2015年度新種牡馬~輸入種牡馬編Part2~

ベーカバド(産駒数78)
父ケープクロス
母ベーカラ
母父クリス
主な戦績・・・パリ大賞典、ニエル賞


ワークフォースと同世代にあたるフランスの強豪。2歳夏にデビューして3連勝。3歳緒戦で3着に敗れて連勝は止まったが、続くギシュ賞で重賞2勝目をマーク。仏ダービーは有力馬の一頭として出走したが、直線入り口で不利を受けたのもあって4着に敗れた。
しかし、パリ大賞典では仏ダービー2着馬プラントゥールを破ってGⅠ初勝利。ニエル賞では再度プラントゥールを、そしてヴィクトワールピサを撃破。凱旋門賞では2番人気に支持されたが、直線で前をスムーズに捌けず、またしても4着に敗れた。
遠征したBCターフでは1番人気に支持されたが、前に行った人気薄2頭を捕らえ切れず3着に敗退。翌年も現役を続行したが、初戦のシャンティ大賞典で2着に敗れた後に故障が判明して引退。

引退後は優駿SSに購入され、初年度は110頭に種付け。ただ、2年目は78頭に減少し、昨年も変わらずの78頭。
優駿SSはマヤノトップガン、キングヘイロー、マーベラスサンデーといった内国産種牡馬は割と成功してるが、輸入種牡馬はコマンダーインチーフ以外はハズレを引いてる印象。果たして、この馬は第2のコマンダーとなれるか?

父ケープクロスはグリーンデザートの流れを汲むダンジグ系種牡馬。種牡馬としてGⅠ6勝の名馬シーザスターズ、2年連続カルティエ賞年度代表馬となったウィジャボードを輩出して成功してる。グリーンデザートは日本ではシンコウフォレストやメジロダーリングが代表産駒であるように、短距離に特化してる系統だが、孫の代になって距離を克服する産駒が増えつつある印象。
尤も、ベーカバドの場合は母が3000mの重賞を勝っており、祖母は凱旋門賞でキャロルハウスの2着という実績がある長距離不問の血統という下地があった事で距離をこなせたとも言える。

交配相手で重賞馬はゴッドインイチーフのみ。他の注目産駒はカネツフルーヴの甥、ベルシャザールの甥、メガスターダムの甥、タイキフォーチュンの甥、ワイルドワンダーの近親、ホッコーブレーヴの姪、マイネルホウオウの半妹、キョウワダッフィーの半妹 、オーシャンエイプスの半妹か。

前述の通り、グリーンデザートの直仔は日本でも実績を残してるが、種牡馬としてはバチアーやデザートストーリーが種付け頭数の少なさもあって失敗に終わってる。シーザスターズとの間にもうけたウオッカの子供も現時点では結果が出ていない。
ベーカバドの場合、母父サンデーサイレンス、もしくはサンデー系という産駒が全体の4割を占める。これらの中から当たりが出てサンデー系牝馬との相性が良いと判れば生き残りそうだが、スピードがなければバチアーやデザートストーリーと同じ運命を辿りそう。



遅れに遅れましたが、これで今年度の新種牡馬紹介を終了します。
今年度は昨年夏から仕事の方が多忙を極めてる影響で集中力が続かなくなってるのも相俟って、準備不足もいいところで例年より大幅に遅れての掲載終了となって申し訳なかったですm(__)m

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR