ジャパンダートダービー回顧

不良馬場にまで悪化し、クロスクリーガーがマイペースの逃げを打ち、3コーナー過ぎでの手応えから「ノンコノユメの勝ちはないな」と思っていたら、あれよあれよの鬼脚炸裂。3連勝で一気にGⅠまでぶっこ抜くとは驚きである。

スタートはこの馬にしては出た方で道中は中団後方の外目。前半はペースも遅くて楽に付いて行くことが出来たが、ペースが上がると気合を付けて早めに動き、直線入り口では5、6番手。
それでも、この段階では差し切る勢いはないと思っていたのだが・・・残り1Fを切ったところでエンジンが掛かり、逃げ込み態勢に入ってたクロスクリーガーを並ぶ間もなく交わし去った。
勝ったとはいえ、穴も多そうなレース内容だった前走をそれ程高く評価してなかったのだが、完全に勝ちパターンに持ち込んでた2着馬を交わして着差を付けた終いの破壊力は本物だろう。古馬との戦いでも十分勝負出来る印象。距離も問題なくこなせる。

2着クロスクリーガーは好スタートからスンナリとハナへ。2、3番手の馬も競りかけて来なかった事から、前半は南関以外の地方馬でも付いて行ける緩いペース。向こう正面からペースを上げて後続馬を篩に掛け、直線半ばでは決定的な差を付けたかに見えたが・・・
行ったもん勝ちの不良馬場でマイペースの逃げを打って差されたのだから、相手が悪すぎたとしか言い様がない。ただ、3着以下は引き離しており、世代トップレベルの能力を有してるのは証明出来た。

3着ラッキープリンスはスタートからスッと前に取り付いて道中は好位4番手。ペースが上がって他の地方馬が遅れだす中、唯一付いて行くことが出来、4コーナーでは2番手。負かしに行った事で最後は一杯になったが、地方勢最先着を果たした。
当時は人気薄だったが、東京ダービーを制したのはフロックではなさそうだ。羽田盃(3着)からコンビを組んだ今野との相性も良いようだ。同世代間なら中央勢とも互角に戦える印象でレパードSでも面白い存在になりそう。

ストゥディウムはスタートから抑えて最後方に付けて前半はひたすら末脚を温存。向こう正面から位置取りを押し上げて動いて行き、勝ち馬には一瞬で置いてかれたが、この馬なりにしぶとく脚を伸ばした。東京ダービーでは崩れたとはいえ、南関トップクラスの実力は伊達ではなかった。交流重賞でもそこそこやれそうだ。

ライトオンウインドはプラス16キロだったが、減ってた馬体を戻した印象。サッと2番手に付けたが、それ以上競りかける事はせず。ペースが遅くて行きたがるのを宥めつつの追走だったが、勝負所から追走に手一杯となって直線は流れ込んだ印象。距離も少し長かった印象だが、現時点ではトップクラスとの差はまだ大きい印象。

ポムフィリアは内枠から労せず好位のインをキープしていたが、勝負所からジワジワと離されて流れ込んだだけ。紅一点でまずまず善戦したとも言えなくないが、牡馬混合戦では力が足りてない印象。

ドバイ帰りのディアドムスはスタートで外へヨレ、それを立て直すのに余計な脚を使ったし、終始外を回らされた事でスタミナを消耗してしまって4コーナーを待たずして勝負圏内から脱落。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR