NZT回顧

昨年はミッキーアイルという核になる馬がいた3歳マイル路線だが、今年はめぼしい存在が見当たらず(レッツゴードンキがこちらに回ってくれば一応の核となるのだろうが)。前哨戦の位置付けであるこのレースも特に目を引く存在の馬は出なかったように感じた。

これまでの戦績からマイルは微妙に長いと思ってたヤマカツエース。バラけたスタートから集団後方のやや外目に付け、折り合いを付けながらの追走。3~4コーナーからジワッと位置取りを上げ、直線入り口で集団の外へ。直線半ばで内にヨレてヤングマンパワーの前をカットしたが、そのまま坂上で抜け出した。
行儀の悪い点を除けば概ねスムーズに立ち回れたし、一瞬の脚を良いタイミングで使えたのが勝因だろう。適度に渋った馬場も前走で適性を見せていた。ただ、使える脚は一瞬しかないタイプなので直線の長い東京では使いどころが難しい。ファルコンSみたくインペタで回れれば・・・

2着グランシルクはスタートで立ち上がってしまって大きく出遅れて最後方。こうなってしまうと、取れる選択肢は腹を括っての末脚勝負しかない。4コーナーから外へ回して直線は大外。そこからグイグイ伸びて来たが、勝ち馬には僅かに届かず。
普通なら掲示板もないような大立ち回りだったが、それでも2着に突っ込んで来る辺り、このメンバーでは能力上位。ステゴ産駒だけに極端な瞬発力勝負でどうかと思うが、まともにゲートを出れば本番でも勝ち負けか。イレ込みには注意したい。

3着アルマワイオリはスタートで煽って後方からの競馬となり、2コーナーで折り合いを欠いて持って行かれそうになったが、何とか勝ち馬の後ろで宥めての追走。直線は勝ち馬の後を追うようにして末脚を伸ばしたが、舌を出して集中し切れてなかったせいか、最後の一伸びを欠いた。
前走はクリアしたが、気性面の難しさから来る折り合い面の不安を再度露呈。とはいえ、このメンバーでは地力上位なところも見せた。渋った馬場の方が良いタイプだが、折り合いさえクリア出来れば本番でもそれなりに走れるだろう。

ナイトフォックスはスタートを決めると、行きたい馬を先に行かせてインのポケットに入って脚を温存。そのまま直線まで仕掛けを我慢し、直線で馬群を割って一旦は先頭。最後は外の差し馬に一気に交わされたが、健闘と言える内容。同条件で2勝というコース適性の高さも味方した。しかし、立ち回りとしては完璧だったにも拘らず差された点から、重賞クラスだとマイルは1F長い印象。

ネオルミエールはボコッとした感じでゲートを出た事もあって後方に控えて折り合い重視の構え。4コーナーから外へ回し、直線は馬群を捌きながら脚を伸ばしたが、上位馬を脅かす勢いはなかった。叩き2戦目で一定の変わり身は見せたが、本番は相性の良い左回りで何処までという感じか。

ヤングマンパワーは大外枠から追っ付けて好位の外目。終始外を回る形となり、4コーナーでは外へ大きく振られる不利。それでも直線は盛り返そうとしたが、半ばで勝ち馬に前をカットされて失速。情状酌量の余地がある内容ではあったが、前走がピンと来る印象ではなかっただけに、本番で巻き返せるかは未知数。

マテンロウハピネスは一完歩目のダッシュ力の差でハナを叩けず3番手のインから。内で揉まれ込む形となったし、先行馬が軒並み止まるキツい流れで直線では余力がなかった。逃げ馬の脆さが出た内容。アクティブミノルは外枠からスッと前に取り付いて2番手からの競馬となったが、マテンロウハピネスと何度か接触して戦意喪失。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR