルくらいまでなら持ちそう。

3着ヒルダはスタート一息だったが、二の脚を利かせて前へ行っての好位追走。4コーナーから追っ付け気味に外へ出して前に取り付き、勝ち馬にはあっさり突き放されたが、ゴール寸前までしぶとく粘り込んだ。前に行った馬には厳しい展開で踏ん張ったのは評価出来るが、もう少し落ち着きがほしいところ。

3頭出しの道営勢では最も人気薄だったタイニーダンサーが4着に健闘。外枠だった事もあってすぐに後方に下げ、道中は2着馬のやや前目を追走。3コーナーから勝ち馬の後を追い掛けるように動き、直線では2番手に上がろうかという勢いだったが、最後に甘くなった。馬場と展開が味方したと言えるが、本質的にはダート馬だろう。

マコトルーメンは最初から全く行く素振りを見せずのかなり離れた後方ポツン。3コーナーでもかなり集団から離れており、直線入り口で漸く集団の後ろに取り付いてから上がり最速で追い込んだが、流石に道中の位置取りが後ろすぎた。1200mは確かに短い印象だが、あそこまで溜めずとも良かったように思える。

デビュー戦で勝ち馬と接戦を演じたメジェルダは内枠で包まれるのを嫌ってハナを主張。無理する事なく先手は取れたが、2、3番手のプレッシャーもキツくて自然とペースは速くなって、残り100mを切ったところで脚が上がった。良馬場で外枠でも引いていれば違う競馬が出来たと思うが。

オデュッセウスは外枠から押してハナを切ろうとしたが、外枠が祟ってハナを取り切れず。馬場も合わなかったか、4コーナーで早々と手応えが怪しくなり、更に直線入り口で押しくらまんじゅうされて戦意喪失。全く力を出せたとは言い難い内容。良馬場で見直したい1頭。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR