皐月賞回顧(2週連続の毒吐きタイム)

このレースで糞騎乗と書いて差し支えない酷い騎乗だったデムーロとルメールだが、片や桁外れの切れ味で豪快に差し切って皐月賞最多勝記録更新、片や無敗の1番人気馬を着外に沈めるという明暗クッキリな結果に。しかも、後者が本命というのが先週と違う意味でレース回顧のモチベーションを大幅に下げてる(´・ω・`)

潜在能力の高さはメンバー屈指だったが、東京しか走ってない点と気性面の難しさから半信半疑な部分はあったドゥラメンテ。スタートで外にヨレてスピリッツミノルと接触して1コーナーでは後方2、3番手。この時点で詰んだと思ったが、道中の折り合いはスムーズ。
しかし、4コーナーで問題の事件が起きる。初の右回りと歓声に驚いたとかで制御出来ずに外へ膨れに膨れ、ベルラップ、ダノンプラチナ、タガノエスプレッソの前をカットし、サトノクラウンにも不利を与えるご乱心。
並みの馬なら立て直しても届かない展開だったが、エンジンが掛かった残り1Fから桁外れの瞬発力を披露して先に抜け出した2着馬を並ぶ間もなく差し切った。最後の1Fのレースラップが11.6だから、この馬は10秒台の脚を使ってる事になる。如何にこの馬が凄まじい脚を使ったか窺い知れよう。

だが、勝つには勝ったが、当然のようにデムーロは実質4日間の騎乗停止。一昨年から世界基準()に合わせて降着制度のルール変更したら、裁決委員の未成熟さを露呈するだけというバカげた展開が続いてるわけだが、今回も極めて後味の悪い結果となってしまった。
今回の場合、デムーロが悪いというより右回り未経験だった馬の方に問題があったと思うが、あまり悪びれてない感じのインタビュー(まだ本当の意味で日本語を理解してない感じだが)は不愉快の一言。デムーロの人柄から好意的に受け止められてるようだが、そう受け止めてる人らは事の重大さを理解してないように思える。

ルール改悪で一発目の黒歴史となった一昨年のAJCCでクソミソにこき下ろした事があるが、そこでも書いたように降着は兎も角として加害馬の関係者に対する罰則を強化しないと本当に取り返しの付かない事が起きるかもしれない。
「馬券を外した奴の戯言」と思う人もいるだろうが、そういう人はこうした事象が起きて馬券を外した場合でも戯言で片付けられるのだろうか?無理だろう。何をやっても許されると思う奴に限って逆の立場になった場合、ヒステリックに喚き散らすような気がする。基本的には「自分が良い思いをすればそれで良い」というどこぞの民族と同じ発想なのだから。


・・・これ以上は話がおかしな方向へ行ってしまいそうなのでやめとこうか。当初はここまで書くつもりはなかったのだが、この件に関しては自分でも思ってた以上に納得してなかったようだ。

2着リアルスティールは好スタートを決めたのもあるが、予想通りそのまま好位を取りに行く正攻法の競馬。最初のスタンド前では折り合いを欠く場面もあったが、1~2コーナーで折り合いを付けた後は概ねスムーズな追走。4コーナーでキタサンブラックの外へ出していつでも抜け出せる態勢を作り、坂下で先頭に立ったが、勝ち馬の瞬発力が一枚も二枚も上手だった。
序盤に掛かったとはいえ、あの程度なら許容範囲内。福永はトライアル試走に徹した前走と違って中山の2000mで勝ちに行く競馬をしたと言える。こうした競馬を常にしてれば下手打った時にクソミソにこき下ろす事はしないのだが・・・ただ、昨年のジャパンCと同様に【立ち回りは申し分なかったが勝ち馬が強過ぎた】としか言いようがない運のなさには流石に同情する。
ただ、広い東京コースに替われば、もう少し溜める競馬が出来るであろう。何処か危うさが付き纏う勝ち馬よりも安定性という点ではこの馬の方が軸として信頼出来る。

3着キタサンブラックは一旦はハナを切ろうかという場面もあったが、外からクラリティスカイがハナを主張した事もあって2番手からの競馬。楽なペースだった前走と違って平均的に流れたが、リズムに乗った感じの追走。2着馬に直線入り口であっさりパスされたが、しぶとく脚を伸ばして3着争いを制した。
前走があまりにも楽な形で勝てたので「流れが違う本番ではこう上手くは行かないだろう」と軽視したが(このパターンでいつも失敗する)、自分のリズムで走れば案外しぶといようだ。ただ、決め手勝負での限界点は見せたし、母父バクシンオーでは流石にダービーは長い気がする。

ブライトエンブレムはまともにゲートを出て中団のインに付けるこれまでと違う競馬。そのまま内ラチ沿いを通って勝負所から位置取りを徐々に上げて行き、4コーナーでは馬群を縫って好位集団の一角に進出。直線でもジワジワと脚を伸ばしたが、1、2着馬とは切れ味の差が出て伸び負ける結果に。
それまでのような後方から捲る競馬では危ういと思ってたが、内から馬群を器用に捌く味な競馬。負けはしたが、これで負けたら仕方ないと言える田辺の騎乗は相変わらず好感が持てる。1、2着馬との勝負付けは済んだ印象だが、馬場が渋ればこの差は詰められる。

クラリティスカイは大外からスッと前に行ってそのままハナを切る予想外の奇策。こうした奇策を打てるのがノリらしいが、極端なスローには落とさずに平均的な流れを作ってレースを締めたのは流石と言える。勝負所からジワジワペースを上げて逃げ込みを図ったが、スピードの持続力に優る上位馬に抗し切れず。ダービーではなく、NHKマイルCなら面白い存在になりそうだが。

1番人気サトノクラウンは予想で「まともに出れば」と端書きでスタートの不安を若干危惧してたが、まさか本当に出遅れるとは・・・これで「勝ちはなくなった」と半分諦めた。差を詰めに掛かった3~4コーナーで外に弾かれ、更に膨れてスッ飛んで来た勝ち馬に寄られる不利。勢いが付きかけていたところでの不利は如何ともし難く、何とか立て直して直線で追い上げたものの、追い付ける状態ではなかった。
勝負所での2度の不利が痛かったのは確かだが、そもそもスタートで出遅れなければこうした不利を被る事はなかった。ルメールは「道中はリズムに乗れた」とコメントしたようだが、小回りの中山でしてはいけないミスを犯した時点でリズムは崩れてたと言える。尤も、明確な敗因なのでダービーでは巻き返しがあって良い馬ではあるが・・・

ミュゼエイリアンはもう少し前の位置に付けると予想してたが、思ったほど前に行かずに中団前目からの競馬。内々で折り合いを付けて脚を溜める競馬をしたが、徐々にペースが上がった勝負所で置かれ気味となり、バテない切れない感じで流れ込む程度。もう少ししぶとさを活かす形なら良かったのだが、現時点ではトップクラスとの差は如何ともし難い様だ。

朝日杯の勝ち馬ダノンプラチナは大外枠を引いた時点で厳しいと思ってたが、道中の走りも集団の外目でリズムを欠いた感じの追走。勝負所では外へ膨れてサトノクラウンに不利を与え、4コーナーでは自分自身が不利を被って終了。この内容ではダービーには行かずにNHKマイルCに向かうと思う。

ベルーフは1コーナーで勝ち馬とダノンリバティとゴチャついたところで落鉄してたとか。これで集中力が切れた感じとなったか、追走に余裕が無くなって後方のまま見せ場なし。スタートダッシュを決めたハービンジャーだが、ここに来て失速感が目立つ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR