CBC賞回顧

ベルカントの出走取り消しで労せず先手を取れると思って最上位に見たホウライアキコだが・・・好スタートを切ってもハナを切るどころか、重馬場なのに前半3F33.4という速い流れに付いて行けず、好位追走で一杯一杯。もうこの時点でダメだと思ったが、直線もサッパリ伸びないまま9着。これはもう見通しが甘かったとしか言い様がない。

サドンストームはいつも通りというか道中は中団後方で脚を溜める競馬。外枠だった事もあって終始外を回る形となって直線もそのまま外へ。残り1Fから2着馬と併せる形で差し脚を伸ばして来たが、最後は2キロのハンデ差が出る形で僅かに伸び負けしての3着。
予想より速いペースとなって展開としては間に合ってもおかしくなかったが、勝ち馬とは内外のコース取りの差、2着馬とはハンデ差が出ての惜敗。差し馬の割に安定してるんだが、どうにも突き抜けるまでのもうひと押しが足らない。

初の1200m戦がどうかだったウリウリだが、道中は無理する事なく内ラチ沿いに張り付いて経済コースで脚を溜める競馬。直線は一旦外へ出そうかという動きを見せたが、結局はスペースの空いてるイン強襲。一気に抜け出し、外の各馬の追撃を抑え切った。
岩田のイン強襲は流石であったが、経済コースで脚を溜められたとはいえ、1200mでもこの馬の持ち味である決め手を使えたのはマイルが長くなりつつあったこの馬にとって明るい材料だろう。

2着ダンスディレクターはまずゲートをまともに出れたのが大きい。道中は少し行きたがる仕草を見せつつも、中団のインで脚を溜めて4コーナーのコーナリングで少しずつ外へ。3着馬との追い比べは制したが、内を掬った勝ち馬には届かず。
直線で一瞬前が詰まって追い出しのタイミングが遅れたのと、勝ち馬とのコース取りの差が明暗を分けたと言える。ただ、包まれて何も出来なかった前走と違って重賞でも通用するところを見せたのは収穫。

ベルルミエールはスタートは甘かったが、二の脚を利かせて中団馬群の中を追走。4コーナーでのコーナリングは必要以上に外を回らず、直線でも良いタイミングで抜け出しかけたが、最後は上位馬の決め手に屈する形。久々の1200mでも問題なく流れに乗れたし、マイルよりもレースはしやすい印象。これもレースの選択肢に幅が出る内容だったかと思う。

ベステゲシェンクは仕上がってはいたが、中団後方を追走してた3コーナーで内外から挟まれる感じで何度か接触。直線も一回内外から狭められて追いづらくなる場面があって全く伸びを欠いたまま。力を出せたとは言い難いし、こうした馬場もあまり良いとは言えない。次は見直しても良い。

レッドオーヴァルは道中は終始馬群の一番外を回らされたし、重馬場まで悪化してはどうしようもない。ここ3戦は馬場に泣かされてるが、良馬場で走れればもっとやれても良い馬。良馬場なら巻き返しを注意しておきたい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR