マーメイドS回顧

強力な同型馬が不在で楽に先手を取れる組み合わせ、重賞実績もある相性の良い阪神、中間の調整も順調でハンデも手頃と崩れる要素が皆無に思えたリラヴァティだったが、直線半ばで止まってしまって8着。気配の良さから単複まで買い足した此方としては大打撃も良いところ

スタートから出して行って注文通りハナを切ると、3F~6F目まで12秒台を刻むマイペース。この段階では良い感じの逃げに思えたが、3コーナー過ぎから2番手集団の突き上げが速く、7F目から尻上がりに加速させられて直線半ばで一杯となって失速。
粘っこい先行力を武器に持久力勝負には強いタイプだが、早い段階からプレッシャーを掛けられ、ペースが一気に釣り上げられての瞬発力勝負に持ち込まれると厳しい。外差しが利く馬場になってたのも不運だった。

2着に来たローズS以降、重賞で度々穴人気しては跳ね返されたシャトーブランシュが遂に重賞初勝利。スタートから行く構えを見せずに後方3、4番手のインに控えて脚を溜める競馬。ペースが上がった勝負所でスッと反応出来ず、4コーナーでも後方2、3番手。しかし、直線で大外に出すと外差し馬場を味方に付けてグイグイ伸びて一気の末脚炸裂。
乗る騎手の取る戦法によって異なる脚質になるが(器用貧乏に近い)、過去に2度騎乗して溜める競馬をした藤岡康の騎乗が外差し馬場が利くようになって上手くハマったと言える。53キロの手頃なハンデも幸いだった。

2着マリアライトは前半は中団後方の外目を追走。向こう正面に入ってからジワッと位置取りを上げて行き、4コーナーでは好位集団の外にまで接近。直線でもしぶとく脚を使って一旦は抜け出しかけたが、外から一気に伸びた勝ち馬の勢いに抗し切れず。
実績と血統から2000mは少し短い印象だったが、特に問題はなかったようだ。終始外を回ってかなりの脚を使っているが、最後まで止まらなかったように連勝して来た地力は見せたと言える。ただ、それもGⅢまでの話でそれより上だと厳しい印象。

3着パワースポットはいつも通り後方に控えて折り合いに専念。向こう正面半ばから外を通ってジリジリと位置取りを上げ、勝負所では勝ち馬に合わせてスパート。残り1Fを切った辺りでやや甘くなった感じはしたが、良い脚を長く使って2着馬に詰め寄った。
輸送減が気掛かりだったが、4キロ減で許容範囲内の馬体重だったし、相性の良い大野に戻って持ち味は出せたと思う。やや詰めが甘いのが難点だが、今後も乱戦が予想されるレースでは注目出来る存在。

ウインプリメーラは好スタートを切ったが、大外だったのもあってかリラヴァティを先に行かせての2番手から。3コーナー過ぎからリラヴァティにプレッシャーを掛けに行ってペースを釣り上げ、直線半ばでこれを潰して先頭。そのまま逃げ込みを図ったが、最後は決め手のある馬に交わされてしまった。出来の良さを活かして見せ場十分だったが、阪神ではどうしても詰めが甘くなってしまう。

アースライズはオークスから8キロ減って少し細い印象。スタートがやや甘く、出して好位を取りに行ったところで少し行きたがってしまい、落ち着かせたのは向こう正面。しかし、息を入れる間もなくペースが上がってしまって4コーナーでは手応え劣勢のまま挽回出来ず。状態もあまり良くなかったが、チグハグに乗られてしまった印象。

バウンスシャッセはスタート一息で道中は中団後方を追走してたが、デムーロと呼吸が合ってない感じのギクシャクした走り。勝負所では集団の真っ只中で動くに動けず、直線も完全に進路が無い状態。外にスペースを確保した段階では時既に遅しの状況。中谷以上のヘッポコ騎乗だったとしか言い様がない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR