京都新聞杯

◎アルバートドック
○サトノラーゼン
▲スピリッツミノル
△ポルトドートウィユ
△トーセンバジル
△シュヴァルグラン



PO馬という贔屓目はあるが、アルバートドックの前走は距離が少し短かった。2400mだった2走前は今回人気してるサトノラーゼンを下しており、長距離適性はこのメンバーでも上位。ディープ産駒では切れよりも持続力の高い末脚を武器としており、スピリッツミノルが程良く引っ張って極端な上がり勝負にならなければ勝ち負けになる。最終追い切りは時計こそ平凡だが、それまで入念に乗り込まれているので問題はないだろう。

サトノラーゼンは勝ち上がるまで時間を要したが、未勝利戦でレーヴミストラルを負かしており、500万下ではキタサンブラックと好勝負。2走前はアルバートドックに負けはしたが、この時は馬場が渋って切れを殺された。1Fの距離延長がどう出るかだが、軽い良馬場ならディープ産駒特有の切れを発揮出来る。追い切りも上がり重点とはいえ軽快な脚捌き。イレ込みがキツくなければ。

スピリッツミノルは皐月賞ではハナを叩けず本来の競馬が出来なかったが、それでも坂下まではそれなりに粘ってた。スタートがあまり速くないので上手く先手を取れるかどうかが鍵になるが、今回はメンバー的に単騎逃げが見込める。切れ味勝負になると厳しいので早めにスパートしての消耗戦に持ち込めたいところ。

ポルトドートウィユは3走前にアルバートドックを決め手比べで破ってる。前走は良馬場とはいえ力の要る阪神の馬場に切れ味を殺されたが、軽い馬場の京都に替われば切れ味が増す筈。外目をノビノビ走らせた方が良いタイプなので内枠から早い段階で外へ出せるかが鍵になりそう。あとは1Fの距離延長がどうか。

トーセンバジルは弥生賞が途中から集中力を欠いた感じで内容的には物足りなさを感じたが、それから自厩舎で入念に乗り込まれており、今週の追い切りでは古馬OPのファントムライト相手に先着。追われてからの反応も上々。葉牡丹賞で見せた強い勝ち方をもう一度見直してもいいだろう。距離延長も問題なさそう。

シュヴァルグランは1勝馬だが、その時の未勝利戦で下したのがアルバートドック。以降、勝ち切れないとはいえベルラップ、ベルーフに0.3秒差。前走は出走取消明けで万全ではなかったが0.3秒差の5着に纏めてる。この条件でのハーツクライ産駒の成績の悪さは気になるが、戦ってきた相手のレベルを考えれば無視出来ない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR