青葉賞回顧

当ブログのいつものパターンなら、この日は天皇賞・春の予想を書いてる筈と思われるだろうが、今日は超が付くドハマりコースの休日出勤(繁忙期よりも忙しいってどうなんよ?)に直撃して予想を纏めるだけの集中力がない。ここはメンバー的にもレースレベル的にもダービーに直結するか怪しい青葉賞の回顧をひとまず済ませる事にするw

青葉賞史上初の兄弟制覇を成し遂げたレーヴミストラル。前半はリズム重視で中団の外目を追走。前走でもスローな流れを経験しており、折り合いの方はスムーズ。4コーナーから促して進出を開始し、直線でも一気に行かず少しずつ仕掛けて行き、坂上からゴーサイン。ゴール前で3頭の叩き合いから一歩抜け出した。
良い脚を長く使える点とスローペースでも折り合いの不安がない点はダービーに向いてるとも言えなくもないが、走破時計は兎も角、スローで流れた割に上がり33.7は馬場状態を考えれば際立って優れてるとは言えない。昨年の大久保洋厩舎に続いてマツパク最後のダービー出走だが、入着クラスという感じか。

2着タンタアレグリアは内枠だった事もあって最初はインに付けていたが、1~2コーナーで徐々に外目に出して向こう正面では中団の外。直線入り口でスペースの空いてる外に持ち出し、坂下まで追い出しを我慢。一時は3頭の叩き合いで最も劣勢だったが、そこから差し返して2着を確保。
左回りでは連対を外してないし、なかなか勝負根性もありそうだが、切れ味勝負になって皐月賞組に太刀打ちできるとは思えない。まだ昨年の2着馬ワールドインパクトの方が穴っぽい期待を持てた。ただ、秋以降の成長力は此方の方がありそう。

3着ヴェラヴァルスターは道中は1、2着馬を前後に見ながら中団を追走。直線入り口で出来たスペースを割って内の2着馬、外から少しずつ仕掛けて来た勝ち馬の脚色を見ながら追い出し、一旦は2番手に上がりかけたが、最後は差し返されて3着。久々でも仕上がっていたし、折り合いも付いていたが、スロー上がり勝負で切れ負けした形。

ブラックバゴはスタートから後方に下げて馬群の中で折り合いに専念しようとしたが、スローペースに堪えかねて道中は掛かり気味の追走。3~4コーナーから集団の外へ出そうとしたが、3着馬に被せられて上手く出せず、直線も2着馬に先に入られて包まれる形。坂上で漸く開いた内に突っ込んだが、時既に遅しの状態。桜花賞以降の戸崎はちょっと乗れてない。

レッドライジェルはスタートから行く構えを見せず、道中は後方4番手辺りで脚を溜める競馬。ペースが上がった3~4コーナーで反応が鈍かったが、直線は大外からジワジワと脚を伸ばした。今回は人気先行で期待に応えられない結果だったが、今後の成長力次第をいう感じか。

デビュー2戦目までは「武豊にダービータイトルをもたらすかも」という期待があったティルナノーグだが、後方集団で脚を溜めての直線勝負だったが、坂の途中で脚色が同じになったし、後方からの大外で間に合う展開でもなかった。一時期よりは良くなってる印象だが、2歳時がキャリアハイという可能性も無きにしも非ず。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR