宝塚記念回顧

いつもなら日曜の夜に書き上げるのだが、今年の宝塚記念に関しては全く執筆意欲が湧かず遅れに遅れて今日の掲載となってしまい、レース回顧に目を通して下さるリピーターの方々には些か申し訳なく思ってますm(__)m

原因は一つしかない。予想の段階から今年の宝塚記念に対してモチベーションが全く上がらなかった。土日は休日出勤を含めて私用で忙しく、じっくり検討してる時間もなかったのだが、時間がないなりに簡単な見解を書こうという気も起きず、条件が整いすぎてたゴールドシップから当てに行くという、オラオラされても文句の言えない安易な発想に至ってしまってこの様である。
それでも、平穏無事に終わっていればまだ良かったのだが、肝心のゴールドシップが周知の通りゲート内で2度大きく立ち上がって2~3秒してからゲートを出る大出遅れ。ラガーレグルスみたいな競走中止という最悪の展開にならずに済んだが、俺を含めてこの馬絡みの馬券を買ってる人からすれば一緒の話。
判り易い糞レースだった桜花賞と違って、怒りの矛先をどこに向ければ良いのか判らないレース回顧など書こうとする気が起きなかったのは理解して下さいm(__)m

あの出遅れに関してはあちこちで色々な見解が書かれているので今更書くつもりはないが、馬券買ってる人間の神経を逆撫でしてるかのようなノリと須貝の発言は到底許容出来るものではない。まあこの二人に限らず、こうした立場の人間は思ってもいないことを平気でのたまうから、いちいち腹を立てても仕方ないが、いつか手痛いしっぺ返しがあれば良いと半ば以上本気で思ったわ。

京都記念から力量を高く評価してたラブリーデイ。大外からスッと前に行くと逃げたレッドデイヴィスの後ろに付ける番手からの競馬。ペースは遅く、前半は少し行きたがる仕草を見せたが、上手く折り合いを付けての大名マーク。ペースが上がった勝負所でも手応えには余裕があり、直線半ばで先頭。ゴール前で2着馬の急追を受けたが、最後まで抜かせなかった。
これで今年重賞4勝目。長丁場の2戦は結果が出なかったが、2000m前後の中距離戦での充実ぶりを見せつける強さだった。同型馬が大して強力でなかった恩恵もあったが、自分でレースを作れる強みを活かし切ったと言える。秋の天皇賞でも当然有力な存在。

2着デニムアンドルビーはスタートから行く構えを見せず、内に入れての離れた後方2番手で脚を溜めるスタイル。そのまま3コーナーまで動かず、4コーナーで外へスムーズに持ち出して直線で溜めた末脚炸裂。勝ち馬には僅かに届かなかったが、久々にこの馬らしい決め手だった。
自分でレースを作れるか作れないかの差は出たが、中途半端な位置取りよりも溜めに溜めるスタイルがこの馬が得意とする緩いペースと上手く噛み合った。他力本願で展開に左右されるタイプだが、ハマれば今回みたいに浮上して来るだろう。

3着ショウナンパンドラはスタートから少し促して好位からの競馬。最内だった事もあって集団のインで折り合いを付けて脚を溜め、ペースが上がった勝負所では気合を付けて置かれないようにし、直線も最内を突いて脚を伸ばして3着を確保。
軽い馬場の京都なら兎も角、阪神の重い馬場ではどうかと思っていたが、良馬場まで回復した事でこなすことが出来た。内枠を引いた事で一貫して内に拘った池添の騎乗も良かったと思う。

トーホウジャッカルは仕上がりは良かったが、道中は中団の外目を回らされて前に馬を置けずに掛かり気味の追走。4コーナーから外を回ってじジワッと前との差を詰めに掛かり、直線でもスパッと切れなかったが、ジリジリ伸びた。
阪神大賞典の回避に始まり、順調さを欠くに欠いてのぶっつけだったが、レコードで菊花賞を勝った実力は伊達ではなかった。秋は順調に使えるかがカギになるが、これなら秋のGⅠ戦線でも十分に通用するだろう。

ヌーヴォレコルトは好スタートを切ったが、行きたい馬を先に行かせて好位の外目。ペースは遅かったが、上手く折り合いを付けて4コーナーから追い上げ態勢。ただ、直線は上り勝負となった事でジリジリとしか伸びず。もう一列前にいればもう少し差を詰めれたかもだが、牡馬相手だと2200mはやや長いか。現状の力は出せたと思うが・・・

ディアデラマドレはスタートを上手く出ると中団グループの後方から。前半は行きたがる仕草を見せたが、馬群の中で折り合いを付けて脚を溜めての追走。3~4コーナーからジワッと差を詰めに掛かり、直線もそれなりに伸びてはいたが、牝馬同士でも1F長いのに、牡馬混合では流石に分が悪かった。

ラキシスは10キロ増は問題なかったが、スタートで出遅れて後方から。ペースが遅くて行きたがるのを宥めながら追走し、勝負所から外を通って前との差を詰めに掛かったが、一瞬の切れよりもいい脚を長く使うタイプだけに最後は切れ負けしてジリッぽくなった。大阪杯ではキズナを破る仕事をやってのけたルメールだが、今回は下手に乗った感。

ワンアンドオンリーはスタートからジワッと出して好位集団の一角。ペースは遅かったが、馬群の中で折り合いを付けて追走。ただ、ペースが速くなったところから苦しくなって直線も特に見せ場のないまま。この馬向きの流れではなかったが、あまりにも不甲斐ない内容だった。

カレンミロティックはスタート後に寄られて持ち味の先行策を取ることが出来ずに中団からの競馬。道中も内に押し込められて位置取りを上げることが出来ず、勝負所から手応えが怪しくなってこれも見せ場なし。熱中症の情報もあったようだが、本来の策を取れなかった脆さが出た。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR