アンタレスS回顧

脆い時は脆いが、ハマれば滅法強いクリノスターオーが人気のアジアエクスプレスを徹底マークの末に競り落として重賞3勝目。初めて装着したブリンカー効果は絶大だったようだ。

休み明けだったが、仕上がり良好で気合い十分。スタートから気合いを付けてスッと前に行くと内からハナを切ろうとしたアジアエクスプレスを行かせての2番手から。3~4コーナーで外から先頭に並び掛け、直線の叩き合いでこれを競り落とし、ナムラビクターの追撃も振り切った。
これまでは勝負所でズブさを出していたが、今回はそうしたところがなかった辺り、ブリンカー効果があったと言えるだろう。持ち時計を大幅に詰めた走破タイムも悪くなく、今後のダート戦線で楽しみな存在か。

2着アジアエクスプレスは内で包まれるのを嫌ってか、スタートから気合いを付けてハナを主張。終始勝ち馬にマークされて楽なペースで逃げていたわけではなかったが、これが後続に脚を使わせる結果に。直線の叩き合いで勝ち馬に競り落とされたが、ナムラビクターの追撃を凌いで2着を死守。
人気には応えられなかったが、淀みないペースで引っ張って直線もしぶとく二枚腰で粘った内容は評価出来る。脚質は微妙に違うが、自身のスピード力を活かすトランセンドやエスポワールシチーに近いタイプか。

3着ナムラビクターはスタートで出遅れて中団のインから。道中は流れに乗ってジワジワ位置取りを上げたが、勝負所で横のトウショウフリーク、前のサンレイレーザーが壁となって動くに動けない苦しい展開。直線で外に持ち出して前2頭に迫ったが、脚を余す形で交わし切れず。
勿体ない競馬だったが、淀みないペースで脚を削られた好位組で唯一前2頭に迫り、チャンピオンズC2着の看板の確かさは見せた。スパッと切れる脚はないし、あまり前を追い掛けても前走みたいな事になる。仕掛け所がやや難しいタイプだが、タイミングが合えば大仕事をしそうな気がする。

ダノンバトゥーラは内から気合いを付けて好位4、5番手からの競馬。勝負所でバテた2頭を交わして3番手に浮上したが、既にムチが飛んでいる状態。直線で突き放されたが、そこからしぶとく脚を伸ばして4着に健闘。上位馬との力の差は見せ付けられたが、初の重賞で人気所相手にこれだけ走れば上々だろう。まだ4歳馬で今後の成長力に期待。

イッシンドウタイはこの馬としては良いスタートを切れたものの、内で砂を被ったせいか、ややズブさを出して中団後方からの競馬。道中の手応えも追っ付け気味で追走に苦労してたが、直線は最内に入ってジリジリと脚を使って伸びて来た。前走よりも相手強化された感じだったが、それなりに走れたように地味に力は付けている。

ローマンレジェンドは中団後方の外目からレースを進めたが、躓いて後退したサミットストーンの煽りをモロに受けて後退。そこから立て直して差を詰めるのに脚を使ったし、他馬より重い58キロを背負ってた分、前を脅かす勢いはなかった。プラス12キロも微妙に堪えたかもだが、阪神コースはあまり合ってない感じ。

ワイドバッハは最後方待機で末脚に賭けたが、コーナー4つのコース形態はやはり合ってない感じで全く勝負に関係ないところでそれなりに伸びた程度。距離云々よりもコース形態が敗因だろう。マスクゾロは好位を取れたが、道中は軽く追っ付けながらの追走だったし、直線では物見をして集中力を欠いた辺りで失速。マルカプレジオは距離が短いというよりも何処か集中力を欠いた走りで後方のまま見せ場なく終了。

ナムラが2着に届いていればもっと良かったのだが、本線の3連複&押さえの馬連で収支的にはマズマズの勝利。しかし、その儲けを皐月賞に回してトータルではほぼ儲けなしという痛み分けな結果。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR