櫛の歯が欠けるようにいなくなる有力馬達

9歳になってもGⅠ勝利を重ねられるワンダーアキュートみたいな息長く走る馬がいる一方、ここ暫くは連日のように重賞戦線の有力馬の休養、故障、引退の情報が入って来る。全部を把握してないかもだけど、覚えてる限りの情報を挙げて行こうか。

まずは、正式に引退種牡馬入りの情報が出たオルフェーヴル世代の名バイプレイヤーだったウインバリアシオン。名バイプレイヤーとは書いたが、生まれた時代があまりにも悪過ぎた。出走したGⅠ馬の勝ち馬を見るとブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ゴールドシップと錚々たる顔触れが揃う。
特に目の上のたんこぶだったのがオルフェーブル。この馬さえいなかったら、ダービー・菊花賞の2冠を制し、有馬も勝ってGⅠ3勝してる筈だった。でも一番惜しかったのは昨年の天皇賞だろう。故障明けから復活し、従来の追い込みから捲り気味に動ける機動力を備えてた頃で日経賞の勝ちっぷりも圧巻だった。4角の僅かなロスさえなければ・・・余談だが、前日までバリアシオン軸だったのにシュタルケ→幸四郎で軸を替えてしまい、真っ白な灰と化してた会社の同期は今年もバリアシオンを買ってまた灰と化したようだ。ここまで来ると流石に笑えない(´・ω・`)

次に昨年の中山大障害を制したレッドキングダム。先月の中山グランドジャンプでは途中から明らかに走りがおかしくなって「重傷じゃなければ良いな」と思っていたが、左前浅屈腱炎を発症。まだ6歳だし、同じように2年余り休養して9歳で中山グランドジャンプを制したスプリングゲントみたいな前例もあるから再起をかけると思ったけど・・・どうやら九州の方で余生を送るらしい。

ドバイでは全く良いところがなかったハープスターは疲れが抜けずにヴィクトリアマイルを回避しただけでなく、右前脚の繋靭帯を損傷して長期休養の見込みとなった。
新潟2歳Sでの全馬ごぼう抜きに「これはとんでもない馬が出て来たものだ」と衝撃を覚えたものだが、不利を受けた事で加速力を失って届かなかったオークスから少しずつ歯車が狂っていったのかなぁ。凱旋門賞は川田がやっちまったし、ジャパンCは不利を受けたし、今年2戦は作戦ミスで惨敗。ブエナビスタ級と思ってたから復活を見たい気もするが、牝馬だし引退の選択肢を取られてもそれはそれでアリだろう。この馬に関してはマツパクが足を引っ張った気がしてならないし。

一昨年・昨年の天皇賞・春を連覇したフェノーメノは右前脚の繋靭帯炎を発症・・・と思ってたら、左前脚の屈腱炎を発症。まだ最終的な決断は出てないようだが、来年の種付けシーズンに間に合うように繋養先検討中なのかもしれない。年齢的にも現役続行は微妙なところだし。
実力は3歳時から高く評価していたのだが、馬券の相性は凄まじく悪かった。本命で買った3戦の内、2戦は馬券圏内に絡めず、3歳秋の天皇賞はエイシンフラッシュ抜け。秋GⅠ3連戦も悉く重い印を打って全部見せ場のない惨敗。連覇した天皇賞・春は一昨年はゴルシ軸でタテ目となり、2戦目は「流石にこの追い切りでは買えない」とバッサリ無印。軸で買えなくなったオルフェーヴルやゴールドシップですら馬券に貢献した事があったのに、ここまで噛み合わなかった馬は最近では珍しかった(´・ω・`)

昨年の皐月賞馬イスラボニータは大阪杯を回避しただけでなく、条件的にはベストだったであろう安田記念も回避。こちらの方は幸いにして骨や靭帯には異常はなかったようなので、あまり無理する事なく休養してもらいたい。

3年前のヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャは左前脚に不安を発症して引退。3年前のヴィクトリアマイルまでは比較的馬券の相性は良かったけど、迷走と激走を繰り返してから噛み合わなくなったなぁ。一昨年のヴィクトリアマイルは完全に終わった馬と軽視して勝たれ、昨年は軸にして買ったら4着。
つーか、7歳になっても現役続行してた方が違和感あったわ。千代田牧場縁の血統だし、最悪の事態になる前に引退出来て良かったよ。

個人的には昨年のバンドワゴン並みにガッカリ来たのがブライトエンブレムのダービー回避。1、2着馬とは勝負付けが済んだ感じがしたとはいえ、田辺騎乗だし、馬場が渋れば狙いたかった馬だった。菊花賞に間に合ってくれたら良いのだが・・・。あと、ダノンプラチナ、シャイニングレイ、ロカも春は休養とか。

昨年夏にちょっと息を吹き返してたとはいえ、既に過去の馬ではあったダークシャドウも引退が決定。種牡馬にはなれず、新潟競馬場で乗馬になるとか・・・4年前の天皇賞を勝っていれば、種牡馬になれたかもなぁ。ミスプロ入ってないアメリカン血統で面白い血統なんだけど・・・クラレントに種牡馬入りの可能性が残ってるとはいえ、ダンスインザダークの父系存続はかなり厳しいな。


ざっと挙げてみたけど、本当に多いな。天皇賞もフルゲート割れしたし、これ以上有力馬の戦線離脱は勘弁してもらいたいんだが・・・


追記(5月7日)
記事を書いた翌日になってハープスター引退である。種子骨の靭帯炎も併発して復帰は困難との判断とか・・・昨日は引退もそれはそれでアリと書いたが、GⅠ勝利が桜花賞だけというのは何とも寂しい。新潟でのあまりの勝ちっぷりに過剰な期待を抱いたのは否定しないが、これで終わる馬ではなかったと思う。とりあえずお疲れ様m(__)m

先日のスイートピーSを無傷の3連勝で制したディープジュエリー。例年なら大して気にも留めないのだが、前走がなかなか強い勝ち方だったから「スイートピーSで権利取れたら面白いかも」とちょっと期待して見事に権利を取ったのに・・・疲れが抜けずにオークス回避とか(´・ω・`)今年は当日の馬体重見るまで何買えばいいか分からんわ。

短距離ダート戦線で息長く走ってたセイクリムズンが引退種牡馬入り。昨年で種牡馬引退したエイシンサンディの後継種牡馬になれるとは・・・相当に渋い血統でチャンスもどれくらい与えられるか分からんけど、ひとまずはお疲れ様m(__)m

本当、日替わり定食みたいに有力馬の戦線離脱が相次ぐな・・・そして誰もいなくなったみたいな展開はマジで勘弁なんだけど(´・ω・`)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR